大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
鮎の里 山幸

公開日:2017/05/01 < 第22給水ポイント >

にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

6月15日、久方ぶりで、屋形船に乗りました。船の名は「赤星丸」。そう、赤星探偵団御用達という段取りになっているのでした。サッポロラガービールを応援してくださる善男善女にご集結いただいて、船上の宴を開こうということだったのです。

そこへ、探偵団の一員である私は、まことに僭越ながらゲストということで乗船させていただきました。当日は天候にも恵まれ、波は穏やか。粋な女将と姐さんの接待も歯切れがよく、さすがは品川、江戸前だねえ、と思った次第。

料理もおいしく、屋根に上がるとそこから見上げるレインボーブリッジもなかなかに美しく、もちろん、我が国最古のブランドである赤星のおいしさもひとしおでした。

いいもんですよ、大川に船を浮かべてよく冷えた瓶ビールをいただくというのは……。気持ちのいいことがお好きな諸兄姉におかれましては、ぜひとも、この夏、屋形船の宴をお試しいただきたく存じます。

■多摩っ子のお江戸コンプレックス

さて、さて、その翌日のことです。午後、私は神田のほうに用事がありまして、その用がすむと、ランチタイム終了後の、なんとも半端な時刻になっていた。夕刻からは赤星探偵団の取材で飲むことになっているから、ここで、1杯やってしまうと、途中、休憩も挟めない。それは、ちょっと、具合が悪い。

では、もう、夕刻の酒場の近くまで行ってしまおうか……。ということでやってまいりましたのが、門前仲町です。

地下鉄を降り、地上へ出る。永代通りの、東陽町に向かって左側に富岡八幡宮がありますが、私が出たのは、右側の出口。通りを挟んでいるが、どちらも住所は江東区富岡。ちなみに、深川というのは、富岡から見るとちょっと北側にあたる。

やはり、独特の雰囲気がありますねえ。私などは三鷹生まれの三鷹育ち。三田あたりで育った方からは、

「あ、在のほうね」

なんて言われたものでしてね。ザイ? あ、ザイって、在郷、田舎のことか。ああ? この人、真正面から「田舎者」って言ったわけね、と、了解するまでに3秒はかかったほどの田舎者でございますから、そもそも、下町のなんたるか、江戸風のいかなるものかを知りません。

浅草橋あたりの銭湯で短髪・ゴマ塩頭のお父さんと一緒になるのも嬉しい。湯があんまり熱いもんだから大急ぎで上がると、先に脱衣場でタオルをバシバシ背中に打ちつけていたお父さんが、

「おお? ダンナも早えなあ!」

なんて声をかけてくれる。お互い江戸っ子、カラスの行水よ! こっちは、イッパシの江戸っ子扱いを受けたようで気分がいいし、こういうオヤジは昔、三鷹の銭湯にもいたなあ、なんて思うと、やはりホッとするのだ。

■初めてなのにどこかに懐かしい

永代通り沿いには魚がうまくて安いという超有名店があるが、私の目指したのはそこじゃない。一本裏の路地にある「鮎の里 山幸」さんだ。

5時の開店まで、小一時間ある。仕込みや開店までの諸準備で忙しい最中と思われる。私は、店の前を通り過ぎ、さらに永代通りから離れる方向へと歩き、川を渡った。橋の上から見ると、ちょうど潮が引いていて水位が低い。川沿いの道を行くと、散歩の休憩にうってつけの場所があった。

川の名前は知らないが、隅田川から分かれた運河で、木場方面へと連絡していて、途中から、豊洲運河にもつながっているようだ。ふと、永代橋の反対側、中央区新川に本社のあった会社でアルバイトをしていたころを思い出す。

印刷会社で、三鷹に工場があり、私はそこの作業補助と簡単な運搬の運転手だった。工場から本社への届け物があると、ときどき新川まで来て、まさに大川の畔にあった社屋から、ぼんやりと川の流れを眺めたりした。

そこから直線距離にして1キロほどか。意外に近いことに驚き、同時に、その頃から30年以上の年月が経っていることに、もっと驚く。

5時に合わせて店へ行き、編集Hさんと写真のSさんと合流。ちょうど暖簾を出すタイミングの店へとお邪魔した。

カウンターと、炉の切ってあるテーブルが2卓。こぢんまりとしているが、2階にはお座敷があって宴会にも対応するという。古さを演出した俄か造りではないので歴史があることはすぐにわかるが、聞くと、今年で36年目になるという。

赤星を頼む。

「最初の1杯は、お注ぎしますね」

そう言って、にこやかに瓶を傾けたのは、高柳弥由紀さん(旧姓・山田)。女将さんと呼ぶには若すぎるので、名前を教えていただき、勝手に、「みゆきさん」と呼ばせてもらうことにした。ご両親が始めた店を姉妹で継いで、今はお姉さんと一緒に切り盛りしているという。

店名に「鮎の里」とあるからには、こちらに来たら鮎を食べたい。

「最初は母が小料理屋を始めたんです。その頃父は勤めに出ていて、鮎釣りが好きだったから、休みの日には川へ出掛けて行ってはたくさん釣って帰ったんですね。その鮎をお店で出すようにしたら、鮎料理が評判になったんです」

まずは塩焼きでしょうか? もちろんそうだ! 頭の中で一人で掛け合いをいたしましてから、

「ああ、それから、刺身もください――」

「ああ、それから、それから――」と、慌てて付け足したのがハモのてんぷら。いいですね、こういう渋いお店で、明るく美しい若女将と話しながら飲む酒の肴が、どちらも旬の鮎とハモときたもんだ。

ふと外に目をやると、1年でいちばん日の長い時期だというのに、もう、薄暗い。これは、くるかな、と思っていたら、ぽつりぽつりと降ってきた。店の前の路地を行きかう人々の足取りが速くなっている。

私はゆっくりと瓶ビールをグラスに注ぐ。お通しに出た、イカとみず菜と明太子のマヨネーズ和えをつまみながら、初めてなのにどこかに懐かしさを感じさせる店内を眺め渡す。

■梅雨時にありつく最高の酒肴

鮎がきた。まずは、刺身。

こんなに可憐な顔してんのに捌かれちまって可哀想に、なんて思う間もなく、わさびを少しのせて、ぱっと口に入れる。

うん、これは、うまい。塩焼きとか、半日ほど風に当ててから炙るとか、あるいは煮びたしとか、鮎はなんでもうまいけれど、旬の今、香りもみずみずしい刺身は抜群である。

続いて塩焼きがきた。

熱々のカリカリ、背中のあたりからガブリといく。

最初はふってある塩味のみ。次は箸で身をほぐして、四角い醤油皿のたで酢につけていただく。爽快、である。梅雨時の最高の酒肴ではないかと、誰にともなく語りかけたくなる。

ところで、昔からこちらのビールは赤星なんですか?

問うてみると、そうではないとのことだ。

「じつは、好きなバンドのライブを見に下北沢に行った時、ライブの後に寄った居酒屋で、赤星を初めて飲んだんです。そうしたら、とってもおいしいので、これはウチでも置こうって思いまして……」

うまいから、店に置く。置く酒は自分で選ぶ。いい話です。

さあ、では、日本酒にしようかとメニューを見れば、吟醸、純米だけでなく、本醸造も普通酒も、ちゃんとそれと明記して提供している。これも大事ですよね。

誰にでも慣れ親しんだ味というものがある。俺の酒はこれなんだという、馴染みの酒がある。こういうことを嗜好というんじゃないか。テイスティングかぶれや、普通酒と聞いただけで「三増酒だよ」なんて小声で悪口を言う輩に、お馴染みさんの愛着はわかるめえ。私は、私の好みの、馴染みの酒を頼む。

そんなことを思っているところへ、ちょうど揚がったハモのてんぷら。これがまた、いいのだ。たいへん、贅沢な気分になってくる。

うるか、を頼む。鮎のワタの塩辛である。そしてもちろん日本酒も頼む。

撮影をほぼ終えたSさんもカウンター席につく。そこへ、刺身で残った頭や骨の揚げたのが出てくる。さらに大衆酒場の揚げ物に目がないSさん、メニューを見渡して、イベリコ豚のコロッケを注文した。

あっという間に時間は過ぎていく。

奥のテーブルについた3人組も、塩焼きから始めて、鮎三昧のようである。入口近くに座った単身赴任中というサラリーマン氏は「深川は最高です。街はいいし、うるさくない」としきりにこの界隈をほめちぎる。

たしかになあ、と私も思う。「山幸」のある界隈の細い通りには飲み屋さんがたくさんあるが、その全体に、あったかい下町の風が漂っている。険悪な感じがない。にぎやかでいて、穏やかなのだ。

店を出ると、雨はあがっていた。気分がいい。永代橋を渡って茅場町まで歩こうか。雨の後の湿った空気を吸いながら、そう思った。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

鮎の里 山幸

[住所] 東京都江東区富岡1-4-5

[TEL] 03-3641-8188

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1313/A131303/13032814/

[営業時間]

営業時間:17:00~23:30(L.O.22:00)

定休日:日曜・祝日(土曜不定休あり)

サッポロラガー中瓶600円、ハイボール500円、レモンサワー380円、日本酒各種(一合)430円~、焼酎各種(グラス)430円~。
鮎の塩焼き/刺身1000円、鮎の甘露に1260円、鮎のつみれ鍋(一人前)1260円、深川鍋910円、はもの天ぷら750円、栃尾のあぶらげ焼き460円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

もっと見る

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

もっと見る

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

もっと見る

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

もっと見る

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

もっと見る

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア