片瀬那奈の「一人ですけど、いいですか?」
神田 やまし田

公開日:2019/04/11 赤星★捜査ファイル#25

神田「やまし田」の牛タン三昧に舌を巻く口福

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てくるのはどうして? 赤星探偵団の片瀬那奈団長が、名店の暖簾をくぐり、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探ります――。

■多彩な調理法に目移り必至

とんかつの「ポンチ軒」、蕎麦の「眠庵」と、小体ながら強烈な個性を放つ店と出合ったのが神田の北側エリア。すっかりこの街の魅力に取り憑かれてしまった片瀬団長は、仕事上がりの一杯をどこで楽しもうかと思案中。

そして目にとまったのが“牛舌三昧”を看板に掲げる「神田 やまし田」。牛タンには目がない団長が素通りできるはずもなく、恐る恐る戸を開ける……。

――こんにちは。一人ですけど、いいですか?

鰻の寝床のように奥に細長い店内は、木材がふんだんに使われた山小屋風。開店から30年近く経つとのことで、テーブルもいい色合いになり、ほっこりした空気が漂っている。

カウンターの中で炭火の焼き台を守るのは店主の山下則夫さん。のちに、山下さんの波乱万丈の半生に驚くことになる。

なにはともあれ、まずはビール。もちろんサッポロラガービール“赤星”だ。

――いただきます!

片瀬: はぁ~。今日も美味しいね、赤星クン。

さあ、牛タン、食べまくるぞ! ゆで、焼き、刺し、シチュー、スモーク、どて煮、スープもある……まさに牛タン三昧。看板に偽りなし。

「全部ください」と言いたいところだけど、いくら大喰らいのワタシでもそれは、ね。まずは、ゆで、刺し、焼きで様子を見てみましょう。

早速、ゆでたんのお出まし。塊のまま3時間半かけてゆでられた牛タンが、厚切り、特大サイズで提供される。添えられているのは大量のワサビ。

「タンの表面にワサビを山の半分くらいアバウトに塗って、ふたつに折って食べてみて」と山下さん。

「えーーっ、そんなにワサビいっちゃいますか?」と驚きながらも、仰せの通りにわさびをぬりぬり。

片瀬: 私、ワサビはそんなに得意ではないんだけど、お店の人のオススメの食べ方にはとりあえず従うようにしているの。どれどれ……

ん!? 全然ツンとこない! むしろ、ほどよい! てか、この牛タン、うまっ!!

ものすごく柔らかいんだけど、モチモチしたところもあって大好きな食感。脂がめちゃくちゃのってるからワサビの辛味が中和されるんだね。これは、最高の組み合わせだわ。意識が遠のくうまさ。

お次に登場したのは、たん刺し。美しい霜降りがなんとも見目麗しい。柔らかいタン元部分を凍らせ、薄切りにした“ルイベ”状の刺身で、こちらは生姜醤油でいただく。

片瀬: これも美味しいなあ。牛刺しともまた違った味わいがあるの。最初、「私、牛肉ですよ」って感じて振舞っているんだけど、だんだんとタンの本性を出してくる。

肉の旨味→歯ごたえアピール→脂とろける→まどろんで「はーい、実はタンでした」という4段階の波状攻撃。私、一体なに言ってるんだろう(笑)。

■牛タン以上に味わい深い店主の半生

店主の山下さんは実は元俳優。70年代、『ガッツジュン』や『サンダーマスク』などのテレビドラマをはじめ、なんと高倉健主演の映画『新幹線大爆破』にも車掌役で出演しているという。

宮城県塩竈市の出身で、仙台の高校ではバレーボールでならし、社会人になってからスキーのプロ資格を取得。ゴルフもプロ級の腕前の万能スポーツマンでもある。

「仙台の高校を卒業後、大和證券のバレーボールの実業団チームに入ったんです。でも、3年で肩を壊してしまいましてね、そのままサラリーマンをやるという選択肢もあったけれど、退職しました。高校を出てから練習と試合の毎日で東京は右も左もわからないままだったので、しばらく東京見物しようと思ったんです。

飲食店で住み込みで働きながら、遊びまくっていましたね。夏は海、冬はスキーにも夢中でした。先輩の親類から設立されたばかりの東映の演技研修所に入るように勧められて、体育会の世界では逆らえませんから、気が進まないながらも俳優をやるようになって。

どんどん忙しくなってきた時に、ある監督とモメまして、撮影現場で大立ち回り。相手をボコボコにしてしまって……(以下省略。原因は書けないが、山下さんは悪くなさそう)」

片瀬: ははは。笑っちゃいけませんね。山下さん、若い頃はケンカ強かったでしょうねえ。それから俳優を辞めて飲食の道へ?

「一念発起して、築地に会員制の日本料理店を出しました。従業員が14人いる大きな店で、これが軌道に乗り、3年で開店資金の借金を返すこともできて、順調に利益を上げていきました。でもいいことばかりは続かないもので、バブルのあおりを受けて1億円の損失を出しました。店も毎月100万円の赤字が出る状態に。

そんな時に胃がんになって、胃を全摘出しました。さすがにもう限界だと、店に見切りをつけて清算しました。その時の預金残高が6013万円。全従業員の再就職先を斡旋することを条件に料理長に6000万円を託し、分配方法を一任することにしました。そして私は身を引いたのですが、妻にお金いくら残ってるのと聞かれて……」

片瀬: 13万円! 山下さん、やることがなにかと豪快すぎますよ(笑)。

■意地で続けた“牛舌三昧”

焼きたんができあがった。絶妙な焼き加減で、プリプリとした食感を楽しめる一品だ。

片瀬: (一切れ一気にほおばって)はい、うまい! 間違いない! 歯切れがよくて、炭火焼きの香ばしさと牛タンの旨味が口の中にじんわり広がって……(ビールをグビリ)赤星とも合う!

それで、奥さんはなんて言ったんですか?

「えっ!? それしかないの?って。まあ、普通はそう言いますよね。で、お前ヘソクリはないのかって聞いたら、600万円出てきました。女は怖いですよ。その613万円を元手に焼き鳥屋でも始めようと思って見習いに行ったんですけど、1本1本串を刺す細かい仕込みが性に合わなくて1日で辞めました。

さあ、どうしたものかと思っているところに、ある先輩から『お前、仙台出身なんだから牛タンがいいんじゃないか?』と言われて。そういや高校時代に毎月納めるはずの学費を使い込んで牛タンを食べてたなと思い出して……」

片瀬: おっ、ようやく牛タンが出てきた! 長い道のりだったなあ(笑)。ていうか、山下さんのその行き当たりばったり感、ハンパないです!

ついに「やまし田」の開店ですね。1992年の時ですか。当時の東京には牛タン専門店はまだめずらしかったんじゃないですか?

「そうですね。その後、一気に増えましたけど、狂牛病の騒動で牛タンが高騰してほとんどが消えていきました。国産の牛タンって質のいいものだとサーロインステーキと同じくらいの原価なんですよ。でも、そんなに高い料金は取れないし。うちは看板に“牛舌三昧”って入れちゃいましたから、もう意地ですよ、続けたのは。

売れば売るほど赤字になるんで、頼むから食べないでくれと祈るような時期もありました。でも、店の運転資金があと3ヵ月分しかないという時にアメリカからの輸入が再開されたりして……捨てる神ばかりじゃなくて、拾う神もいるんだなと思いましたね」

■故郷宮城のもうひとつの味

さて、団長がシメに選んだのは、牛タンのスープを使った麦100%のおじや、その名も舌麦じや。牛タンと言えば麦飯がつきものだが、こちらの店では注文が入ってから押し麦を炊くこのおじやが名物になっている。

「せっかくだからこれも食べてみてよ」と、「白けん揚げ」なるものがいっしょにやって来た。

片瀬: お馴染みのスープに麦のプチプチした食感がクセになりそう。ふーー、あったまるなあ。

そしてこれが、白けん揚げですか。さつま揚げのようですが……おっ、これは美味しい。ものすごく繊細な味で、上品な白身魚の風味が広がります。これは仙台の名物なんですか?

「石巻にある白謙蒲鉾店の揚げかまぼこです。タラ、グチ、キチジといった、上等な笹かまと同じ材料で作っているから美味いんですよ。じつは白謙の社長が、よその高校なんですけど、バレーボールの世界の後輩に当たるんですよ。

それで、あるとき、白謙のかまぼこを店で出したいと思って電話したんです。仙台商業の山下ですが、おたくのかまぼこを扱わせてくれないかと。なに? 東京には出してない? だからどうだって言うんだ。そこをなんとかするのが商売だろ、と説き伏せまして……」

片瀬: そりゃ、先輩の言うことには逆らえない(笑)。

今、「やまし田」さんでこうして美味しいものをいただけるのも、バレーボールがつないだ縁があってこそなんですね。山下さんの豪快かついい意味で適当な生き様にも恐れ入りました。

――ごちそうさまでした!

撮影:峯 竜也
構成:渡辺 高
ヘアメイク:窪田健吾
スタイリスト:大沼こずえ
衣装協力/MUVEIL(03-6427-2162)
VENDOME AOYAMA(03-3470-4061)

店舗情報

神田 やまし田

[住所] 東京都千代田区神田須田町1-14-9 千昌ビル1F

[TEL] 03-3253-1128

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13047268/

[営業時間]

17:00~22:00、土曜日17:00~20:00

定休日:日曜日、祝日

サッポロラガービール600円、冷酒(純米・純米吟醸)各種1000円~、焼酎600円、梅酒サワー600円
ゆでたん1000円、焼たん1000円、たん刺し1000円、塩たん1000円、すもーくたん1000円、たんしちゅう1000円、どて煮込500円、しょうが煮500円、たんすーぷ500円、だいこんさらだ500円、あすぱら焼500円、白けん揚げ400円、舌麦じや500円

【プロフィール】

片瀬那奈(かたせ・なな)
1981年、東京生まれ。高校1年生の頃にスカウトされ、ファッションモデルとしての活動を開始。99年、「旭化成水着キャンペーンモデル」に起用され注目を集めると、女性誌『JJ』の専属モデルとなる。同年、『美少女H2』(フジテレビ系)で女優デビューを果たす。2001年には、当時19歳ながら、松下電工のCMキャンペーン「きれいなおねえさん」の3代目に抜擢され話題に。その後はモデル・女優・歌手・司会と活動の幅を広げ、ドラマ・映画の出演多数。現在、NTV系「シューイチ」(毎週日曜 7:30~9:55)、TOKYO MX「音ボケPOPS」(毎週土曜 21:30~22:00)でMCを務めている。

『神田「やまし田」の牛タン三昧に舌を巻く口福』
についてみんなで話そう!

  • まだ投稿がありません。

赤星のことをフォロワーに教えよう!

あと140文字

画像をアップロード : ※アップロードできる画像は容量5MBまでとなっております。

団長が行く

File No.27

  
秋葉原「赤津加」“萌えキュン”の街の正統昭和酒場

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.26

  
板橋「山源」“ワタシ史上最高ホルモン”に恋した夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.25

  
神田「やまし田」の牛タン三昧に舌を巻く口福

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.24

  
神田「眠庵」酔客も目を覚ます鮮烈な蕎麦の香り

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.23

  
新御徒町「てんぷら 下村」意識も遠のく美味が、ある。

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.22

  
神田小川町「ポンチ軒」の厚切りとんかつに赤星を

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

100軒マラソン

File No.50

  
名古屋・栄の地下街で、飲み屋さんの原型を見た

100軒マラソン

File No.49

  
新宿五丁目・三番街で、こんな鰻が食べられるとは

アニ散歩

File No.50

  
新橋駅前ビルの立ち飲みグルーヴがパねぇ

100軒マラソン

File No.48

  
鹿児島直送の鶏、豚、魚、なにを食べても美味い店

もっと見る

アニ散歩

File No.49

  
野毛の古き良き酒場で気絶した鳥と鳥とは?

アニ散歩

File No.48

  
ィヨコハマ中華街で気絶した水餃子とは?

100軒マラソン

File No.47

  
荻窪の南口が、がぜん、おもしろくなってきた。

アニ散歩

File No.47

  
美人女将で気絶した立ち飲みとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.46

  
大船駅前の「気になる食堂」でご機嫌な昼と夜の間

アニ散歩

File No.46

  
築地場外の昭和喫茶で気絶した海鮮雑煮とは?

100軒マラソン

File No.45

  
亀戸二丁目団地の「不思議な蕎麦屋」に行ってみた

アニ散歩

File No.45

  
銀座でまんぷく気絶したクラシックな中華そばとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.44

  
「モツ焼 酒 三鷹駅北口」うまい・やすい・しぶい店

アニ散歩

File No.44

  
中目黒の心安らぐ気絶ジンギスカンとは?

100軒マラソン

File No.43

  
北千住で目の当たりにする大衆酒場のあるべき姿

100軒マラソン

File No.42

  
有楽町で「この店」を知らずにきた痛恨事

もっと見る

アニ散歩

File No.43

  
三軒茶屋のDEEP気絶な屋台呑みとは?

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア