私たち「赤星★探偵団」が、
あしで稼いだ“おいしい情報”を発信します

赤星

赤星が飲める
お店を探す

アニ散歩 File No.56

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

「酒のデパート ヒトモト 立ち呑みカウンター」

公開日:

横浜と同じく俺が愛してやまない街が横須賀だ。ィヨコハマ、ィヨコスカと気分はリスペクトするクレイジーケンバンドの横山剣さんってことで、横須賀中央駅近くのディープスポットを昼下がりにブラブラしてみる。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

戦後の闇市から発展した若松マーケットは今では多くのスナックや飲食店が連なっている。まるで昭和な映画のセットのようだ。しかし俺が目指すのはここではない。男の立ち呑みへ向かうのだ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

駅から少し歩くと「酒のデパート ヒトモト」という横須賀で130年続く老舗の酒屋がある。その横に立ち呑みカウンターがあるのだ。つまり角打ちってこと。軍港の角打ちってだけで、これはたまらない。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

立ち呑みには軽めのロングコートと決めていた。トレンチコートの原型と言われるタイロッケンコートはフランスのワークコートでビンテージだ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

足元はイタリア海軍のスニーカーを生産していたスペルガのスニーカー。ビンテージではなく現行モデルのオールホワイトだ。軍港で飲む時は、やはりこいつがしっくりくる。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

外から店内がほとんど見えない縦長の白い暖簾を潜ると、なんとも美しく長いカウンターが現れる。もうこれだけでグッとくる。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

諸事情で今日は12:00開店だが、客は俺だけだ。こんな貸し切り状態も数分で終わるだろう。常連の皆さまに迷惑をかけてはいけない。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

俺なりのルールがあり、立ち呑みではじめての店は出来るだけ入り口にポジションをとる。まずはこいつで乾いた喉を潤す至福の時。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

ィヨコスカンな「赤星」がしみるぜ。なんとも言えない軍港の男くさいグルーヴにも酔っていると開店数分で常連らしき雰囲気のある男が数人入店してきた。みんな1人呑みで微妙な距離を開けて奥のカウンターでポジションをとっている。この緊張感がたまらない。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

角打ちではまずテーブルに2,000円置くべし。キャッシュオンデリバリーなので、まずは440円を払う。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

基本の缶詰を見ながら、つまみを考えるのが楽しい。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

酒屋なので、酒はもちろんのこと簡単なつまみもあるぞ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

俺は角打ちでは滞在30分と決めている。ここは1時間ルールだな。おっと、ホワイトボードの旬系も忘れてはいけない。どれにするか悩んだ時は、まず常連が最初に頼んでいるものをチェックだ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

全員がつまんでいたのが春キャベツということでまずはこいつを。200円なので残りは1,360円だ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

妙にウマいぞ。完全に春気絶! これは間違いない。まずは野菜からがやはり基本だ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

おすすめのおでんもいってみる。310円なので残りは1,050円だ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

おでんもイイネ〜優しい出汁とシンプルなネタがたまらない。ほろ酔いで、少し場の雰囲気にも慣れてきたが、油断してはいけない。常連と心地よい距離感を保つのだ。カウンターは営業開始30分でほぼ満席だ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

気になったシュウマイもつまんでみる。あたたかいし、これくらいの小さいサイズが妙にウマい。215円なので残りは835円だ。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

しかし「赤星」がウマすぎる。独特な軍港の男くさいグルーヴが俺を包み込む。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

ちょうど1,165円使ったのでまだ呑めるが、長居は禁物だ。最後に隣にいた常連の男性2人とも軍港ならではの深いマジ話ができたし。もう少しここで呑みたいくらいだが、グッと気持ちを押さえ、店を出るのがちょうどいいもの。ほどよい緊張感の中で酔える素晴らしい角打ちだった。さてと、若松マーケットのスナックにでもよってもう少しィヨコスカングルーヴに酔ってみるかな。

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

ビンテージのタイロッケンコート。トレンチコートの原型でフランスはリヨンのアドルフラフォン社製のもの。ウェストのベルトを回して留めるディテールが特徴のワークコートだ。ちなみに酔ってくるとこのベルトが面倒臭いが、それも逆に悪酔いしないから有りだ。ブルーのものが多い中、このベージュは希少で気に入って愛用している。

Text:Eiji Katano
Photo:Shimpei Suzuki

ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

この記事シェアする

『ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!』 についてみんなで語ろう!

  • まだ投稿がありません。

あと140文字

赤星 赤星が飲めるお店を探す 登録数