大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
チャンコ 大心

公開日:2017/09/28 < 第27給水ポイント >

お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

サッポロラガービール(愛称「赤星」)の飲める店を訪ね歩く「赤星100軒マラソン」。今回で27軒目とあいなりますが、前回にひきつづき、東武線の沿線を攻めてまいります。

前回は東武東上線の上板橋、「ひなた」さんへお邪魔しましたが、今回は同じ東武鉄道でも東側の伊勢崎線に乗って出かけます。この路線、別名を東武スカイツリーラインというそうです。しかしながら、スカイツリーには目もくれず、目指しましたのは西新井。そこから、大師線に乗り換えてひと駅、いきどまりの大師前で降ります。

駅名の大師とはもちろん、西新井大師のこと。「関東厄除け三大師」のひとつに数えらる名刹であります。あとのふたつは、千葉県香取市の観福寺と川崎大師ということです。

お大師様の門前には古い甘味どころやせんべい屋、一杯飲み屋などのほかに、参詣や法事のあとの食事に最適と思われる料理屋さんなど、古い店が並ぶ。

東京都下、調布の深大寺近くで幼少期を過ごした私は、こういう、古い門前町の雰囲気がたいへん好きでして、かつて一度やって来たときに、西新井大師とその界隈がとても気に入ったものです。

■家庭的な雰囲気にシンプルな品揃え

さて、このたび向かいましたのは、西新井大師の裏手にある「大心」というお店。ちゃんこ屋さんでありますが、こちらのお店では「チャンコ」と表記するそうです。

小雨降る土曜の夕方。店の前に立って眺めると、小さな暖簾の下がった渋い構えの店である。

迎えてくださったのは、店主の長田修さん。父である先代が昭和43年に開いた店を継いで頑張っている。

ちなみに、北海道長万部町出身のお父さんは、大相撲の関取だったということです。その四股名が「大心」。

「前頭の8枚目までいきましたか。同期の入門が大鵬さんなんですよ。序の口のとき一度だけ対戦していて、実はそのときは父が勝っているんです」

長い幕下生活の後、十両へ昇進。その後幕内へ上がるも十両へ陥落。しかし、その場所で十両優勝して幕内へもどり、最高位は東前頭8枚目までいった。実に立派なお相撲さんなのです。

そうなると、こちらのほうも、ただぶらりと飲みに来たという心持ちではない。なにかこう、由緒正しい店の暖簾をくぐるといいますか、そう硬くなるこたあないよ、と笑われそうですが、やや緊張気味になる。

しかし、ほっとしました。店内の雰囲気が実に家庭的なのです。広い座敷のテーブルにつき、品書きを眺める。おつまみ各種もシンプルな品揃えである。これですよ。こういう、読めばすぱっとわかるつまみがいい。

昨今、メニューの名前を見ただけでは、にわかにその料理の姿が浮かんでこないような酒肴というものに、ちょいちょい出くわしますが、こちらのは違う。

ざっと並べますと、刺身三品盛、鳥のから揚げ、アジのたたき、ツミレの一口揚、鳥ナンコツ炒他、どれもたいへんわかりやすい。宮城野部屋直伝という鍋のほうも、トリチャンコ、ブタチャンコ、ツミレチャンコの3種のみ。ソップだ塩だ味噌だと味付けに凝るのではなく、さっぱりと水炊きにして自家製のポン酢でいただくスタイルだ。

いいっすね。水炊きにポン酢。さっぱりして、もたれなくて、胃粘膜が弱り気味の50代中盤男である私にも、実にやさしい感じがいたします。

そしてビールはこれ。「赤星」ですよ。冷蔵庫の中にぎっしりの大瓶。壮観です。その中から1本を取り出していただく。

お通しも待たずに、ぐびっと飲む。

うまい。こうでなくてはいけない、というくらいに、うまい。

「うちは、店を始めたときからずっと赤星だと思いますよ」

理由はもう、あえて聞かない。昭和43年の創業なら、来年で半世紀。その間、同じビールを出し続けたということは、このお店に通ったお客さんたちが、それだけこのビールを好んだとうことでしょう。

■三拍子そろった絶品チャンコ鍋

さて、つまみは何にしようか。ちゃんこ屋さんの中には、酒肴自慢で、いろいろ出すところがあるけれど、ここは品数も絞っているようだ。それで問題ない。後で鍋にするのだから、軽くつまめたら、それでいいのだ。ツミレの一口揚、それから、鳥のナンコツ炒を頼む。

そうこうしているうちに、ご家族連れが入店された。土曜の夕刻という時間。大勢でのご来店です。見ればどうやら3世代。しかも、その若手たちがもう、酒が飲める世代になっている。にぎやかに、かつ、豪快に注文して、乾杯をすると、食事が始まる。

注文の様子から、この店の御馴染みさんだとわかる。週末の夕刻、家族そろって鍋を囲む。なんとも、いい感じですよ。東京の都心には、ちゃんこを囲む家族団らんはなかなかない。

ナンコツが到着。こちらは、味噌味です。コリコリしていて、しかもぴりっと辛い。ネギのシャキシャキ感も相性抜群で、ビールがすすむ。これはご機嫌だねえ。

さらに、ツミレ揚。スダチを絞って食べるんですが、これが臭みのないツミレでして、非常にいい。こちらのツミレは鰯ではなく鯵を骨ごとすり身にしたもので、ショウガを効かせた味付けが特徴的です。

テーブルの上におかれた特別メニューに、プリプリ真ダコのからあげ、とある。わたくし、タコに弱いんですな。しかも、からあげのタコにめっぽう弱い。たまらず、これも追加する。

タコを待つ間も楽しく、赤星をぐいぐいと飲む。ふと気がつけば、ご家族連れは、お母さん、若者たちからしたらおばあちゃんの、誕生日のお祝いのようである。

おかあさん、にこにこ笑っている。若者たちも、にぎやかに食べ、かつ、飲んでいる。

いい光景を見た。ビールが、うまい。ついでといってはナンですが、真ダコのからあげ、抜群でしたね。

さあ、こちらもそろそろ鍋にしよう。トリチャンコに追加の具としてツミレを注文。これで万全。

ほどなく、われわれのチャンコが運ばれてきた。

どうです、なんとも堂々たる構えではありませんか。

昆布が入った鍋の湯が煮えてきたら、まずは鶏肉を投入。さらに、ツミレを箸でつまんでほどよい大きさに整形しながら、投下していきます。そして、しばし待つ。

最初に入れたツミレに火が通り、浮かび上がってきた。たまらず味見をいたします。

うん、うまいね。ポン酢も、いい。

双方からいい出汁が出てきたところで、豆腐、キャベツ、ニラ、最後に春菊を投入。

あとは、適宜、手元のポン酢の椀にとって、ハフハフ言いながら食べるのみである。

天候不順の夏、9月も半ばを過ぎて、酷暑のぶり返しもなさそうなころあい、鍋という選択は間違っていなかった。

鶏肉の滋養が温かい汁をまとって椀の中ににじみ、すっきりとしたポン酢の酸味を伴って口中に広がる。旨みと、温かみと、爽やかさ、三拍子そろった絶妙のバランスで魅了してくる。

こうなると、ガキの頃から今の今まで注意散漫、落ち着きのなさを指摘され続ける私のようなものでも、鍋の具をさらうことに意識が集中する。

11人の予約客が来たかと思うと、その後も家族連れが二組やってきて、広い座敷はほぼ満席に近くなる。大将は厨房で、料理にかかりきりだ。

■締めのつもりのラーメンだったが…

鶏の脂の浮いた鍋のスープに、鶏がらスープでも追加して、そこにラーメン玉を放り込むのかと思ったら、こちら、そうではないというのです。

まず、タレと薬味のネギが入った小さい丼に、鍋のスープをお玉2杯分入れてのばす。残ったスープには湯を足して、沸き立ったら、麺をほぐしながら入れてゆでる。あとは好みのころあいで麺をだぐって、タレにつけて食べるべし、とのこと。つまり、つけ麺なんですな。つけダレはゆず塩味と醤油味の2種類あるという。

「ゆず塩にしてちょうだい!」

迷いはなかった。

やがて、麺がゆだる。それをゆず塩ダレにつけてツルツル吸い上げると、これはもう格別である。

ちょっと濃いかなと思ったのだが、そこも抜かりはない。卓の上には湯とは別のもう1本のポットが置かれていて、これに、鶏がらスープが入っている。最終的な味の調整は各自でよろしく、ということなのだ。このあたり、相撲料理だなあ、と感じさせられた。

昔、ある相撲部屋で朝飯をご馳走になったことがある。そのときも鶏の水炊きだったが、鶏肉やきのこ、野菜の出汁以外には味のない汁を関取たちは丼にたっぷりととって、そこに、小皿に盛った塩や胡椒を指でささっと入れて啜るのだった。私も真似をしたのは当然ですが、これが、あっさりして、実にうまい。この汁があれば、まだもうひと踏ん張り飯が喰える、と思いましたね。

あの時の、その感じが、今、目の前の小さな丼の中で展開されている。ゆず塩ダレを鶏がらスープで少しのばしたところへ、鶏の脂をまとってきらきら輝く麺がするりと滑り込み、直後、私によってつるりと吸い上げられる。ああ、うまい。ビール、もう1本! このスープで飲める。

麺、もうひと玉もらうか、よしておこうか。この場合、博多よろしく「替え玉」と叫べばいいのだろうか。あれこれ、迷いながら、冷たいビールと温かいスープを交互にやる。

締めのつもりのラーメンだったのに、なんだか調子が出てきてしまった。ブタチャンコに焼酎で仕切りなおしといくか?

ビールをまたぐいっと飲むが、結論はまだ出ない。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

チャンコ 大心

[住所] 東京都足立区西新井1丁目27-3

[TEL] 03-3898-8783

[URL] http://www.chanko-daishin.jp/

[営業時間]

17:00~24:00 (L.O 23:30)
定休日:木曜日(祝・祭日の時は営業)

サッポロラガー大瓶600円、生ビール(中)600円、ハイボール540円、日本酒570円~、焼酎(サワー、水、お湯割り、ロック)360円~。
チャンコ鍋(トリ、ブタ)2400円(ツミレ)2600円、刺身三品盛(マグロ、ほたて、甘エビ)1300円、アジのたたき890円、鳥のから揚げ860円、ツミレの一口揚680円、鳥ナンコツ炒340円他

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

もっと見る

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

もっと見る

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

もっと見る

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

もっと見る

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア