大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
立ち呑み処 三文の徳

公開日:2020/10/23 < 第57給水ポイント >

新橋に「知らないとマジで損する」立ち飲みがある

すっかりご無沙汰をしました、赤星100軒マラソン、前回、静岡県清水市の名店にお邪魔をしてから、すでに半年以上の月日が経ちました。新型コロナウイルス、恐るべしです。まさに飲食店受難の時代、私のような夜な夜な飲み歩きたい酔っ払いにとっても実に厳しい時節です。

気の合った人と一緒に、日々のあれこれを話題にしながら酒を飲む。たったそれだけのことが、ありがたい。そのことに改めて気づく今日この頃、久しぶりでサッポロラガービール、愛称“赤星”のある店を訪ねるのは無類のヨロコビでありました。

午後4時の新橋駅で、私はなんだか妙に、ウキウキとした気分になっていました。この日訪ねたのは、新橋駅前ビル1号館。地下鉄で新橋まで出たので、地下の乗り換え通路からビルの地下1階に入りました。

ここには、何軒もの飲み屋さんがある。有名すぎるスポットであり、私にも少しは知った店があるわけですが、本日の目的地「立ち呑み処 三文の徳」は、このビルの1階にあるという。

■夕方4時過ぎのビールが無性にうまい

階段を上がり、ビル内部の通路を進むと、ありました。間口の広くない、見るからに立ち飲みの店だ。

さっそく店内に入ると、カウンターが一本、奥へ向かって伸びていて、その先は突き当りかと思いきや、さにあらず。明るいので、窓があるのかと近づいてみると、何とこちらも、出入り口。外は新橋駅汐留口の前なのだ。

ああ、ここかあ。こんなところに、明るいうちから飲める店があるとは知らなかった……。

しかし、それもそのはずで、さっそくビールを頼みながら大将に聞いたところ、こちらの場所での営業は4年ほどということだ。大将の地元である宮崎のお店は26年になるという。

カウンターに立ち、今日のおすすめの品書きに目をやる。大間の生マグロ、天然カンパチ、岩ガキにホヤなどうまそうな魚介のほかに、宮崎牛、黒豚など、肉にも自信がありそうだ。

どれも魅力的で即決できない。ひとまず、ネギトロをもらって作戦を練ろう。それから、コップに2杯目のビールをぐいっとやる。日中の気温が高くなった日だったから、夕方4時過ぎのビールがいつにも増して、うまい。

現在は概ね午後3時開店とのことだが、コロナ騒動の前は午前11時から店を開けていたという。昼から飲まれるお客さんがいらっしゃるわけですね。

今は、コロナの影響で、客足は従来の6割ほどということですが、私たち取材隊が到着すると間もなく次のお客さんも見えるなど、人気のほどがうかがえます。

ネギトロを口に運んではビールをひと口。また運んではビールをひと口。そうこうしているうちに、今度は肉への関心がわいてくる。

「たぶん、都内でいちばん安く宮崎牛を出しているのがウチです。ウチより安く出すところは、まずないでしょう。だいたい100gで5000円くらい取りますからね、どこも。それを、ウチでは切り落としは200gを2000円でやっている。100g1000円ですね」

宮崎牛、喰いたい……。

「あと、ステーキも宮崎牛ですが、ウチはサーロインを塊で仕入れているので、これも200g2000円で出しています。そんなところ、絶対にないと思いますよ」

切り落としは、焼きしゃぶ用。ささっと焼いてポン酢をつけて食べるという。そう聞いただけで、すぐにでも注文したいところだが、大将が、切り落とし肉の次に手に取ったのは、タンなのです。

牛の舌がそのままの形で目の前に現れた。宮崎で処理してから2日後にはこの店に入るという。宮崎牛のタンの丸のままの姿は、他の店ではまず、お見掛けできない代物なのだという。

「これは少し小さいですね。舌先はタンシチューとかにする部分ですけど、この根元のほう、ここがうまいんですよ。刺しと焼きがあります」

刺しにいたしました。牛も豚も、タンは好物。それも刺しで喰えるとなれば、迷うことはない。

「宮崎牛は和牛のオリンピックで3大会連続で日本一に輝いたブランドです。アカデミー賞の授賞式後のパーティーでも3年連続で宮崎牛が食材として採用されたそうです。脂が多すぎず、さっぱりとしていて、お年寄りでもステーキをぺろりと平らげますよ」

うーん。ますますもって、うまそうなお話。聞きながら、図らずも目が潤んでくる。

「女性のひとり客が、けっこういらっしゃるんですよ。その方たちが、肉をよく召し上がりますね」

女性ひとり、ふらりと現れてカウンターで上等な牛肉をつまみに、酒を飲む。日本も変わりましたなあ。いやいや、大変に結構なことです。

■贅沢が過ぎると思いつつ……

大将が手にした牛タンは、新規の酒じゃないけれど、言ってみれば口開けのタンだ。その、一本の貴重な牛タンに、今、まさに最初の包丁が入るのです。

ご覧ください。このひと皿を。時刻はまだ4時半、私はネギトロの小鉢で中瓶ビール1本をちょうど飲み終えたところ。飲み始めから、まだ30分も経っていないのですが、思わず、うわぁ、と、声とも吐息ともとれないものを吐き出した。

きれいな牛タン。箸でつまみ、口へ運ぶと、するりと溶けて、ほのかにごま油の風味を残す。あれえ、これがタン刺しかねえ……と思うくらい、やさしい、繊細な歯ごたえで、臭みがまるでなく、歯ごたえはほどよく、噛めばとろけるようなうまさだ。そう、脂の質も量も、文句なしという感覚なのだ。

「うまいですねえ」

気の抜けたコメントしか出ないが、本当にうまいと思ったときは、人間、そんなもんですよ。うまさが、能書きを受け付けない。そんな感じがします。

これはビールはもちろんだが、焼酎やグラッパ、ウォッカなどのスピリッツとの相性も抜群と見た。

こうなると、先刻チラリと見ました牛の切り落としの焼きしゃぶを、素通りするわけにはいかない。いやいやその前に、牛、牛と攻め立てる前に、もう1品、気になっていた魚を頼もう。

贅沢が過ぎると思いつつ、やはり避けて通れないのが、大間のマグロでした。冷凍なんかじゃありません、生ですよ。お隣の銀座で食べようものならいったい幾らとられるのか分かりませんが、この日、こちらではたったの900円。迷ったら食べておいて損はない。

案の定、これがまた、絶の品でして、漬物や梅干しでいくらでも飲めるタイプの私としては珍しいことなのですが、肉うまし、マグロうまし、という稀有なる夕刻に突入しているのであります。

ウマい、ヤバいと騒いでいるその脇で、カウンター上に小さなカセットコンロが置かれ、鉄鍋が熱せられる。小鉢には、粗目のみじん切りにしたタマネギの浮くポン酢。いざ、焼きしゃぶの開始である。

肉の脂で焼くから鍋に油を敷く必要はない。さっと焼いて、まだ少し赤いくらいのうにち、ポン酢にくぐらせる。そして私は、小鉢に浮いているタマネギを肉の上に配し、大口を開けて、するりといただくのです。

ああ、うまい。たいへん、よろしいですなあ。

飲み込んでしまうのがもったいないくらいの、うまさ、というものがあるんですな。薄切りの宮崎牛の品の良さこそ、この肉の真骨頂かと思いますが、それが、焼きしゃぶという食べ方に、まことによく合うのでしょう。

一緒に取材をしている編集Hさん、写真家Sさんの目を気にして、なんとか冷静さを保っていた私ですが、実はこのとき、皿に残ったすべて肉をわがものとしてあっという間に平らげたい欲求に駆られていたのです。

もっと食べたいーー。そんな想いが顔にでたのでしょうか。大将が「どうです、うまいでしょう。こういうシンプルな食べ方が一番です。せっかくだから黒豚も食べてみますか?」と勧めてくれました。

宮崎の黒豚。そのスライス肉を、この牛肉と同じように、焼きしゃぶでという。いいじゃないですか、うまそうじゃないですか。

■極上の立ち寄り酒

新橋駅前ビル1階の小さな立ち飲み屋のカウンターが、俄然、野趣にあふれてくる。

豚肉、喰いたい……。店のテレビに映るホラン千秋さんを眺めながら、猛烈な欲求の高まりを感じていると、来ました、来ました、きれいな脂の入った黒豚スライスです。

酒を、薩摩焼酎のロックに切り替えてひと口すすり、やおら、豚肉を1枚、鉄板にのせる。たちまちにして脂が溶け、肉の赤い部分に火が通る。焼きすぎないように。注意はそれだけ。よし、と気合いを入れつつ小鉢に受け取り、タマネギ入り絶妙ポン酢にくぐらせて口へと運ぶ。

「ふ、ふぁふぁふぁいふぁあ、ふぁ」

確かHさんとSさんにも、「うまいから喰え」と言ったつもりです。

口の中でとろける豚の脂の甘さ、そのありがたみは、牛タンや切り落としに勝るとも劣らない。宮崎といえば地鶏と、条件反射のように想起する私だったけれど、今日が変わり目、宮崎記念日だ。

となり合わせた常連の先輩方と記念に一枚

いい店、見つけました!

タン刺しや焼きしゃぶをつまみにほんの1時間。極上の立ち寄り酒のお相手には、昔ながらの、ちょっと古風な瓶ビールがよく似合っていました。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

最後に、こちらのお店でも実施されている「赤星スクラッチキャンペーン」のお知らせですよ。10月30日(金)まで、お店で赤星を飲むと初代ラベルデザインの大瓶赤星などが当たるそうです。これは飲むしかない。https://www.akaboshi-tanteidan.com/ennnichi/

店舗情報

立ち呑み処 三文の徳

[住所] 東京都港区新橋2-20-15 新橋駅前ビル1号館1階

[TEL] 080-4912-0231

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13201414/

[営業時間]

15:00~24:00
定休日:日曜日
サッポロラガービール中瓶600円、ホッピーセット500円(中200円・外300円)、ハイボール400円、日本酒各種60ml300円/120ml600円~、焼酎各種400円~。
おでん各200円~、炙りたらこ400円、鶏天(ポン酢)600円 ※魚介や肉のおすすめメニューは仕入れの内容によって毎日変わります。

※営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。ご来店時は事前に店舗にご確認ください。

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『最高の日本酒 関東厳選ちどりあし酒蔵めぐり』が好評発売中!

『新橋に「知らないとマジで損する」立ち飲みがある』
についてみんなで話そう!

  • まだ投稿がありません。

赤星のことをフォロワーに教えよう!

あと140文字

画像をアップロード : ※アップロードできる画像は容量5MBまでとなっております。

100軒マラソン

File No.58

  
思い出の浦安で「飲み屋で飲む幸せ」を噛みしめた

100軒マラソン

File No.57

  
新橋に「知らないとマジで損する」立ち飲みがある

100軒マラソン

File No.00

  
自粛明け、143年の歴史あるビールは、今日もうまい。

100軒マラソン

File No.56

  
新幹線を途中下車して立ち寄りたい清水の大繁盛店

もっと見る

100軒マラソン

File No.55

  
高円寺で高知・愛媛の魚介をシレっと満喫する方法

100軒マラソン

File No.54

  
高円寺の「名物酒場」で年甲斐もなくはしゃいだ夜

100軒マラソン

File No.53

  
東池袋「美久仁小路」に癖になりそうな酒場がある

100軒マラソン

File No.52

  
西荻窪北口の誘惑に、夕方が待ち遠しい令和の秋

もっと見る

100軒マラソン

File No.51

  
名古屋の味噌おでん、生まれて初めて食べました。

100軒マラソン

File No.50

  
名古屋・栄の地下街で、飲み屋さんの原型を見た

100軒マラソン

File No.49

  
新宿五丁目・三番街で、こんな鰻が食べられるとは

100軒マラソン

File No.48

  
鹿児島直送の鶏、豚、魚、なにを食べても美味い店

もっと見る

100軒マラソン

File No.47

  
荻窪の南口が、がぜん、おもしろくなってきた。

100軒マラソン

File No.46

  
大船駅前の「気になる食堂」でご機嫌な昼と夜の間

100軒マラソン

File No.45

  
亀戸二丁目団地の「不思議な蕎麦屋」に行ってみた

100軒マラソン

File No.44

  
「モツ焼 酒 三鷹駅北口」うまい・やすい・しぶい店

もっと見る

100軒マラソン

File No.43

  
北千住で目の当たりにする大衆酒場のあるべき姿

100軒マラソン

File No.42

  
有楽町で「この店」を知らずにきた痛恨事

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

もっと見る

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

もっと見る

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.59

  
沼津で塩まぐろとシャバサバカレーに唸る!

アニ散歩

File No.58

  
朝8時から恵比寿でモーニングやきとり!

アニ散歩

File No.57

  
自分史上、1番赤星がウマかった夜

団長が行く

File No.33

  
銀座「四季のおでん」私のおでん偏愛白書、第二章

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.56

  
ィヨコスカンな男の立ち呑み気絶!

団長が行く

File No.32

  
練馬「おやじ」道民絶賛のジンギスカンはタレが命

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.55

  
三茶の路地裏で本格中華気絶!

団長が行く

File No.31

  
御徒町「老酒舗」ガード下で挑む“プチ満漢全席”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.30

  
池袋「千登利」一人やきとんフェスに酔いしれて

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.54

  
静岡おでんで家族愛に気絶

アニ散歩

File No.53

  
長者町のエイトセンターで、たらふく気絶

団長が行く

File No.29

  
浅草「冨味屋」絶品ロースター焼肉で一肉入魂の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.52

  
大阪の串ホルモンでアニ気絶やねん

団長が行く

File No.28

  
三ノ輪「土手の伊勢屋」で江戸前天丼の真髄を知る

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.51

  
大阪の立ち飲みグルーヴで気絶やねん

アニ散歩

File No.50

  
新橋駅前ビルの立ち飲みグルーヴがパねぇ

もっと見る

団長が行く

File No.27

  
秋葉原「赤津加」“萌えキュン”の街の正統昭和酒場

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.49

  
野毛の古き良き酒場で気絶した鳥と鳥とは?

団長が行く

File No.26

  
板橋「山源」“ワタシ史上最高ホルモン”に恋した夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.48

  
ィヨコハマ中華街で気絶した水餃子とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.47

  
美人女将で気絶した立ち飲みとは?

団長が行く

File No.25

  
神田「やまし田」の牛タン三昧に舌を巻く口福

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.46

  
築地場外の昭和喫茶で気絶した海鮮雑煮とは?

団長が行く

File No.24

  
神田「眠庵」酔客も目を覚ます鮮烈な蕎麦の香り

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.45

  
銀座でまんぷく気絶したクラシックな中華そばとは?

アニ散歩

File No.44

  
中目黒の心安らぐ気絶ジンギスカンとは?

団長が行く

File No.23

  
新御徒町「てんぷら 下村」意識も遠のく美味が、ある。

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.22

  
神田小川町「ポンチ軒」の厚切りとんかつに赤星を

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.43

  
三軒茶屋のDEEP気絶な屋台呑みとは?

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

もっと見る

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア