大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
どて焼き 島正

公開日:2019/09/10 < 第51給水ポイント >

名古屋の味噌おでん、生まれて初めて食べました。

サッポロラガービール「赤星」を訪ねて店から店へと巡る「赤星100軒マラソン」。はじめて関東を飛び出した取材隊は前回、記念すべき50軒目を名古屋の街から選びました。

【第50給水ポイント】『名古屋・栄の地下街で、飲み屋さんの原型を見た』はコチラ

そして、折り返し後の1軒目となる今回は名古屋編の第2弾。場所は広小路伏見の交差点からすぐ、伏見通りを挟んで御園座の真向かいの一角。名古屋の繁華街のど真ん中にある飲み屋さんへと向かいます。こちらのお店、名物どて焼きが人気の、老舗です。

どて焼きとは何か。

味噌おでんですよ。名古屋だから八丁味噌の独特のタレで煮込んだおでん。それくらいの見当はつくものの、実はこの私、齢56になるまで、この名古屋の名物で酒を飲んだことがない。ウブで純情な青年よろしく、期待に胸を膨らませているのであります。

店の名前は、「どて焼き 島正」さんです。では、さっそく入るとしましょう。

■はじまりは戦後の屋台だった

大変な人気店で、開店と同時にカウンター席が埋まるとのこと。そこで今回は、取材のために特別に少しだけ早く店へと入れていただき、図々しい限りでまことに恐縮ですが、二代目店主の喜邑定彦さんが作業する鍋の真正面、カウンターの中央に席を取った。

まずは、赤星をいただきます。同時に、どて焼きの盛り合わせもお願いします。

「どて焼きの発祥については、実はよくわかっていないんですよ。名前の由来は、鍋を焼いてから煮る、というところからきている。鍋の縁に味噌を盛って土手をつくり、中に水を入れて煮ていくと、鍋が火で熱せられて土手が焼けてくる。焼けて香ばしくなった味噌を中の水に少しずつ溶かして味を付けていく。それで、どて焼き」

喜邑さんは、開店準備の手を休めることなく話してくれるのですが、時間をおかずに出てきた皿を見て、まず、驚いた。豆腐、こんにゃく、大根、里芋、玉子、別皿に牛すじ。これで1250円。ボリュームがすごい。

なにしろ具がでかいのです。そして色が濃い。深く、深く、味が沁み込んでいるのが、ひと目でわかる。ドカンとボリュームのある味噌おでんは、迫力も感じさせます。関東のおでんとも、関西のおでんとも違う。そう、これが名古屋のおでん、どて焼きなのです。

ただ驚いていても仕方ない。さあ、喰おう。

見た目は濃い。しかしそれは色の問題。どろりと甘辛いかと思ったら、さにあらず。最初に口にしたのはコンニャクだったのだけれど、噛むと味がじわりと口の中に広がって、うすく伸びる。歯ごたえもいいし、嫌な匂いもない。匂いの抜けていないコンニャクよりもはるかに上品な印象で、実に、うまい。

「うわあ、これはうまいですねえ」

毎度のことですが、バカみたいな感想であいすみません。でも、口をついて出るのだから仕方がない。

「関東のおでんは、練り物が主体ですよね。練り物にはそれ自体に塩気がありますが、名古屋のおでんは豆腐、大根、こんにゃく、玉子、里芋、牛すじ、たいして味のない具材ばかりです。だから、ダイレクトに味噌を味わっていただく食べ物なんです」

なるほど。具材がシンプルであるがために、味噌のしみ込ませ具合が勝負の分かれ目になるのか……。わかったような、わからぬような。素人ですから、これも仕方がない。いやしかし、それにつけても、このうまさだ。

実は、仕込みが違う。最初から味噌で煮るわけではないのだ。

「コンニャクは、もとの大きさの3分の2くらいになっています。普通、コンニャクは、コンニャク芋に石灰を入れて固めているから生のままで匂いを嗅ぐと石灰のほか、いろいろな匂いがする。それを茹でると、アクは出るわ、水は匂うわ。けれど、じっくりと煮て、まな板にのせて、重しをのせておくと、どんどん水を吐く。そうなると高野豆腐みたいになってよく味噌を吸い込むんです」

冷たいビールに、実によく合う。計算され尽くしている感じがする。これが伝統の味なのか。喜邑さんに伺うと、味の加減は徐々に変化してきたという。

「時代が変わるのに合わせて味も変わります。もののない時代には、甘いもの、辛いもの、味の濃いものが好まれた。けれど、時代が進むにつれて、酒やつまみの味付けも、淡いものになってきた。うちのどて焼きも、昔と今とではずいぶん変わっていますよ」

店の創業は昭和24年。喜邑さんのお父さんが伏見で開いた屋台だった。

「広小路の、1キロくらいの道の両側に屋台がずらーっと並び、志那そば、どて焼き、寿司、トンテキ(四日市の名物)なんかを出していた。そのうち、どて焼き出していたのは、6割~7割かな。みんな屋台ですよ。屋台が整理されるのは、東京オリンピックのときです。うちもそのときに屋台をやめて、店を借りて営業をするようになりました」

戦後の屋台に始まり、高度成長、バブル景気を経て、時代の変化、嗜好の変化に合わせて、どて焼きもまた、変わってきたということです。

なるほど。店に長い歴史があると、酒肴の変化を語ることがすなわち時代の変遷を語ることにもなるようだ。

■ありがたい場所、ありがたい時間

話を仕込みに戻しましょう。大根の仕込みにはさらに手間がかかっている。

「大根は寸胴鍋で煮込む。湯がくのは季節にもよりますが、だいたい1時間半くらいかな。茹で上がったら、今度は小さめの鍋に隙間なく敷き詰めて、水をはる。そうして置いておくとアクが出てきて、水が真っ白になったり、茶色になったりする。毎日水を替えて、これに4日かける。そこから1週間、味噌だしで煮ては冷ましてを繰り返すと、煮崩れないし、温度が冷めていくときに、味が奥まで沁みていくんです」

客に出すまでに11日もの時間をかける大根は、面取りをせずとも煮崩れず、適度な硬さを保ったまま完全に火が入り、中心までムラなく味噌の味と色が沁みている。

里芋も、抜群だ。

「福井県のブランド芋でね。これはもう絶品なんです」

喜邑さんの表情が緩む。たしかに、粘りがあって、ころころっとした食感も残っていて、鍋底にひっついてしまうようなべたっとした芋ではない。崩れないけれど、柔らかい。

見た目にはなんとも素朴なコンニャク、大根、里芋なのだが、手間をおしまず仕込まれて、抜群のどて焼きになる。

そうこうするうちに、時刻は早くも午後5時。いよいよ暖簾が掛かります。

待ち構えていたかのように、お客さんがどっと入店します。そこに混じって、イチゲンの私。すこしばかり緊張して、それでもカウンターの真ん中あたりで飲んでいる。

息子の竜治さんとふたりして、客の対応をしながらおでんを出す喜邑さんの姿を、正面から見る。

喜邑さんは昭和20年生まれ。先代が21歳で店を始めたときには4歳だったが、その当時のことも覚えている。そして、昭和39年に屋台を止めて店を借りたときにも、当初は、屋台時代の雰囲気を残したという。

ちなみに、筆者の生年は昭和38年であって、酒を飲み始めるのを20年後と穏当に計算するならば、この「島正」の、70年に及ぶ歴史のほぼ前半の半分を知らないということになる。店を知らない、というよりも、その時代の、飲み屋の空気を知らない。

と、考えると、今ここで、カウンターの真ん中に席をとり、どて焼きに箸を入れているこの時間が、たいへんありがたく思えてくる。

「先代は大正13年生まれで、戦争に行っている。終戦で帰ってきたけれど、仕事がない。そのとき、実は戦前に腕の立つ料理人だった先々代、つまり私の祖父が父にアドバイスして、屋台を始めさせたんですね。だから、祖父から数えたら、うちの歴史は100年を超えるんですよ」

喜邑さんの口ぶりはさりげない。横でその話を聞く息子さんも、淡々と仕事をこなす。

ああ、いい店を知ったなあ。

■もう一度、最初からやり直したい…

豆腐に玉子、牛すじ、いずれも初めての私には感動をもたらすうまさで、赤星の後は、お隣のシブい常連さんにならって日本酒にしたい。

賀茂鶴の上等。広島の銘酒だ。これをチロリで燗をつけてもらう。申し分なし。歯止めがきかない感じになってくる。

けれど、酒だけで満足するのは、もったいない。串カツもいただこう。

揚げたてを、ウスターソースで食べるのもいいが、せっかくです、どて焼きの鍋にドボンと浸けてもらい、味噌味でいただくことにします。

さくさくの衣、豚の脂の甘さ、それを包み込む味噌の風味、すべてが口の中で混然となって、幸せな気分を増大させる。日本酒にもビールにも完璧にマッチする。

呑兵衛にとっては妙な言い方になるかもしれませんが、こちらへ来たら、飯も食いたい。〆に、どてめし(小)を注文する。

牛すじのどて焼きを白飯にのせ、その上に半熟状態の玉子をさらに乗せ、刻んだ青ネギをぱらぱらと散らしてある。一気に平らげて、この味を記憶に深く刻むのに、2分もあれば十分だ。

うまい! もう一度、最初の赤星からやり直したくなるくらいに後を引く〆の飯です。

開店から30分もすると、店はいよいよ賑わって、私の背後の椅子でカウンター席が空くのを待つ人もいる。

ごめんなさい。今、空けますからね。

そそくさと席を立ち、店を出る。そして、建物を振り返り改めて思うのでした。

ああ、いい店を知ったなあ……。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

どて焼き 島正

[住所] 名古屋市中区栄2-1-19

[TEL] 052-231-5977

[URL] http://www.shimasho.biz

[営業時間]

17:00~22:00

定休日:土曜・日曜、祝日

サッポロラガービール中瓶600円、日本酒(小)700円(大)1300円、ハイボール500円、焼酎(小)700円(大)1300円、赤ワイン(グラス)700円(ボトル)2500円
どて焼き:盛り合わせ1250円、豆腐・こんにゃく・玉子150円、里芋200円、大根・牛すじ300円、串カツ(味噌・ソース・醤油)150円、どてめし(小)500円(大)700円、どてオムライス(どてめしにオムレツを乗せた丼)800円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『最高の日本酒 関東厳選ちどりあし酒蔵めぐり』が好評発売中!

『名古屋の味噌おでん、生まれて初めて食べました。』
についてみんなで話そう!

  • まだ投稿がありません。

赤星のことをフォロワーに教えよう!

あと140文字

画像をアップロード : ※アップロードできる画像は容量5MBまでとなっております。

100軒マラソン

File No.52

  
西荻窪北口の誘惑に、夕方が待ち遠しい令和の秋

100軒マラソン

File No.51

  
名古屋の味噌おでん、生まれて初めて食べました。

100軒マラソン

File No.50

  
名古屋・栄の地下街で、飲み屋さんの原型を見た

100軒マラソン

File No.49

  
新宿五丁目・三番街で、こんな鰻が食べられるとは

もっと見る

100軒マラソン

File No.48

  
鹿児島直送の鶏、豚、魚、なにを食べても美味い店

100軒マラソン

File No.47

  
荻窪の南口が、がぜん、おもしろくなってきた。

100軒マラソン

File No.46

  
大船駅前の「気になる食堂」でご機嫌な昼と夜の間

100軒マラソン

File No.45

  
亀戸二丁目団地の「不思議な蕎麦屋」に行ってみた

もっと見る

100軒マラソン

File No.44

  
「モツ焼 酒 三鷹駅北口」うまい・やすい・しぶい店

100軒マラソン

File No.43

  
北千住で目の当たりにする大衆酒場のあるべき姿

100軒マラソン

File No.42

  
有楽町で「この店」を知らずにきた痛恨事

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

もっと見る

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

もっと見る

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.53

  
長者町のエイトセンターで、たらふく気絶

団長が行く

File No.29

  
浅草「冨味屋」絶品ロースター焼肉で一肉入魂の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.52

  
大阪の串ホルモンでアニ気絶やねん

団長が行く

File No.28

  
三ノ輪「土手の伊勢屋」で江戸前天丼の真髄を知る

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.51

  
大阪の立ち飲みグルーヴで気絶やねん

アニ散歩

File No.50

  
新橋駅前ビルの立ち飲みグルーヴがパねぇ

団長が行く

File No.27

  
秋葉原「赤津加」“萌えキュン”の街の正統昭和酒場

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.49

  
野毛の古き良き酒場で気絶した鳥と鳥とは?

もっと見る

団長が行く

File No.26

  
板橋「山源」“ワタシ史上最高ホルモン”に恋した夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.48

  
ィヨコハマ中華街で気絶した水餃子とは?

アニ散歩

File No.47

  
美人女将で気絶した立ち飲みとは?

団長が行く

File No.25

  
神田「やまし田」の牛タン三昧に舌を巻く口福

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.46

  
築地場外の昭和喫茶で気絶した海鮮雑煮とは?

団長が行く

File No.24

  
神田「眠庵」酔客も目を覚ます鮮烈な蕎麦の香り

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.45

  
銀座でまんぷく気絶したクラシックな中華そばとは?

アニ散歩

File No.44

  
中目黒の心安らぐ気絶ジンギスカンとは?

もっと見る

団長が行く

File No.23

  
新御徒町「てんぷら 下村」意識も遠のく美味が、ある。

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.22

  
神田小川町「ポンチ軒」の厚切りとんかつに赤星を

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.43

  
三軒茶屋のDEEP気絶な屋台呑みとは?

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

もっと見る

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

もっと見る

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

もっと見る

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

もっと見る

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

もっと見る

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

もっと見る

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

もっと見る

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア