大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
常寿司

公開日:2018/02/15 < 第34給水ポイント >

駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

今年の冬はとにかく寒い。北国の人から見たら大したことないし、雪が降ったくらいでなんだ、ということなんでしょうけれども、私ら東京モンにとっちゃ、これはもう、けっこうな大寒波であり、大雪だ。

先般、今はまだ詳しくは書けませんが、とある美女と根岸の老舗で一緒に飲むという僥倖に恵まれまして、たいへん光栄なひとときを過ごさせていただいたわけですが、その晩というのが、ほら、あの大雪の日でした。

雪見酒なんですよ。本来なら風流な酒です。ところが、あの、あまりの降りと寒さに、どうしても気持ちがもっていかれてしまう。あたくしの住む多摩南西部に思いを馳せれば、ああ、今頃、家の上の丘はすっぽり雪をかぶり、車の通行はおろか、人の歩行も困難な状況になっているに相違ない。てなことが頭をよぎれば、どうしても心配になる。

けれども、不安になるのも、実は束の間。酔うほどに生来のお調子者気質がチロチロと燃え始め、そこに酒という燃料が追加されるものですから、あとはもう、ボンボンと燃えてしまう。それで結局のところ、一人になってからもトコトンやってしまったのでした。

本当に寒かったのは、翌日からでしたね。我が家のほうでは最低気温がマイナス7度。こうまで寒くちゃ飲まずにいられるか。ということにもなるから、私のバカは死んでも治らない気がしますが、まあ、ひと言で言うならば、それから寒いことを理由に酒を飲み続けた。

そうして、あの大雪から1週間が過ぎた1月29日の晩、私は駒込のお寿司やさんの前にいた。

■いいねえ、どれもうまそうだ

店の名前は、「常寿司」さん。JR山手線駒込駅の東口改札を出て、山手線の内側のアザレア通りに入って、しばらくで左へ折れると、その道には小さな飲食店もちらほらと見受けられる。そして、ちょっと歩いた左手に、この店はある。

月曜日の午後8時半。外は凍てつく寒さだが、そっと店を覗いてみると非常に賑わっている。入店不可能か。一瞬、そう思うのだが、引き戸を開けてみると、カウンターの奥に席が残っていた。

店内で賑やかに飲み、食べ、話に興じているのは、常連さんらしい。会話の半分は英語ですよ。駒込の、ちょっと下町感の漂うお寿司屋さんで、日米のビジネスマンが憩っている。なかなか素敵な光景です。

店内は、外とは打って変わって暖かい。というより、これだけ人がいると、むしろ暑いくらいで、さっそくコートをかけて、カウンター席につく。

さあ、まずはビールだ。

「はい、お待ちどうさま」と店の若奥さんがすぐさま出してくれたのは、サッポロラガー、赤星。中瓶をさっそく傾けてグラスに注ぎつつ、なにを食おうかなと、壁の品書きに目を走らせる。

そうして、目を走らせながらも、飲む手を止めるわけではないのだ。グラスに口をつけるや、ゴクリとひと口。乾いた喉に沁みる1杯。毎度のことながら、真冬のビールがなんともうまい。

はい、お通しです! 若主人が出してくれたのは、白バイ貝煮とワカサギの南蛮漬けだ。いいねえ、いいねえ。

さて、続きをどうしようかな。

こちらは事前入手の情報によると、貝類がいいというのが、ひとつの評判。ほかに、白子焼きがいいだの、握りのボリュームがたまらんだの、いろいろあって、注文に困るということはないのですが、なんかこう、最初は渋く、ゲソ焼きなんかで始めたい、なんて気持ちにもなってくる。

ところが、私たちの入店まから賑わっている店内は、どうやら、10人ほどのお連れさんのようで、お酒も食べるほうも、そこそこに進んではいるが、まだまだ追加をしますよ、という頃合いに見える。

実際、カウンターの中では、若主人と、おそらくはそのお父さんのご主人のお二人が、手を休める暇もない。ここは、もうしばらくビールを飲んで、頃合いを見て何か切ってもらうとしよう。

私は赤星の中瓶を手に、寿司ゲタに置かれる握りを眺める。先客さんたちのための握りだが、うまそうなブリに、シメサバ、それから白エビの軍艦巻なんかも出てきた。いいねえ、どれもうまそうだ。

そして、みなさんに配られたお椀は、ドジョウ汁である。日本人のホスト役の方が外国からのお客さんに説明をしているのを聞くと、スモール・イールと言っている。

イールってのはたしか、ウナギだったよな。ははあ、まあ、小さいウナギみたいではありますな。まあ、このへんはシャレみたいなものでしょう。ドジョウを英語でなんというか知らないけれど、そもそも、アメリカとかイギリスとかに、ドジョウはおるのかいな……。

と、余計なことを考えながらビールを飲むわけですけれども、なかなか想像がつきかねる。仮にドジョウがいたとして、それはウナギみたいにでかいんじゃないのか? なんてことも頭に浮かんできて、これはこれで楽しいひとときというものです。

■お任せの刺し盛りの豪勢なこと

そうこうするうちに、陽気な10人様、次の店へとお出かけになります。

カウンターと、テーブル1卓には、寿司ゲタ、小皿、箸、コップにお猪口が大量に残るわけですが、それを片付けはじめたのが、ご主人と、少年です。ちゃんと仕事着を着て、頭には手ぬぐいのねじりハチマキをしている。

この少年の口から、おじいちゃん、という言葉が出た。ご主人、若主人、そして3代目ということなのでしょうか。とにかく、少年は店の一員としてちゃんと仕事をしているのです。いい光景だねえ。

聞けば、この、10歳になるという少年は、若奥さんの息子さんなのですが、奥さんと若主人と思ったふたりは実はご夫婦ではなく、どちらもご主人の子どもたち。若主人がお兄さん、奥さんは妹さんなんだそうです。

若主人と妹さんは駒込生まれの駒込育ち。お二人とも、ごくごく小さいころから店で遊び、店を手伝いながら大きくなったという。

今の少年と同じことをしていたふたりが、やさしく子供を見守っているわけですな。家族で店を切り盛りする典型的なパターンですが、ほのぼのとしてなんとも羨ましい光景です。

さて、店の空気も落ち着いたところで、つまみを切ってもらいます。

先ほどのお客さんたちが豪快に召し上がったので、もう品切れのネタもけっこうあるよ、ということでしたが、お任せでつまみを頼んだところ、それはそれは豪勢な刺し盛り(3人前)が出てきた。

貝類は、赤貝、ツブ貝、ホッキ貝にミル貝。加えてスミイカ、甘エビ、シメサバに、寒ブリ。

これらを手早く切り分け、盛り付けながら、ご主人がお話を聞かせてくれました。

「私は15歳のときに修行に入りまして、赤羽、板橋などで仕事を覚えてね。27歳のときにこの駒込にきて、自分の店を持ちました。昭和46年です。

当時、バーはあったけど、まだスナックもなかったから、カラオケなんかない。だから、駒込にも5、6人の流しがいて、店々を回って歩いていました。そのころの駒込は、都内で5番目くらいに飲食店の数が多い街だったんですよ。

こちらのほうに家のある銀座のホステスさんがアフターでお客さんを連れてきたりしてね、深夜の12時から3時くらいがいちばん忙しかった。だから、毎日、朝の4時とか5時くらいまで営業していたな。店を閉めてから、寝ないで河岸へ仕入れに行くんだもん、遊ぶ時間はぜんぜんなかったです」

仕入れは今、2代目の若主人が行っている。毎晩、営業を終え、後片付けをしてから帰宅し、風呂に入り、遅い晩飯を食べながら缶ビールを1本だけ飲む。そうすると、だいたい3時、4時になる。少し寝て、8時には河岸へ仕入れへ行き、ざっと仕込みを済ませてから、午後、また少し仮眠をとる。なかなか真似のできることではありません。

「まあ、慣れですよ」と若主人はこともなげに言うが、寿司職人は捌けた客さばきも腕のうち。夜の営業時間中は、料理だけでなく、気さくな会話でも客を楽しませる。それを考えると、客として好きなときに出かけていって好きなものを頼み、ああ、うまい、うまい、と、飲んだり食ったりしている時間をもてるという、ただそれだけのことが、なんだか妙にありがたく感じられる。

「常寿司」という店には、そういうことを思わせる、温かみがあるようです。

■でかくて、うまくて、安い

お酒に詳しいのは妹さん、つまり、少年のお母さんだ。常時15種類ほどの銘酒を揃え、客の好みや酒肴に合わせながら、おすすめの1杯を提案してくれる。

私は、福島の「会津中将」の純米吟醸をいただくことにした。シャリっとした歯ごたえで口中を幸せにしてくれるのは赤貝。そこへ上品なシメサバと、甘いとさえいいたいような寒ブリ。次々に口へ運べば、酒の味もいっそう引き立つ。

駒込もずいぶん変わったとご主人は言う。地元のお客さんだけでは成り立たない駒込での商売は簡単ではなく、昔の店もずいぶん姿を消した。その中にあって、開店以来47年、暖簾を守ってこられたのは、何故か。生意気なから、伺ってみました。

「いいネタを安く。景気のいい時代からずっと、それを心がけてきました。高いんじゃ、当たり前です。いいものを安く。それをコツコツやってね。支店だそうとか、そういうことも考えなかった。それがよかったのかな」

3代目を見るときのご主人の目が、とにかくやさしい。

いい店に出会ったなあ、と、早くも軽く感動する酔っ払いは、ひかりものの握りを頼んでさらに嬉しくなった。

釣り物の立派なアジも、脂ののったイワシもサバも、質もさることながら、ネタがでかい。お見事、というしかないほどの気前の良さが、そこに如実に表れている。嬉しいねえ。でかくて、うまくて、安い、ということは、なによりありがたい。

今度は早い時間に来て、もっとゆっくりと飲もう。そう心に決めて、この日は店を出た。いい時間を過ごした後は、ぴりっとくるこの冬の寒さも、かえって心地いいものです。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

常寿司

[住所] 東京都北区中里1-8-5-104

[TEL] 03-3827-9323

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132301/13071632/

[営業時間]

[平日]18:00~23:00(L.O.22:30)
[日・祝]18:00~23:00(L.O.22:30)
※ネタがなくなり次第終了

定休日:水曜

サッポロラガー中瓶600円、日本酒(1合)400円~、焼酎グラス400円~、焼酎ボトル2000円~、サワー・酎ハイ・ハイボール420円~
特上すし2000円、上すし1500円、巻物各種200円~、お吸い物400円 ※その他のメニューは季節や仕入れによって変わります

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『新幹線各駅停車 こだま酒場紀行』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

もっと見る

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

もっと見る

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア