大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
魚貞

公開日:2016/12/21 < 第16給水ポイント >

幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

その昔、京王線には、芋虫みたいな緑色の車両が走っていました。東急車両の有名な型かと思いますが、井の頭線と京王本線の各駅停車は、この、かわいらしい緑の電車だった。

記憶にあるのは、床が木の板だったということ。緑の電車の中でもひときわ古い車両であったかもしれませんが、黒々と油の敷かれた床はかすかに匂うようでもあったという記憶があります。

小学校に上がるころ、高尾山へ連れて行ってもらうときは、仙川駅からこの緑の電車に乗って次のつつじヶ丘か調布で乗り換え、調布から先は急行の高尾山口行きの先頭車両の運転台の後ろにへばりついていたものです。

あの、懐かしい緑の電車がいつまで本線で走っていたか確かな記憶はないのですが、緑の電車のころで思い出すのは、現在では京王新線の駅になっている幡ヶ谷、初台の2駅が地上駅だったことだ。

いつから地下になったかなと、ネットで検索してみると、昭和53年とあります。昭和38年生まれの私が15歳のとき。今から数えると、もう、39年前のことになる。

それから3年後の昭和56年。つまり幡ヶ谷駅が地下駅になって間もないころにあたりますが、1軒の居酒屋が開店している。

店名は「魚貞」。駅の北口から地上へ出てすぐ。雨が降っても駆けこめばほとんど濡れないくらいの便利なところにある。

■ここではクジラを喰わなきゃ損

店は今年で37年目。すでに老舗であるけれど、店内に入ると、意外に大きな箱である。

入口手前左に個室の座敷、正面左は10名ほどがゆっくりと腰掛けられるカウンター席。その背後には小上がり、奥に半個室的なテーブル席もあり、2階では30名ほどの宴会も対応できる。この大きさを見て、流行った店なんだなとわかる。

カウンターの上には、築地の仲卸の屋号を漆文字で浮き彫り風に揮毫した立派な千社額が掲げられている。飲み屋さんでこういうものを掲示している店は昨今、だいぶ少なくなった。これは卸の魚屋さんとの深い付き合いを物語るものだ。

 

「先代は新宿で4、5店経営した店の仕入れを担当していた人なんです。だから、顔が広かったんですね」

そう語るのは、現当主の石川宏之さん。先代というのは石川さんの奥様のお父さんで、「魚貞」の創業者である。

ところが、およそ10年後、先代が身体を壊し、築地の仕入れという大きな仕事が、まだ30歳そこそこだった石川さんの肩にかかった。

「まだ若いころですからね。信用をつくるのに、ずいぶん時間がかかりました。先代が取引をしていた業者の方からはバカにされるんです。だから築地の中でも若い人や、新しい仲卸と付き合ったりもしました。今はもう、いろいろ無理も聞いてくれますけどね」

石川さんは穏やかな表情で語る。店を開いて37年目の老舗。その暖簾を守ることは、並大抵なことではないと、想像がつく。

店名にもあるとおり、店の売りは新鮮な魚介であるが、メニューはかなり幅広い。そしてクジラ。ここへ来たら、クジラを喰わなきゃ損だ、と思わせる、

さらしクジラ、クジラベーコン、刺身もカツもいい。けれど私はやはり、ここは竜田揚げだなと思うのだ。

「小学校の給食で、竜田揚げが出たんですよ」

懐かしさから石川さんにそんな話をしてみる。すると、私より8年先輩の石川さんも、そうそう、給食でしたね、と答え、続けて、

「脱脂粉乳、飲みました?」

いや、さすがに、私のときは牛乳でした、とも言えず、なんとなくへらへらしながら、クジラの竜田揚げと瓶ビールを頼む。

こちらの瓶ビールは、ご存じサッポロラガー(大瓶)とエビス(中瓶)のみ。赤星を置くのは、先代の新宿時代からのことという。

「最近、驚きますよ。赤星の人気がこんなにすごいのかって」

ほどよく冷えた大瓶からグラスに注ぐ。お通しはホウレンソウ、シメジ、タコ、メカブの和えもの。

3月だから、まだ、貝類がうまい季節。ツブも赤貝も地ハマグリにも目がうつる。この日の仕入れによって変わる壁の品書きの上段のいちばん右に、三点盛り、とある。カッコの中は、赤貝、かんぱち、石鯛とある。

いいですねえ。市場に出た、その日のいいネタを仕入れていると、期待を抱かせる。迷わず、これを注文します。

■地味だけれど、確実にうまい品々

さて、乾杯だ。ひとりで飲みに出かけても、まずは、お疲れさんという気持ちを込めてグラスをあげる。これが、酔っ払い歴30余年の私の流儀。

今日もよく頑張ったな……。そんな思いを自分にかけてやるんですが、なに、そんなに頑張らなかった日でも、お疲れさんと言ってやるのです。

お疲れさんのビールくらいうまいものはないと、いくぶん芝居がかるくらい盛大に喉を鳴らして飲む。そのうまさは、私たちの父親の世代から受け継がれてきた、ニッポンの伝統である。そんな大袈裟な話ではないけれど、それくらい、この一瞬はいいものだなと、私は思う者なのです。

赤貝がうまいですよ。コリコリとして、新鮮で、実にいい。かんぱちの脂の乗りも、石鯛の、さっぱりしているのにしっかりとした深い味わいも、申し分ない。

大瓶のビールを頼んだけれど、どんどん減っていく。

開店直後の広い店内で、まだ、喧騒に包まれることもなく、じっくりと酒肴を味わう。その愉楽はやはり、比類ないものだ。

2本目のビールを飲み始めるころ、やってきました。クジラの竜田揚げです。

小学校の教室で、銀色のアルマイトの皿に無造作にごろごろと転がっていた、甘辛の竜田揚げを思い出す。あれをおかずにしてコッペパンと牛乳という昼飯を喰っていた昭和40年代を思い出す。

けれど、違うのだ。魚貞さんの竜田揚げは、あれじゃない。しょうゆ味で、生姜の風味をきちんとつけた逸品で、ビールに合い、酒に合い、白い飯にのせて食べるにもいいと思わせる。これは、うまい。

私らと世代の近い人たちには懐かしいクジラであり、同時に、今まで味わったことのない新鮮なクジラもあるだろう。この新しさは、実は若い人にも受けているらしい。

「クジラを食べたことがないという若い客さんが食べてみて、好きになることがけっこうありますよ」

クジラを食べるのは、日本人の食の伝統。世界の人々と仲良くしたいけれど、食うなと言われて「はいそうですか」と簡単にひきさがれるものでもない。ノルウェーと我が国の総力を集めて、「はいそうですかとは言えない同盟」を結成すべきではないか、なんてことを考える。

お勧めの酒、「尾根越えて」をいただく。愛媛県の山間の蔵でていねいに醸される地酒は、口当たりも柔和な、おいしい酒だ。

そこに、山形県名物ともいえる玉こんにゃくを添えてみる。ご主人が山形市内のご出身ということで、夏野菜を細かく刻んでとろみも加えた「だし」も、奴にのせて出してくれる。愛媛と山形の、土地が生んだ滋味を、幡ヶ谷の酒場で味わう。

いい気分になってきて、新筍の木の芽焼きを追加。春を存分に楽しんでいると、平子イワシを炙ったものが出てきた。これは新物。香ばしく、苦味が少なく、それでいて、味わいは濃い。つまり、酒に合うのだ。もちろんビールにも。

築地との長い付き合いが、こうした全国の味を提供してくれる。魚の目利きたちが選んだ、地味だけれど、この時期、確実にうまいと思わせる品がさりげなく並ぶ。

■長く続く酒場のありがたさ

この連載を始めて何度も思ってきたことだれど、普段通りすぎている街に、こんなにいい酒場があったのかと、また驚く。

店は、近くの企業や劇団の関係者からも愛されてきた。春は、新人を迎え、去る人を送る季節でもある。連日の歓迎会があり、送別会がある。ある人は、この店の味わいを胸に刻んで去り、ある人は、この店に出会ってうまいものを知る。それが37年にわたって繰り返されてきた。

これから社会へ出るか人がいて、現役を引退して街を離れる人もいる。酒場は、去る人を送り、来る人を迎える。飲兵衛が足繁く通い、店に馴染む時間というのは、そう長いものではない。けれど、そこにかつて馴染んだ酒場があれば、いつか、何かの機会に訪ねることができる。そこが、長く続く酒場のありがたさだ。

この店に魅せられた韓国からの留学生がいると聞いた。いたく気に入って一升瓶をキープするほどになった。しばらく来ないなと思っていると、後に来た時に、母国からの仕送りを待っていた、なんて、可愛いことを言う。

ある学生はこうも言ったという。

「徴兵があるので、国へ帰ります。だからしばらくは来られません」

そんな話を聞くと、無事に兵役を終えたらぜひまた戻っておいでよと、声をかけたくなる。その際には、オジサンに一杯奢らせてくれよ、と伝えたいのが人情だ。

早くも酒が回ってきたのか。日本のオジサンは、会ったこともない韓国の青年に語りかけたくなっている。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

魚貞

[住所] 東京都渋谷区幡ヶ谷2-8-13

[TEL] 03-3374-3305

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1318/A131807/13053980/

[営業時間]

11:30~13:30
17:00~23:30

定休日:日曜(月曜祝日の場合は営業)

サッポロラガー大瓶670円、ヱビス中瓶650円、サワー類410円、日本酒各種380円~、焼酎各種500円~。刺身三点盛1300円、鯨ベーコン2000円、鯨立田揚げ1080円、鯨ユッケ980円、だしのせ奴450円、ポテトサラダ450円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

もっと見る

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

もっと見る

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

もっと見る

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

もっと見る

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

もっと見る

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア