大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
志ん橋 喜多八(※閉店)

公開日:2016/12/10 < 第11給水ポイント >

新橋で旬の肴、こんな店を知らずにいたなんて…

新橋は、神田や日本橋と並んで、下町の風情を残した街。そして、大飲み屋街でもある。

交通至便。有楽町、銀座の隣であって、渋谷・新宿方面はもとより、神田、浅草、あるいは六本木、赤坂方面への移動が容易であることに加え、地下鉄から京成線に乗り換えれば千葉方面、翻って南へ下れば蒲田、川崎、横浜方面への帰宅にも便利である。つまり、人が集まりやすく、帰りやすい。だから賑わう。

ずいぶん昔から、街のサラリーマンの意見を聞くには新橋と、テレビ局の敏腕ディレクターたちがなんとかのひとつ覚えのように新橋駅前の広場をロケ現場に選んだのも、それだけ人が集まるからであり、日も暮れてしばらくすれば、人々の多くが一杯加減という、なんともおおらかな土地柄に、今なお変わりがないからだと推察される。

かく言う私も、新橋ではずいぶん飲んできたし、ほろ酔い、酩酊、泥酔の夜を重ねてきたクチなんですが、新橋ならココ、という店を決め切れずにきたのは、そう、あまりにも店がたくさんあって、絞り切れなかったからにほかならない。

埼玉県東松山を飲み歩いた晩、「分け入っても 分け入っても やきとり屋」と、種田山頭火を剽窃したわたくしですが、新橋を歩けば今も、「分け入っても 分け入っても また飲み屋」との感懐をもたざるを得ないのであります。

と、ダラダラ書くにはワケがある。長年、酒を飲みまくり、新橋にも幾度となく分け入ってきたはずのわたくしが、「こんなに素晴らしい店を知らずに来たのか!」と唸るような居酒屋に、飲兵衛生活30余年にして初めて出会ったからなのです。

■ご主人は毎日欠かさず築地に通う

店の名は「喜多八」。処は新橋四丁目。烏森口から歩いてすぐ。このあたり、あちこちさ迷ったことがあるはずなのに、私は「喜多八」の戸を開けることなく、齢50を過ぎた。

もったいないことした――。主の北野昌志さんから店はすでに35年になると聞かされたときの感想である。

というのも、ここの魚。とにかく、うまいのである。

訪れたのは12月中旬の某日。

「今日は、タコのいいのがあります。それからハゼもいいですね。珍しいところではシイラが入ってる。うまいですよ」

ご主人は自転車で、毎日欠かさず築地へ仕入れに行くという。その日、市場に出た魚を、懇意にしている仲買から仕入れる。35年、毎日続けてきたから、相手も顔見知り。それどころか、父子2代にわたって付き合っている仲買さんもいらっしゃるという。

顔見知りが相対で取引する。その間柄にズルさは入り込む余地がない。セコイ料簡は互いに見抜いてしまうから、本当にうまいものを、必要なだけ、できるだけ安く取引できる。築地へ毎日買い出しに行く別の店の主人から、こんなことを聞いたことがあるが、この店も同様であるなと察しがつく。

なぜなら、お品書きにある値段が、たいへん良心的だからだ。こちらの名物のイワシもアジも、刺身、なめろう、たたき、いずれも550円。上物のバチマグロ750円。久里浜の地ダコだって650円。

「このお値段は、安いですねえ」

思わず声をかける。

「いやあ、わかってくださるお客さんはありがたいです」

ご主人もにっこり笑う。

いい魚を安く提供するのは、小さな個人経営のお店では容易なことではないと、素人ながら推察できる。飲兵衛としては、ただただ、ありがてえや、と思って味わう以外にない。

■この日のイチオシはタコとシイラ

ビールは昔からずっとサッポロラガー。さっそく1本をいただく。小鉢の煮物をつつきながらクイっとやる。

そして、ご主人が見つくろってくれた皿を見ると、なんともうまそうな刺身が盛り付けられていた。いい景色だ。バチマグロ、アジ、イカ、ホタテに〆サバ、赤貝にタコ、そしてシイラ。

シイラの刺身は珍しい。聞けばこれは築地場外にある網代定置網という店で仕入れてきたものという。

「静岡県の網代の定置網でその朝獲れた魚を運んでくるんですよ。アジやサバ、カマスとか、いろいろ。このシイラも、その定置網で揚がったものです」

口へ運んでみると、脂がのっていて、実にうまい。

「私も釣りをやるんですけど、シイラは釣れてもねえ。ちょっとバカにしていたんですよ。でも、喰ってみたらうまい」

本当にそのとおりで、目を開かれる思いがする。アジや〆サバ、イカにバチマグロといった馴染みの魚も、そのネタのすばらしさが際立っている。

中でも久里浜のタコ。特筆すべき味わいでありました。このうまみ、この歯ごたえ。ご主人の塩茹での加減も抜群なんでしょう。

タコは明石のものしかよう食べんわ、なんてこと言うやつぁ表へ出やがれ、ここは新橋でい――そう力を込めてみたくなる、うまさである。

勢いがついて、イワシのなめろうを頼む。

なめろうというとアジが馴染み深いが、こちらのイワシのなめろうは、アジよりまろやかな印象を受けた。味噌、生姜、ネギ、タマネギ、それとほのかな酸味をプラスする酢のバランスが絶妙。上に散らした煎り胡麻と相まって、叩いたイワシを活かす上品な味付けです。

このようなものを舐めていると、本当にもう、酒が止まらない状態になる。

「マグロのほっぺたの肉がありますけど、食べてみますか」

マグロのほっぺたですと? もちろんいただきたい。オーブン焼き? なんて思っていたら・・・

「フライパンで、バター醤油で」

ああ、バター醤油で。マグロのほっぺた。たまりませんな、と、まだ料理の完成前から興奮してビールをぐびぐび飲んでいると、なんとも立派な、ほっぺたのバター醤油焼きがやって来た。大根おろしをちょっと乗せてパクリといく。

「マグロ屋さんで、特別にまとまった数の注文がないときは、この部位は余るんですね。そういうのを、持っていくかいと声かけてもらいましてね」

こういうネタが入るのも、市場との長年の付き合いの証しというもの。客はただ、そのありがたさを噛みしめるのみ。あれもこれも、食べたくなって、さきほど小耳に挟んだハゼの唐揚げと、相模湾のカマス一夜干しを注文する。

ビールも追加。さらに、日本酒を冷やでやろうと腰が座る。

■旬の肴で飲む幸福感に包まれて

絶品酒肴を待つ間にも、お客さんは次々にやってきて、開店から1時間もすると、ほぼ満席になった。カウンターのほかにテーブルが3つという小ぢんまりとした店だから、間違いなく席を占めるには予約が無難と心得た。

というのも、この店のこの味を、私は私の周辺にいる酒好き、魚好きたちに教えたいのであって、教えるときの最初の一夜はぜひとも同席したいものだと、いかにも好きそうな何人かの顔を思いうかべるからである。

「どうも、ご無沙汰しております!」

私などよりはお若い、ビジネスマンが入ってきた。ちょっと久しぶりらしいことは、ご主人との会話からわかる。海外赴任か、長期の出張か、ようやく日本へ帰ってきて、帰るとすぐにやってきた。そんなところだろうか。いい光景ですね。

そこへやってまいりましたのが、ハゼの唐揚げ。熱いうちに口に入れ、パリパリと噛む。

ハゼというのはこんなにうまい魚だったかな……。ため息とともにこぼれる感想は我ながらひどく大袈裟なのだが、大袈裟になって何がいかんと力みたくもなる。

品書きにはこの日、ホウボウの唐揚げとも書かれていた。次はホウボウだなと、狙いを定める。まあ、次の機会にホウボウがあるかどうかは、その日の仕入れによるのだろうけれど。

それはともかく、うまいビールから始める小さな酒宴に、このハゼの唐揚げは欠かせない一品だと思った。編集Hさんも写真のSさんも、「これは、これは」「ふんふん、ああ、うまい」とか、なんとか、ブツブツ言いながら、この絶品ハゼをたちまちにして平らげた。

さて、日本酒だ。酒の種類もけっして多くはないが、絞りこんでいるようだ。

「廣戸川」の純米。秋上がりの口開けをいただく。いや、これまた抜群。幸福感に包まれてへらへらしていると、カマスがやってきましたよ。

ぽってりと脂がのっている。大根おろしに醤油を垂らし、カマスの身と皮にのせて、いただきます。あまりにも単純で、間違いのないうまさに、またまた笑いがこぼれる。

糠漬けかイブリガッコでも追加して、今夜はとことんいくか? 自分に訊くと、へえ、そうしましょうかと、もう一人の自分がへらへら答える。

旬の肴で飲む晩の、なんとも楽しい時間はまだ始まったばかりである。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

志ん橋 喜多八(※閉店)

[住所] 東京都港区新橋4-15-8

[TEL] 03-3431-2402

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13043331/

[営業時間]

17:00~23:00

定休日:土・日・祝

瓶ビール大650円円、生ビール中580円、日本酒各種350円~、焼酎ボトル2500円~
しめさば600円、赤貝600円、キンキ一夜干450円、しゅうまい450円、厚切りハムフライ450円、じゃこ天350円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

もっと見る

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

もっと見る

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

もっと見る

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア