大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
㐂よし

公開日:2016/12/21 < 第15給水ポイント >

京浜東北線には、素通りできない駅がある。

京浜東北線を使うのは、大宮の競輪か浦和の競馬の行き帰り。あるいは、東北からの帰路、大宮で新幹線を下りて、南浦和から武蔵野線で多摩方面に向かうときくらいである。

つまり、行きつく先でも帰りつく先でもなく、いつも、どこかへ行ったり帰ったりする途次に使う感じでしょうか。けれど、この電車に乗るときはいつも、途中下車を考えている。

十条か、赤羽か。昨今、流行ってますからね。

そういう駅で途中下車を考えているんだろ、お前は、と思う諸兄姉もおられましょう。けれども、違うのです。私が途中下車しようと、半ば心に決めているのはここ。埼玉県の蕨駅なのです。

わらび、と読みます。時間に余裕があるときには、まず、寄ります。

その蕨駅東口を出てしばらく。「㐂よし」の看板が見えてくる。こちら、看板にも暖簾にもやきとりとありますが、やきとんのお店です。

開店は午後5時。暖簾の出るタイミングで到着できたときなどは、もう、幸運としか言いようがない。もつ焼き屋にありがちな脂や煙のゴテゴテ感がきれいに清められた開店直後の店内は、すっきりしていて、同じ店に入るにしても、特別な時間である。

焼き台が見える、コの字カウンターの角のあたりに席をしめる。ここが取れたら、それはまたたいへんな幸運だと思っている。ご主人の石塚裕一さんの手元を眺め、串から上がる煙を眺め、そして、ときおり、串の下に見える炭火を眺めながら酒が飲める、そんなスポットであるからだ。

吹き抜けのようになっている店内は、小ぶりなわりに開放感があり、混雑するときは隣の客と肩が触れ合うくらいになるが、窮屈さを感じない。私は、この店にくるたび、ほっとひと息ついてから、さて、飲むぞ、という気になる。つまり、店に入った段階ですでにして、それ以前の私は更新されているのである。

■「ああ、うまいねえ!」

まず頼むのは、赤星の大瓶1本に、名物のみそ焼き6本セット。

串は、カシラ、タン、ハツ、ナンコツ、レバー、シロの6本で500円。単品だと1本90円、6本合計で540円になるから、それだけでもお得であるのだが、このセットにおける1本単価が約83円であることにも驚く。

焼き台の横には、醤油ダレと味噌ダレがある。

みそ焼きは、ある程度焼き上がってから最後に味噌ダレに通して仕上げる、というやり方ではない。最初に串を味噌ダレの入った甕にドボンと刺しこみ、タレをよく纏わせてから焼き台に乗せるのだ。

ジューっと音がして少しばかりの煙が立ち上る。けれど、焦げ臭はしないし、実際、焦げない。盛大に火や煙が上がるわけでもない。このあたりの塩梅が、実はとても難しいのだと、石塚さんは言う。

石塚さんはもともと荻窪で修業をし、高円寺で自分の店を持っていた。こちらは鶏のやきとり店。後に、奥様のお父様が切り盛りしていた「㐂よし」の後継者として蕨へ来た。高円寺の店は、共同で回してきた弟さんに任せた。

ずっと串焼きをしていたんだ、やきとんも同じだろうと、当初は思っていたという。

「昔の要領でいけるだろうと思っていたんですよ。やってみるとずいぶん勝手が違いましてね。難しかったですねえ」

味噌ダレにつけた後の串からは、当然だが、タレが垂れる。焼き台の中に仕込む炭の量が多く、串との距離が近すぎると、垂れたタレで火が消えることもある。

また、炭の量は少なくても、炭と串が近すぎれば、当然、焦げる。気を許していると、外側はカリカリに焦げているのに中まで火が通り切っていない、ということもあったという。

みそ焼きの皿が出てきた。いつものことだが、最初の1本を口へ運んだときに、ああ、うまいなあ、と、ため息が出る。これは大袈裟な話ではないんですよ。本当にうまい。

「ああ、うまいねえ!」 と、声に出す。石塚さんが、どうもありがとうございます、とばかりに頷く。手は休めない。

実はもう、お客さんが入り始めている。というより、午後5時の開店からわずか15分で、私たち3人(編集Hさんと写真のSさんと私)を含めて、なんと15人の客がカウンターに並んでいるのである。手を休める暇はない。

だんだん身動きがとれなくなり、私たちも、飲み喰いの態勢を整える。みそ焼きのセットをそれぞれに頼んだHさんとSさんも、ため息をついている。

はあ、うまいですねえ……。

そうだろ、そうだろ、どうだ、うまいだろ、と店の人でもない私が威張りたい。そういう店なのだ、「㐂よし」は。

■名物がぞくぞく登場

生姜のきいた21世紀ダレのカシラももらう。これも、行けば100%頼む一品。

さらに言うなら、マカロニサラダと、50年もののぬか床で漬けるお新香もほぼ毎回頼む。そうそう、それから煮込みですな。

Hさん、Sさんも、すっかり腰を落ちつけた。つくね、チョリソー、エシャロットなどを追加しつつ、最初のマカロニサラダをつまんだりする。

このサラダは、キャベツ、ニンジン、キュウリなどが細かく刻んで投入されていて、マカロニばかりがモタッとしているのとはワケが違う。お好きな人はウスターソースをかけて、食べる。

大根とキュウリの糠漬けも、歯ごたえ、漬かり加減、いずれも具合がよく、酒の途中で口をさっぱりリフレッシュさせるには最適。欠かせませんな。

見ていると、最初の1杯が瓶ビールという人が実に多い。つまり、赤星の愛飲者たちなのだ。みなさん、そこから始めて、キンミヤの300mlボトルに移り、ホッピーとかレモンソーダとかで割る。そういう方向へいく。もちろん燗酒の人たちもいる。

さあ、このあたりで、さらなる名物を、同行のふたりにお教えしよう。ということで、おもろ豚足ととり豆富を頼む。

前者は、とろっとろの、豚足の煮込みである。しゃぶりついてどうぞ、という一品だが、女性客にも人気がある。

後者は、鶏ベースの湯豆腐といえばいいか。なにしろ、やさしい味わいの小鍋であって、うまいことはもう間違いないわけですが、これを啜ると、酔って霞み始めていた視界がきれいに晴れると言いますか、蘇る感じを与えてくれる。

この連載で以前、神田の「三州屋」の鳥豆腐を紹介したが、狙いも工夫も調理方法もよく似ている、けれども、やや違う。どちらが先か、そんなことはどうでもいいや、と思いながらHさんと話していると、「三州屋」と聞きつけた真向かいのお客さんが、「あ、神田のね」と、相槌をうってくれた。やはり、お好きなのだろう。

葱とシシトウを頼む。 オレはどうしてこう、冬場の焼いた葱が好きなのだろう……。気がつけば葱ばかり喰っている。

我が家の葱とかつお節の消費量がハンパねえことについて、先般も家人と議論したものであったが、今も気がつけば葱を所望している。この季節の、関東の白葱は格別なんだという思いがある。関東で葱といやあ深谷。深谷は蕨からはちょいと遠いが同じ埼玉県だ。

みそ焼きの、濃厚で丸い味わいの記憶があるところへ、塩焼の葱を齧って中和していく。実は葱も、苦くも辛くもない。むしろ、甘いのだ。

ああ、酒が進むねえ。

■常連さんの邪魔にならぬよう

私の席からは、引き戸の向こう、暖簾の脇から覗く人の姿も見える。

次々にやってくるお客さんたちは、入れるかなあ? という面持ちで店内を覗き、おっ、いけそうだな、と踏むとがらりと戸を引いて、いいですか? と声をかける。

最近では、週末には遠方からわざわざやって来る客もいるというから、みなさんが揃って常連というわけではないのかもしれない(この晩は、土曜日でした)。それが、かえって、私のような、ここが生活の拠点なり導線にあたるわけでもないよそ者にとっても、ちょっとした安心感を与えるのだろう。

気をつけるべきは、週に何度も通うような常連さんたちの邪魔にならぬこと。ぼんやりと店内を見回しながら、改めてそう思った。

さて、そろそろ、締めの1杯としよう。

私としては早い撤収であるが、翌日の日曜日には、競馬と競輪のG1競走がある。帰ってじっくり予想すべし、というタイミングである。

では赤星をもう1本いただいて、景気づけとしよう……。

暖簾が風に、あおられている。春も近い。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

㐂よし

[住所] 埼玉県川口市芝新町2-11

[TEL] 048-266-1002

[URL] https://tabelog.com/saitama/A1102/A110202/11015264/

[営業時間]

17:00~22:00(売切れ仕舞い)

定休日:日曜・祝日

サッポロラガー大瓶580円、生ビール中500円/大720円、チューハイ320円、ホッピー400円、金宮ミニボトル800円。串焼き一人前(たれ、みそ、しお)500円、煮込み350円、とり豆富400円、マカロニサラダ250円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

もっと見る

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

もっと見る

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

もっと見る

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア