大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
なすび

公開日:2016/12/15 < 第12給水ポイント >

東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

錦糸町の「なすび」といえば多くの酒好きの口にその名があがる名店。長く日本橋馬喰町に仕事場を借りていた私も何度か名前を聞いたし、一度行ってみたいと思っていました。

馬喰町から錦糸町は総武快速線でひと駅。山本周五郎の「さぶ」の主人公よろしく馬喰町から両国橋をわたって行ったならば、徒歩でも苦にならぬ。

なのに、足が向かなかった。それは、生来の出不精に加え、いわゆる東京の老舗に私が気後れしてきたからにほかならない。

多摩生まれの多摩育ち、子育ても多摩ですませた50代は、23区内こそを京と思っている。多摩の南西部に引っ越した昨今では、銀座のバーに飲みに行こうと思い立ったとき、「ちょっと東京に行ってくる」と家内に言いかねない。

そんな大袈裟な、と思うなかれ。東京都は意外に広い。だからおもしろいわけですが、馬喰町まで通わなくなった私にとって錦糸町は、都心部を挟んだ“逆側”としてさらに足が向きにくくなった遠隔地でもある。

けれど、やはり、行ってみたいのだ。有名な店だから、ではない。先般の新橋「喜多八」さんの場合も同じだったが、出不精だのなんだのと言っているうちに行きそびれちゃつまらない、と思うからだ。

■脂の乗り切った2代目の仕事

訪ねましたのは12月中旬。師走の忙しい最中で、こちらも多少の飲み疲れが出る頃合いだったが、店内に足を踏み入れ、栓を抜いたばかりのサッポロラガービールをごくりとやれば、たちまちにして気分が晴れる。

ああ、うまいねえ。と思いつつ品書きを見渡すと、米茄子のべっこうあんかけ舞茸天のせ、なんて魅力的な文字が目に飛び込んできた。

上品ですねえ。うまそうですねえ。と、誰にともなく語りかけたくなる。そこいらの居酒屋じゃ、こういうの、出てこない。ご主人に聞けば本日は米茄子がないので丸茄子で代用するとのことですよ。

ご主人というのは、実は「なすび」の2代目。一寸木広樹さん。珍しい苗字ですが、“ちょっき”さんと読むんだそうです。

錦糸町の南口で45年にわたって居酒屋を切り盛りしたのはご両親で、ご主人は熱海の老舗料理旅館の板場などで修業を積んだ後、ご両親と一緒に3年ほど仕事をし、南口の旧店舗の閉店から2年近く店舗探しをした後に、北口に新店を開いた。それが1年半ほど前のことで、現在40歳。

脂の乗り切った時期ですわな、と、50を超えてパサパサに乾いてきたわたくしなどは羨むわけですけれども、同時に、どんな酒肴が目の前に出てくるのか、楽しみで楽しみでしょうがない。なにしろご主人、今は引退された先代同様、毎朝築地に足を運び、その日のうまいものを仕入れているという。

刺身を3品盛っていただいた。マグロにブリに、〆サバであります。

マグロはメジかな。これは、見るからにうまそうであるなあ、と眺め下ろすやいなや、ほどよい厚さに引いた刺身におろし山葵をちょいとのせ、刺身からボタボタ垂れないくらいの醤油をつけたら口へ入れて、旨みがぼわっと広がっていく感覚に耳を澄ます。

うはあ~、こりゃ抜群だ。

コップのビールを空にして調理場のご主人のほうを見上げると、

「どうです?」

とその目が笑うかのようだ。

引き続きましてブリなんですが、この時期の、まだ、でかくなりすぎていないブリの、脂は濃いのにちっともベタベタしないうまさというものは他に代わるものなしです。余人をもって替えがたし、なんて言い方がありますけれども、この時期のブリってのは、まさにそんな感じでしょうか。

でもって、〆サバですが、若い人にならって言うならば、ヤバいです。借金取りに追い込みをかけられたという意味ではなくて、ものすごくうまい、ということ。

ガチでヤバい。

物書きの端くれとして、こういう言葉を使うことなかれと自ら戒めてきたはずですが、そうは言っても、ヤバい、のであります。

編集Hさんにもさっそくすすめる。

「おいおい、これは、ヤバいよ」

おもむろに箸をとりあげたHさん、〆サバを口に運んでいわく、

「サバ1本分、いただきたいですね」

そうよ、そうともよ。たまにはうまいことを言うじゃねえか。

■メインに備えてちゃんぽん酒

飲み疲れどころか、最初の一皿で、勢いがついてまいりました。ビールのお代わり。

そこへ出てきたのが、例のお茄子ですよ。舞茸の天ぷらが乗っているあんかけなんですが、この、あんが、たまらんのです。

野菜を酒のつまみにするのは簡単じゃないし、バリエーションも限られる気がしていたわけですけれども、こういう食べ方があるんですね。

魚を軽く揚げて煮浸しにするなんてのは格別ですけれども、この一品もまた、茄子と組み合わせた舞茸の衣が実にいい塩梅であんを吸う。それでいてサクサク感もちゃんと残っていて、茄子と重ね合わせて口へ運ぶと、茄子の歯ごたえと淡い香りが混ざり合って、シンプルなのに、なんとも贅沢な味わいをもたらすのです。

とまらなくなってきた。まだ夜も早いのだが、いいノリになってきている。いくらでも飲めるような気がするのも、こんなときだ。

ポテトサラダがやってきた。盛りはよく、縦長で、てっぺんにたっぷりのツナが乗っかっている。これは塔であるなと思っていると、ポテトサラダには目がない写真のSさんが箸を出す。

「ああ、これ、うまいです。ツナも缶詰じゃなくて自家製じゃないですか!?」

表現は地味ながら、なかなか感動しているのがわかる。

鴨肉はやはり、よく香ります。そして歯ごたえがいい。少しくらい香りの強い芋焼酎でも十分に太刀打ちできるし、私がこの日頼んだ焼酎は「三岳」だから、エグイほどの個性を主張する酒じゃない。バランスがいい。割り水でもお湯割りでも、なんでもうまい。

これをもらっておきながら、実は冷たい新規の赤星ラガーももらうのだ。このあたり、男3人で飲むからこそできる、絶妙なちゃんぽん酒である。

もう少し脂っ気の強いものをつまみに追加するならば、ウイスキーのハイボール、逆にあっさりめに戻すとするならきりっと辛い日本酒を追加しつつ、切り替えのための1杯にうまいラガービールを挟むという手もある。こういう言い方があるかどうか知らんけれども、“正統ちゃんぽん”であるような気がする。

なにはともあれ、要諦は、休み休み、ゆっくりと、酒肴をよく味わいつつ、巧みにちゃんぽんすることなのだ。

隣のテーブルの女性グループは鍋に突入している。忘年鍋飲み会なんだろうか。えらくうまそうなその鍋は、黒豚のしゃぶしゃぶである。おいおい、こっちもアレ、いこうよ。なんてことでチラチラ見ていたら、Hさんとの会話が始まって、取材をしている旨伝えると、

「ああ、またお客さんが増えちゃう」

とのひと言が返ってきた。なるほどなあ。これまで飲み喰いした数品を思い返すに、週に一度、せめてひとつきに一度くらいは、お疲れさんの席をここで設けたいと思う常連さんがたくさんいて然るべきだ。

私たちはちょっとした迷惑をおかけしているのかもしれない。と、思うのは一瞬で、こっちも豚シャブだ豚シャブだと心は逸る。

■本場を超えたスペシャリテ

鍋の指南をしてくださったのは、ご主人のお母さん、キミヨさんでありました。小柄で痩身、色白の津軽美人。息子のご主人いわく、

「いっときもじっとしていないし、風邪もひかない」

お母さん答えて曰く、

「横になったりしているの、好きじゃないんです」

美人の働き者というのはすばらしいですな。うん、美人の働き者というのは、まことに得難いもので……。何度も言うことじゃない。

この黒豚のしゃぶしゃぶ。正統な鹿児島スタイルですよ。黄金色に輝く鰹出汁で野菜と一緒にサッと煮て、特製の付けダレで食べる。胡麻でもポンズでもない。味わいはやさしく、いくらでも喰えそうな気がしてくる絶品です。

わたくしはこれを本場の鹿児島で経験しておりますが、うん、「なすび」のほうがうまい! おべっかを使うわけじゃない。正直ベースの話です。

スライスしたニンニクを最初に投入し、出汁にはニラの香りもしみて、黒豚の油も滲んで溶ける。ここに稲庭うどんを投入するもよし、玉子でとじた出汁をご飯にぶっかけるもよし、という。

最後の最後に、そういう必殺技を繰りだすのか。恐るべし「なすび」。

「この鍋、ソートーにうまいよな」

「ソートーヤバイです」

そんな会話をしながらHさんと私の頭の中では、うどんもぶっかけ飯も、両方いってしまいたいという思いが膨らみ始めているのだった。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

なすび

[住所] 東京都墨田区錦糸3-5-3 宮下ビル101

[TEL] 03-3622-3830

[URL] https://ja-jp.facebook.com/錦糸町居酒屋なすび-1405701402976085

[営業時間]

17:30~24:00(フードL.O.23:30)

定休日:日曜・祝日

瓶ビール中550円円、生ビール中500円、ハイボール400円、サワー類400円~、日本酒各種450円~、焼酎各種400円~
えびのみの揚800円(大)600円(中)、米茄子べっこうあんかけ800円、はすまんじゅう700円、刺身三点盛800円、自家製ポテトサラダ600円、鹿児島産黒豚しゃぶしゃぶ1290円(注文は2人前から)

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

もっと見る

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

もっと見る

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

もっと見る

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

もっと見る

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

もっと見る

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア