赤江珠緒の「一人ですけど、いいですか?」
神田まつや

公開日:2017/03/27 赤星★捜査ファイル#06

神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのはどうして? 近ごろ「女一人でちょいと一杯」にハマりはじめた赤江珠緒さんが、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探るべく、名酒場の暖簾をくぐる――。

■老舗そば屋、午後3時の賑わい

東京都心で記録的に早い初雪を観測した直後、寒さが一気に厳しくなった神田の街を散策する赤江団長。午後3時過ぎ、ちょっとひと休みして、小腹を満たしたい――。

そんな気分にうってつけなのが、昼も夜も通しで営業しているそば屋だろう。老舗の名店が点在する神田須田町をそぞろ歩き、団長は「神田まつや」の前で足を止めた。

近代的なビルのすき間に、そこだけタイムスリップしたかのような和の伝統建築が挟まれている。入口は左右に二つ。いや、右が「入口」、左が「出口」とある。団長は、右の扉から吸い込まれるように入っていく。

「いらっしゃいーー」

「いーー」のところにアクセントがくる独特の節回しが店内に静かに響く。テーブルが3列に並ぶ実に潔いレイアウトの空間。平日のこの時間だというのに、ほとんどテーブルが埋まっている。

赤江:いやー、賑わっておりますねー。そして、だいたいみなさん明るいうちからお酒を召し上がっていらっしゃる。これは居心地がよさそうです。では、早速まいりましょうか。

ほどなくお通しのそば味噌が到着。まずは手作りのそば味噌をひと舐め。そしてまたひと舐め……。甘めの味噌と香ばしいそばの実が調和した一品だ。

赤江:いけない、いけない、これだけで止まらなくなっちゃいます。おそばの前に少しお料理をいただきましょうか。

(お品書きを見て)ほほぅ、これぞ江戸のおそば屋さんといったおつまみがそろっております。おそばの前にちょいとひとつまみ、いわゆる“蕎麦前”としゃれこんでみましょう。

焼きのり、にしん棒煮、わさびかまぼこ、あ、これは板わさですね。お、このわさびゆばというのは、ゆばのお刺身でしょうね。では、わさびゆばと、焼鳥をお願いします!

生ゆばに本わさび、それをお醤油にちょこんとつけていただけば、とろりとしたゆばのコクとピリリ爽快なわさびがなんともいい具合だ。串打ちせずに大ぶりな切り身で炙られた焼鳥は、そば汁の味を決める「かえし」をベースにしたタレをたっぷりとまとっている。

赤江:ああ、幸せ。どちらも味わい深くて、とても潔い感じがします。お料理としてはとってもシンプルなんだけど、素材の一つひとつが吟味されていて素直においしい。昔ながらのおそば屋さんって、このなんともいえない安心感があるから好きなんだなあ、きっと。

■奇跡的に残った伝統的な和空間

「神田まつや」の建物は、関東大震災後に建てられた築90年以上を数える木造2階建てで、東京都の歴史的建造物に指定されている。

高い格子天井、大胆に松をかたどった大きな欄間など、すっきりした中にも高いデザイン性が盛り込まれた空間は、大正ロマンの空気を今に残している。小説家で美食家だった池波正太郎が通ったことでも知られ、時代が昭和から平成へと移っても、この独特の雰囲気と伝統の味は大切に守られてきた。6代目の小高孝之さんが店の歴史をひもとく。

「明治17年に福島家が創業し、その後2代を経て、関東大震災で焼け落ちた後、小高政吉が継承しました。当時はこのような建物が流行ったそうなんです。入口が二つあるのも、お客さんが出入りしやすいようにと、よくあった造りだそうで。須田町というこの辺り一角は近くにニコライ堂があったことや風向きの影響もあってか、奇跡的に空襲の難を逃れました。だから、今でも古い建物が数多く残っています。

昭和初期、多くのそば屋が手打ちから効率のよい機械打ちに移行しました。街のニーズに応えて中華料理やかき氷なども出すようになり、出前も当たり前のサービスとなっていった時代です。当店もそのような大衆食堂的な存在になっていきました」(小高さん)

赤江:はい。今もありますよね、古いおそば屋さんで、ラーメンやちょっとした洋食メニューもあるようなところ。神田まつやさんにもそういう時期があったんですか。意外です。

「ええ。そんな中で、もう一度そば屋としての立ち位置を確認しようとしたのが、私の父である5代目、小高登志です。父は神田籔蕎麦や上野蓮玉庵、神田錦町更科などの老舗で学び直し、その集大成として神田まつやの味をつくり上げました。そして昭和38年、機械打ちをすべて手打ちに切り替えて、神田まつやが考える『江戸そば』の味を守っていくことにしたんです」(小高さん)

赤江:お父様は大変なチャレンジャーです。それに、伝統的な江戸そばが見直される時代がくるという先見の明もあったんですね。

■変わらぬ味を守っていくために

「そばはとても繊細な料理で、単純に手打ちに替えたらおいしいかというと、そうではないんですよ。麺に合う汁を新たに作り上げなければいけません。材料をいいものに替えていこうとしても、鰹節を上質な本枯れ節に替えるなら、醤油もまた選び直す必要があるし、砂糖の種類や量の調整も必要です。

そんな調整のいたちごっこと格闘し、長い試行錯誤の末にようやく納得のいく味にたどり着くことができるんです。父が苦労してつくり上げた味を守っていく。それが私の役目だと思っています」(小高さん)

赤江:伝統を守る老舗でお話をうかがうと、いつも共通した意見をお聞きします。“変わらないためには、少しずつ変わっていかなければならない”と。

「まったくその通りです。“老舗”というのは“師に似せる”ことで受け継がれていきます。時代と共に私たちの味覚は変わっていますし、例えば醤油なんかは減塩されて、素材も変化しています。それでも、“変わらない味”と思っていただけるようにするには、師の味に似せながら、常に微妙な変化を加えていく工夫が不可欠なんです。

一方で、本当に変わらないものを選び続けることも大切だと思っています。ビールで言えば、多くの銘柄の味が変わっていく中で、サッポロの赤星だけは頑なに変わらない。このビールは出し続けていきたいと思っています」

赤江:おお! やっぱり人気ですか?

「赤星しか飲まないという筋金入りのファンが多いですね。わざわざ赤星を飲むためにいらっしゃる方もいますよ。そば味噌を舐めながら赤星を飲んで、そばを召し上がらずに帰っていく常連さんもいらっしゃいます。実は、内内では、敬意を込めてその方のことを“サッポロさん”と呼ばせていただいています」

■そば屋でしか味わえない贅沢な時間

変わらない味についての話に花が咲く中で、「実は、私自身も変化したんですよ。何だと思います?」と小高さん。

赤江:え!? 体重? 1年で18キロもやせた。急に何の話ですかっ(笑)。

「50歳になってから結婚前の体重に戻そうと一念発起しましてね。この1年、どこまでストイックになれるか試しているんです。週4回ジムに通って、さらに1年後には腹筋を割ってやろうかと(笑)。食事は1日1回そばを食べています。健康診断はオールクリアです」(小高さん)

赤江:ははは。いかにも真面目なそば職人という趣のご主人からのビックリ発言でした。でも健康は現代の重要なテーマですからね。自ら実践されているご主人はえらいッ! それにしても、そばの健康パワーおそるべしですね。それでは私もおそばで〆ましょう。今日は寒いから、温かいきつねにします。

熱々のそばを少し濃いめの汁と一緒にズズッとすすれば、かつお出汁とそばの香りが口の中にふわっと広がって、鼻に抜ける。〆のつもりが、これを肴にもう一杯、となってしまう人も多いのでは。

さて、おいしそうにそばを手繰る団長に「アナウンサーの方ですよね」と声をかけてきたのは隣のテーブル客。60代と思しき男性5人組だ。かつて同じ会社に勤めていた先輩後輩の関係で、2ヵ月に1回の頻度で、都内のそば屋をめぐって「昼から一杯」を愉しんでいるという。

赤江:実は、楽しそうにワイワイとやられている様子を、うらやましく横目で拝見しておりました。この時間に気の置けない仲間とそば屋に集まって呑む。最高の贅沢です。粋な遊びですね。

「そば屋って予約できないところが多いんですよ。5人だと混雑時には入りづらいから、あえて昼時をはずしてこの時間を選ぶようになったんです。でも、この中途半端な時間にやる一杯もまたオツですね。今日はおそばもおいしかったし、美人に会えたし、いい日になりました」(お客さん)

赤江:あら、ありがとうございます。時代が変わっても愛され続けるおそば屋さんでのひと時、堪能いたしました。

――ごちそうさまでした!

構成:渡辺 高
撮影:峯 竜也
ヘアメイク:野沢洋子

店舗情報

神田まつや

[住所] 東京都千代田区神田須田町1-13

[TEL] 03-3251-1556

[URL] http://www.kanda-matsuya.jp/

[営業時間]

11:00~20:00、土曜日・祝日11:00~19:00

定休日:日曜日

わさびかまぼこ650円、ゆばわさび650円、焼きのり450円、焼鳥800円、にしん棒煮800円、わさびいも650円、もりそば・かけそば650円、きつね750円、ごまそば800円、そばがき1050円、天もり2000円
サッポロラガービール大瓶700円、日本酒700円

【プロフィール】

赤江珠緒(あかえ・たまお)
フリーアナウンサー、司会者、ラジオパーソナリティ。1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学人間学部卒業後、朝日放送入社。07年3月よりフリー。現在は、TBSラジオの人気番組「たまむすび」でパーソナリティを務める。

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

もっと見る

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

もっと見る

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

もっと見る

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

もっと見る

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

もっと見る

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア