赤江珠緒の「一人ですけど、いいですか?」
浅草おでん 大多福

公開日:2016/10/14 赤星★捜査ファイル#04

浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのはどうして? 近ごろ「女一人でちょいと一杯」にハマりはじめた赤江珠緒さんが、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探るべく、名酒場の暖簾をくぐる――。

■カラダにしみわたる出汁のうまみ

一年中、国内外の観光客で賑わう浅草。その中心に広がる浅草寺の北側、言問通りを渡ると途端に街は趣を変える。落ち着いた住宅街に飲食店が点在するこの地域は、観音菩薩を本尊とする浅草寺の裏手に位置することから“観音裏”と呼ばれている。

厳しく長い残暑が嘘のように一気に肌寒くなった秋の夕方、観音裏を入谷方面にそぞろ歩き、赤江団長が狙いを定めたのはおでん。大正4年創業のおでん専門店「大多福」の暖簾をくぐった。

言問通り沿いに佇む「大多福」の玄関は、植栽が整えられた石畳の先にある。扉を開けると、そこにはほどよく照明が抑えられた木の空間が広がっている。カウンターに陣取る団長の目が輝いていた。

赤江:いやあ、これは、たまりませんねえ。お店に入った瞬間にお出汁のいい香りに包まれて、なんとも幸せな気分になります。完全に「おでんモード」のスイッチが入りました。それでは、早速いただきましょう。まずは、瓶ビールをお願いします!

よく冷えたサッポロラガービールが到着し、トクトクと手酌。そして、いただきます!

――ぷっはー!

口と喉が冷たく潤され、熱々のおでんとの臨戦態勢は整った。

赤江:私、玉子が大好きなので、それは最後にとっておくことにして……やっぱり大根ははずせませんよね。お豆腐もいっときましょうか。それと……練り物系なら……それは、つみれですか。あ、いいですね、つみれも食べたい!

ふわりと湯気をあげるアツアツのおでん。まずは豆腐を一片口に入れるや、団長の目はさらに輝きを増した。

赤江:この、よーくお出汁がしみ込んだ、お豆腐が口の中でほろほろ崩れてまた、お出汁がカラダにしみわたっていく感じが幸せ! カラダが喜んでいるのがわかります(笑)。

本当にほっとできる“日本のうまみ”という印象です。海外旅行から帰ったら絶対に食べたくなる味ですね。

「ええ、そうおっしゃるお客様は多くて、実際に成田に着いたその足で来られるお客様もいらっしゃいますよ」

そう話すのは、「大多福」四代目店主の長男である舩大工栄さん。身長185cmの偉丈夫だが、語り口は温和かつリズミカルできっぷがいい。

同店のおでんは昆布と鰹節でとった出汁に白醤油がベースの味付け。そのつゆをつぎ足しながら、沸かさないように気をつけながら1日12時間ほど煮込む。30数種類あるおでん種一つひとつが味を出し合って、特有のやわらかい味わいを生み出している。

赤江:それでシンプルなようでいて、とても奥行のある味になるんですね。本当においしい。おでんは、おでん種たちのチームワークの料理なんですね。

「実はこのチームから退場させたいヤツがふたりいるんです。こんにゃく、そして、しらたき」

赤江:えっ!? どうしてですか?

「こんにゃくとしらたきは自分ではなんの味も出さずに、ほかの種の味を吸うばっかりなんですよ。なのに灰汁だけはいっぱい出すからタチが悪い。それから、大根もおでん屋泣かせですね。味をしみ込ませるのに手間がかかって煮崩れしやすい。それにやっぱり灰汁を出す」

赤江:はははは。私のベスト3、玉子、こんにゃく、大根はどれもチームワークには向いていないかも。作り手ならではご苦労があるんですね。

■大阪から東京へ。戦災を乗り越えた伝統の味

赤江:ところで、舩大工さんというお名前はめずらしいですよね。やっぱりご先祖は舩大工のお仕事をされていたんですか?

「ええ。大阪で代々舩大工をしていたそうなんですが、明治に入って船が木から鉄で作られるようになると大工の仕事が先細りしましてね、鞍替えしようと法善寺の境内でおでん屋を始めました。それが繁盛しまして、しばらくしたところで、うちの直系の先祖が好景気に沸く東京で一旗揚げようと暖簾を分けてもらったそうです。それが大正4年のことです」

赤江:ほほう、ルーツは大阪。意外です。もう創業100年を超えるわけですよね、この地で関東大震災も戦争の空襲も乗り越えてきたと。

「残念ながら建物は関東大震災と東京大空襲で2度焼けてしまいました。戦前は座敷をメインにしたもっと大きな店だったようなんですが、戦後の混乱でだいぶ土地が狭くなりましてね、カウンター席だけからの再出発でした。

以前は入口もふたつあったそうです。職人さんたちが調理場兼用のカウンターで一杯やるための入口と、雇い主の旦那衆が芸者さんを上げて宴会をする座敷に続く入口と。互いに顔を合わせて気まずい思いをしないように、そういう造りになっていたんですね。

ご覧のとおり、今の建物はなんとも複雑な構造になっているのですが、それも戦後、一からコツコツお金を貯めては、都度つど増改築を繰り返してきたからなんです」

赤江:床がでこぼこしていておもしろいですね。入口から奥へ進むと、上り坂になっているような気がしました。

「はい、実は言問通りから店の奥までは80cmも高くなっているんです。この辺りが空襲で焼け野原になった際、まずとにかく道路を復旧させないと始まりませんから、道路を塞ぐがれきを、とりあえず建物が焼け落ちた敷地に運び入れたわけです。

その後、さあ建物を建てようとなるんですが、敷地はがれきでこんもりとなってしまっている。でも、他に持っていくところもありませんから、そのままがれきの上に建てるしかない。だからこの辺の古い家の中にはけっこう段差や坂があるんですよ」

赤江:へえ、まさかそんな理由だったとは。建物に歴史ありですねえ。

■花街の古き良き時代に思いをはせて

おでん皿からおつゆをひと口。ビールをゴクリとやって、団長はいい笑顔に。

赤江:ん~、おつゆだけでも、これを肴に吞めちゃうかも。それにしても、おでん以外にもメニューが豊富ですね。お造りから肉と魚の焼き物、揚げ物、なんでもあって目移りしちゃいます。

「戦前は、花柳界が近かったので、料理屋という位置付けでしたから、お座敷遊びをしながら召し上がっていただくような、おでん以外の料理が中心だったんです。それが戦後、店の造りが変わるのと共に、おでんを全面に出すような形にシフトしてきたというわけです」

赤江:そうだったんですか。どうりで。花柳界はいつまでも残ってほしい日本の文化ですが、どこの花街も芸者さんが少なくなっていると聞きます。浅草はいかがですか?

「やはり時代の流れでしょうか、だいぶ少なくなりましたね。遊びとしてはなかなかお金がかかるものですから、経営者たちがお金を自由に遣いづらくなってきたという事情もあるでしょうし、お金があってもきれいに遣える粋な方が少なくなってきているのではないでしょうか」

赤江:このカウンターでお仕事をされていると、花街ならではのおもしろい話もお聴きになるんじゃないですか。

「ええ、そりゃもうたくさん。浅草では有名な伝説がありましてね」と舩大工さんは話し始める。

昭和40年代後半のこと。ある座敷一面に、なんと木綿豆腐が敷き詰められた。魚を入れる“びく”に筒状にした千円札が何十本も入れたものがいくつも用意され、客である旦那、そして芸者や幇間らは各自そのびくを腰に着ける。三味線や歌を担当する地方(じかた)の音楽に合わせて始められたのは……。

「なんだと思います? 田植えです」

赤江:ええっ! た、田植え? 豆腐の上に千円札を植えていくんですか?

「はい。千円札を苗に見立てまして。そのお金はみんなご祝儀になるというとんでもない遊びなわけですが、話の肝はここから。田植えを終えて、別室で料理を楽しんでいる間に、豆腐とお札の田んぼは何事もなかったようにきれいに片付いている。

つまり、事前に畳も畳職人も、それから関係する人の着物から何から用意していて、誰にも一切の迷惑をかけないように段取りしていたんです。派手に遊ぶならそういう配慮も忘れてはいけないというエピソードでして、こういった話は浅草にはゴロゴロあるんですよ」

赤江:豪快な遊びは繊細な気配りによってなされる。なんとも深いお話ですねえ。さすがに今は、「豆腐はスタッフがおいしくいただきました」というところまで配慮しないとコンプライアンス的に問題だから、ちょっとマネはできないかな(笑)

おいしいおでんとまるで落語のような楽しいお話。いい浅草の夜になりました。

――ごちそうさまでした!

構成:渡辺 高
撮影:峯 竜也
ヘアメイク:高本奈穂子

店舗情報

浅草おでん 大多福

[住所] 東京都台東区千束1-6-2

[TEL] 03-3871-2521

[URL] http://www.otafuku.ne.jp/

[営業時間]

3月~10月/17:00~23:00(LO22:20)、日曜日・祝日17:00~22:00(LO21:20)
11月~2月/17:00~23:00(LO22:20)、日曜日・祝日12:00~14:00(LO13:20)、16:00~22:00(LO21:20)

定休日:3月~10月/月曜日
11月~2月/無休(年末年始を除く)

サッポロラガー大瓶750円、日本酒600円~、焼酎ボトル各種5800円、ワインハーフボトル2700円~
おでん各種110円~、鮪ぬた1100円、鯵南蛮漬け850円、とり焼き850円、牛すじ煮込み900円、山かけ1200円、白飯・茶飯(新香・赤だし付き)680円

【プロフィール】

赤江珠緒(あかえ・たまお)

フリーアナウンサー、司会者、ラジオパーソナリティ。1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学人間学部卒業後、朝日放送入社。07年3月よりフリー。現在は、TBSラジオの人気番組「たまむすび」でパーソナリティを務める。このたび「赤星★探偵団」初代団長に就任。

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア