赤江珠緒の「一人ですけど、いいですか?」
鯉とうなぎのまるます家 総本店

公開日:2016/08/22 赤星★捜査ファイル#02

赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのはどうして? 近ごろ「女一人でちょいと一杯」にハマりはじめた赤江珠緒さんが、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探るべく、名酒場の暖簾をくぐる――。

■午前9時開店という悦楽

清野とおる氏のエッセイ漫画が口火となり、近年にわかに脚光を浴びる東京都北区赤羽。粒ぞろいの庶民派居酒屋を目当てに、わざわざ遠方から通う人も少なくない、呑兵衛には注目のエリアだ。

「鯉とうなぎのまるます家 総本店」は、その名のとおり川魚が名物の居酒屋で、開店はなんと午前9時。赤江団長も“朝から一杯”を楽しもうとオープンと同時に乗り込んだ。

土日は開店前から行列ができるそうだが、平日で、しかも朝から雨天のこの日はスムーズに入店できた。コの字型カウンターが連結した珍しい「Wコの字」の一角に、腰を落ち着けた団長。すでに4、5人の一人客が幸せそうに飲んでいる。

赤江: 瓶ビールと、それから……うなぎのかば焼きをお願いします。

「はい。かば焼きいちま~い」と、女性スタッフがキビキビと動く様が気持ちいい。「ビールお待たせしました」

サッポロラガービールをトクトクと手酌。そして、いただきます!

――ぷっはー!

日の高いうちどころか、日が昇り切らないうちからのビールは格別だ。ほかの客と同じ空間を共有するような絶妙な距離感のカウンターも心地よく、初めての店なのに不思議と気分が安らぐ。

「ラジオ、いつも聴いてますよ」と隣客。「私、大阪出身なんで、朝日放送の局アナ時代から観てました」

赤江: ありがとうございます! 大阪なんですか。いかにもお江戸の居酒屋さんという感じのお店で、飲む姿がすっかり板についていらっしゃるので、てっきり地元の方かと思いました。よく来られるんですか?

「ええ、まあ、週3、4回ですかね」

赤江: ええっ!? ほぼ毎日(笑)。 いつもこの時間ですか?

「そうですね。たまに娘とふたりでも来ます。娘は28歳なんですが、ファッションがお姉系なんで、周りから不倫カップルだと思われてるかも(笑)」

赤江: はははは。いやー、お嬢様とふたりでコの字カウンターで一杯なんて、ステキじゃないですか。

■夜勤明けの人々を温かく迎える憩いの場

たまたま隣り合った縁を大切に、団長と隣客との話は弾む。

「この近くに工場があるメーカーに勤めていましてね、夜勤明けに寄るんですよ。仕事を終えて、一旦家でシャワーを浴びて、それから。世間的には朝ごはんの時間だけど、私にとっては晩酌です。

お店の方にも顔と注文の好みを覚えてもらえて、いつのころからか私が席に着くと、勝手にサッポロラガービールが出てくるようになりました。お刺身と 日替わりの一品料理で軽く飲んで、うなぎで締めるのがいつものパターン。今日は今シーズン初の水ナスがメニューに上がりました。おひとついかがですか?」

赤江: わー、すみません。それでは遠慮なく……ん、おいしい。先輩、ありがとうございます! まるます家さんで季節を感じていらっしゃるんですね。朝から飲めるこの店は、先輩のような夜勤明けの方には重宝されているんでしょうね。

「この辺りは軍需工場が多かったところで、戦前から24時間稼働している工場がたくさんあるんです。赤羽には朝から営業している飲み屋がほかにも何軒かあるんですが、夜勤明けの人のニーズに応えてきたという面もあるようですよ」

町の歴史の一端に触れているところへ、うなぎのかば焼きが到着。タレの甘辛い香りが食欲をそそる。ふんわり香ばしく焼き上げられたかば焼きをほおばり、冷たいビールをグビリ。

赤江: この時間にうなぎを食べたの初めて! しかもビールと一緒に。幸せ~。でも、このご時世に、国産うなぎがこのサイズで2300円とは。1500円のうな丼もしっかりうなぎがのっていて破格ですね。

さっき店頭で「いつもタクシーで買いに来るのよー」とうなぎ弁当を買っていかれた方がいましたけど、交通費が多少かかっても確かにわざわざ買いに来る価値はありますね。

■鯉の美味さに目からウロコ

うなぎのかば焼きを運んできてくれたのは、店主の長女である松島和子さん。まるます家は松島さんの祖父・増次さんが創業し、家族や親戚を中心としたスタッフで切り盛りしながら今日に至っている。

松島さんが店の成り立ちについて教えてくれた。

「創業は昭和25年。祖父は、当時はまだ高級品だった自転車を預かる商売をしていました。祖父は大のお酒好きで、ひまさえあればあちこち飲み歩いていました。そんな旦那を心配した祖母が、自分たちで飲み屋を経営してしまえば外に出かけなくなると考えて、朝から飲める店をやろうと提案したそうです。

ただ、飲み屋といっても食べ物もおいしくなければいけないと、当初から料理には力を入れたといいます。ここは隅田川や荒川が近く、川魚料理の文化がある地域で、近所にはうなぎの老舗もあります。うなぎを出したい、でも既存のうなぎ屋さんの手前、どうしたものか……。

 

祖父が悩んでいると、祖母は『大阪を見てみなさいよ。同じ通りにお好み焼き屋が何軒もあるじゃないの』といって共存共栄の道を後押ししたそうです。祖父は時代を見る目に長けていて、祖母は商才に長けていました。そんな二人が助け合いながら、お客さんが求めるものをできるだけ安く提供することに腐心してきました。

そして、33年前にその精神を受け継いだ私の両親、現社長夫妻の努力によって徐々にメニューも増えていき、より多くのお客様に来ていただけるお店に発展していきました。祖父は店を始めても、結局、外でばかり飲んでいたそうですけどね(笑)」(松島さん)

赤江: へー、店に歴史ありですね。それにしても、朝9時から夜までの営業は大変ですよね。仕込みはいつやるんですか?

「早朝から始めて、営業中もお客さんへ出す料理と平行して仕込みを続けます。鯉は生きているものをその日に使う分だけ捌きます」と松島さんが話すと、「鯉もここの名物ですよ、せっかくですから召し上がってみてはどうですか」と隣客。

「ええ、そうですね」と珍しく目が泳ぐ団長……。

じつは、食べられるものは何でも、虫だっていけるという団長が唯一苦手とするのが、鯉である。泥臭くクセのある風味がトラウマになっているという。しかし、ここはオトナの対応を見せ、鯉のあらいを注文。意を決して切り身を口に運ぶ……。

赤江: ……ん、あれ? ぜんぜん大丈夫だ、あれ? というか、おいしい! おいしいです!

「うちの鯉は赤城山の麓の水がきれいなところで育ったものを生け簀に置いておきます。泥もしっかりはかせているので臭みはありませんよ」(松島さん)

赤江: 鯉って本当はおいしいお魚だったんですね。おかげさまで、苦手な食べ物が完全になくなりました!

■「心は清らかであれ」の商売魂

赤江: ところで、まるます家という店名の由来は何ですか?

「創業者の祖父が増次という自分の名前からとって“ます家”としようとしたそうなんですね。だけど、“ます”は“枡”だから角が立ってよろしくない。それで“丸”で囲んで“丸枡家”としたという話です」(松島さん)

赤江: 先代の想いは今に通じていますよ。いかにも昔ながらの酒場という、どこか凛とした空気が漂いつつも、アットホームな雰囲気も感じられます。このカウンターなら女性ひとりでも寛げます。給仕する方が女性というのも、角を取るのに役立っているんじゃないですか。

「祖父はそこにもこだわりがあったようです。酒を売るのは女性の方がお客さんは気持ちよく飲めると。ただ、身だしなみには人一倍うるさかったです。 化粧は控えめに、パーマはご法度で髪はすっきり束ねなさい、清潔感のある服装をと。朝から酒を売っても心は清らかであれ、 といった信念があったんだと思います。

それに、だらしない酔客には厳しかったですよ。今でも“二軒目としての来店はお断り”“お酒は三杯まで”とさせていただいています。赤羽ブームで土 日は一見さんが多いですが、平日は常連さんがメインですね。節度をもってきれいにお酒を飲む常連さんの存在によって、まるます家の独特の雰囲気をつくって もらっています」(松島さん)

赤江: 幸せそうなお客さんの顔を見ながら、そして女性スタッフの方に見守ってもらいながら、おいしい肴でキュッと一杯。しかも、朝から飲めてお財布にもやさしいときたら、ここはもう天国です。

――ごちそうさまでした!

構成:渡辺 高
撮影:峯 竜也
ヘアメイク:野沢洋子

店舗情報

鯉とうなぎのまるます家 総本店

[住所] 東京都北区赤羽1-17-7

[TEL] 03-3901-1405

[URL] http://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003778/

[営業時間]

9:00~21:30

定休日:月曜日

鯉あらい400円、マグロ赤身刺800円、ナマズから揚げ600円、メンチかつ650円、うな丼1500円。
サッポロラガー大瓶600円、チューハイ400円~、日本酒350円~

【プロフィール】

赤江珠緒(あかえ・たまお)

フリーアナウンサー、司会者、ラジオパーソナリティ。1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学人間学部卒業後、朝日放送入社。07年3月よりフリー。現在は、TBSラジオの人気番組「たまむすび」でパーソナリティを務める。このたび「赤星★探偵団」初代団長に就任。

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

もっと見る

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

もっと見る

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

もっと見る

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

もっと見る

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア