私たち「赤星★探偵団」が、
あしで稼いだ“おいしい情報”を発信します

赤星

赤星が飲める
お店を探す

アニ散歩 File No.15

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

「まるや 恵比寿横丁店」

公開日:

最近ネイビーのニットばかり着ている。その中でもこのガンジーセーターは、イギリスとフランスの間にあるガンジー諸島で生まれた、正に海で働く男のニットだ。つい北島三郎先生の「北の漁場」を口ずさんでしまう。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

そんな男くさいニットで向かったのは恵比寿横丁だ。ここは元々、山下ショッピングセンターという昭和な市場の跡地に再開発として2008年にオープンした。ザックリ言うと、横丁のテーマパークといった感じ。こういった昭和遺産の再開発は素晴らしいことだ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

大衆酒場が昭和な横丁のように所狭しと並んでいる。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

アニ散歩ではリアル昭和なDEEPスポットの紹介が多いが、ここは大衆酒場ビギナーや女子飲みの方にも入りやすいのでおすすめだ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

どの店で飲むか迷ってはいけない。俺は「まるや」と決めている。恵比寿駅側の大通り側の入り口から入ってすぐ右側だ。しっくりくるカウンターでいつもの「赤星」を注ぐ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

美味すぎる。やはり「赤星」は横丁が似合う。なぜカウンターがいいかと言うと、後ろにある入り口がポイントだ。ここ恵比寿横丁は、意外と女子だけのお客が多い。

つまり入り口から入ってくる女子は必ずここを通過するのだ。俺は一人呑みなのでナンパはしないが、ボーイ・ミーツ・ガール的な出会いの場でもある。

「恋をとめないで~♪」

そう男子よ。恋をとめてはいけないのだ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

なんか楽しい出会いの横丁気分になってきたが、「まるや」のおすすめは何といっても名物のやきとん。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

「まるや」は味噌ダレのやきとんの元祖と言われる野方の名店「秋元屋」で修業された方が独立してはじめた店なのだ。あの味が恵比寿で味わえるなんて、かなり嬉しい。

「秋元屋」の詳しい話は赤星★探偵団の俺が尊敬する大竹聡さん連載の第1回を。

https://www.akaboshi-tanteidan.com/gendaibusiness/marathon/marathon-no1/

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

右から、かしらあぶら・はらみ・レバの味噌だれ。一番左は塩味の肉巻生姜。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

強烈に美味すぎる。絶妙な味噌ダレとジューシーなモツの濃厚なファンタジーだ。生姜を豚バラ肉で巻いた肉巻生姜もヤバい。

気絶&気絶&気絶&気絶な「アニキ4本セット」と注文してくれ。悶絶すること間違いなし!

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

目の前にある煮込みも食べたい。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

こいつも美味い。やさしい味でモツがめちゃくちゃ柔らかく、こりゃあ「赤星」がすすむ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ついついビートたけしの「浅草キッド」を口ずさんでしまう。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

偶然となりに座ったスウェーデンの方と乾杯。恵比寿ということもあり外国の方も多い。つたない英語で日本の大衆酒場やホッピーを説明し、スマホで「アニ散歩」を見せると「クール!!」と嬉しいリアクション。ちょっと気分が良くなってきたぞ。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

横丁セッションもここの楽しさ。パリなかやまさんは流しとして主に恵比寿横丁で活動している。流しとはギター片手に酒場などで歌を歌いチップをもらう古き良き昭和文化だ。

歌をリクエストするもよし、生ギターカラオケで自分が歌うもよし。俺はエアギターでパリなかやまさんといつもの『時代おくれ』を熱唱した。

パリなかやまさんの情報はこちら
http://www.pari-nakayama.com/

運が良ければここで流しを楽しんでくれ。酒と歌と横丁は国境を超えると思い、俺は恵比寿のいつものスナックへと店を出た。

ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ル トリコチュールのガンジーセーター。今もハンドメイドで作られていて、着込むほどに目が詰まり体に馴染んでくる。独特な英国ニットのゴワゴワ感は働く男の伝統と魂を感じさせる。


Text:Eiji Katano
Photo:Kou Maizawa

この記事シェアする

『ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん』 についてみんなで語ろう!

  • まだ投稿がありません。

あと140文字

赤星 赤星が飲めるお店を探す 登録数