大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
酒屋の酒場

公開日:2019/01/10 < 第43給水ポイント >

北千住で目の当たりにする大衆酒場のあるべき姿

隅田川を渡って南千住から北千住へ入ると、街の空気が少し変わった気がします。日光街道の最初の宿場として栄えた街だからか、それとも、千住の魚河岸と呼ばれる中央卸売市場があるからか。どこか、すかっとした、明るい雰囲気に包まれるような気がするのです。

駅前から旧日光街道沿いにかけては、老舗の酒場も多く、一度の訪問で、目当ての何軒かを回り切るのが困難なほどに、酒場好きにとって充実した街です。今回、向かう店は、旧日光街道を渡り、新しい日光街道も渡った、その先にあるという。私にとっては、初めてのエリアになります。

北千住は、乗り入れる鉄道の本数も多く、また、都心にきわめて近いことから人気が高い。そのため、駅周辺はちょっとしたビッグタウンだ。けれど、ほんの少し駅を離れていくと、すぐに住宅街に入る。道を一本入ると、細い路地になっていたり、通り沿いにも古い商店が昔のままの風情で、残っていたりする。

たとえば加藤煎豆店さん。シブい構えで、通りかかるなり、吸い寄せられた。落花生、甘納豆、塩豆などが、木枠のガラスのケースや、楕円球のガラス瓶に入っている。煎餅屋とか駄菓子屋、あるいは、小さな和菓子屋、そして、こうした豆なら豆を専門とするような小さな商店が、少し前までは東京のいたるところに残っていたような気がします。

お豆腐屋さんとかね。たいていはご家族経営で、行きつけになると、たまに、ちょっとおまけをしてくれたりする。鮮魚店も精肉店も、酒屋さんも、みんな昔は、小さな個人商店で、だからこそ、その店なりの癖というか、まあ、個性といいましょうか、そういうものが前面に出ていたものです。

こういうことを書くと、涙目で昔を思い返す懐旧オジサンだと思われるかもしれませんが、いいんです。むしろ居直って、昔へ逆行してやろうかと考えているくらいのものですから、私はやはり、ここで、薄皮つきのピーナッツを二袋、求めることにしたのです。

■まさに筋金入り

さて、10分ほど歩いて目当ての居酒屋につきました。店名は「酒屋の酒場」。藍に白抜きの暖簾がきれいですよ。

常連さんの迷惑にならないよう、この日は特別に早く入れてもらいました。奥に長い店内の、左側はカウンターで、右側はテーブル席です。カウンターに席をとり、さっそく注文をする。

「赤星をください」

「はい、赤星。うちは、店を始めた60年以上前から、ビールは赤星なんですよ」

2代目の大将、川岸浩哲さんがそう言う。

先代が故郷の栃木から千住へやってきて、親戚の酒屋さんにお勤めになり、酒屋から分離する形で飲み屋を始めたのが昭和30年代前半のこと。現在の大将は、38年の生まれというから、物心ついたときには、すでに酒場の子、だったわけですな。

「子供のころは、店が遊び場でした。4歳くらいのときにはもう、お客さん相手に話をしたり、お客さんに遊んでもらったりしてましたね」

物心ついたときの記憶が飲み屋の光景というのは、まさに英才教育ですな。私も7歳くらいのときには屋台のもつ焼きを親父や兄貴と楽しんだものですが、川岸さんはやはり、筋金入りという感じがいたします。当然、大人に混じって仕事もするわけです。

「小学校の2,3年生のころからは、お運びもしていましたよ。煮込みとか、炭酸とか。5,6年になると焼き物を手伝い始めて、中学に上がったときには揚げ物も(笑)」

まさに、筋金入りなんですな。

壁の品書きに目をやれば、実に魅力的な品々が夕方の飲兵衛の気を引きますよ。

刺身だけでもすごいよ。カンパチ、特上マグロ、アジ、シマアジ、ヤリイカ、タコ、北海タコ、ツブ貝、赤貝、ホタテに〆サバ。ほかにも、牛モツ煮込み、白子おろし和え、ナメタガレイの煮つけにサバ塩焼きにホッケ、アナゴの白焼きと、まさに、目移りする品ぞろえである。

これだけの品数があれば、週に2度3度と足を運んだって飽きない。これぞ、みんなの人気を集める大衆酒場のあるべき姿なのでありましょう。

■「昔はみんなよく飲んだんだ」

最初の1品はマグロの刺身。

居酒屋のつまみの中で、マグロというのは常に、幅を利かせているような気がいたしますが、こちらのマグロは見た目も美しい。暖簾に大衆酒場と書いてある店で、こういういいネタが出るのがうれしい。

こちらの先代はこの店を始める前、近所の千住の市場に通って魚のことを勉強したということです。そういう経験があるからこそ、人のつながりと、魚を見る目ができてくるのかもしれない。

生意気にそんなことを思ううち、仕込みを終えてひと息ついていた先代の川岸道二さんが調理場に立って、今度は、マツカワガレイの刺身を切ってくださった。

「マツカワはね、昔は本当に高価で、うちでは扱えないブランド品だったんですよ」

今も決してお安くはないカレイの王様ですが、さすがに、うまいですな。私のように、ただ飲むばかりが取り柄の男にはもったいないくらいで、脂ものり、引き締まり、歯ごたえもあって上品だ。

今年で83歳になる先代は、ニット帽をかぶり、包丁を使う傍らで、昔の話も聞かせてくださいました。

「サッポロさんとはね、ニッポンビールのときからなんだ。よく売ったんだ。25リットルの樽を、ひと晩で6つも売ったんだから。近くの肉屋に頼んで冷蔵庫を貸してもらって、そこで冷やしていた。瓶になってからも売れましたね。倅が生まれた日なんかは、ひと晩で大瓶160本だったかな(笑)」

ビールは腹が張るから、中瓶1本くらいでいいや……。そんなこと言う人が少なくありませんが、今、父親の世代を思い返すと、昔の大人というものは、大瓶のビールを何本も飲むようなことがあったような気もします。そんな話を先代に向けてみたら、にやりとされた。

「そうだよ。みんなよく飲んだんだ。ひとりで大瓶5本くらい、平気で飲んだ」

なんだか、うれしいような話じゃありませんか。ひとり大瓶5本……。ねえ、これは相当に、景気がいいってものですよ。

マツカワガレイの味の良さは、ビールはもちろん、日本酒にもぴったりだろうし、この時期、燗酒をじっくり飲む、というのも捨てがたい。一方で、レモンサワーなどに切り替える方向で考えるなら、ここいらで揚げ物もいいのではないか。

分厚い玉子焼きに手を出しながらそんなことを思いつつ、また品書きを眺めると、アジフライとある。ここは迷わず注文しておくことにいたします。

■早い時刻の酒の楽しみ

ときに、午後5時の開店以降、実は猛烈なスピードで、この店は賑わい始めたのです。

というのも、5時の時点で、店の外に数人のお客さんの姿があり、5時5分には、我々を含めて4人のグループが3組入店。カウンターにひとり客の姿もあったから、驚くではありませんか。

それほどまでに、この店で飲むことを楽しみにしている常連さんが多いということでしょう。なにしろ、駅からは少しだけ離れていて、ぶらりと歩いていて、ふと暖簾をくぐる、ということは、そうそう頻繁に起こるわけでもないだろうと察しがつくからです。

しかしながら、そういう立地で、この店はすでに60年を超える歴史を誇り、今なお、早い時刻からお客さんを吸い寄せているわけですから、それはもう、店の底力のなせる業、としか言いようがないのかもしれません。

アジフライをかじる。パリパリと、心地よく衣が崩れ、ふわりとしたアジの身が口中に広がる。これも、格別だ。

ビールをもう1本。手際よく供される赤星の瓶を握ると、その冷たさがまた心地いい。

大瓶からコップへ注いで飲むスタイルは、海外ではとんとお見掛けしませんから日本独自のこのかもしれませんが、注いでは飲み、飲んでは注ぐ、このテンポというものは小気味のいいものでして、ひょっとしたら偉大な発明なのではないか、という気もしてきます。

さてさて、忘れてはならないのは〆サバです。ほどよい塩加減が酢の甘味を引き出すようで、身の鮮度ともあいまって、絶妙な味わいになっている。

ここで、先代から勧められた、カジキマグロのねぎま汁が出た。

啜ってすぐに、ああ、うまいねえ、と皆が声をそろえる逸品。言葉は甚だ抽象的になりますが、沁みわたるうまさだ。

さて、これを中締めとするか、ひとまずの箸休めとしてネジを巻きなおすか。

おいしいお汁をいただくと、その後の酒はよりうまくなるものですから、ここはちょっと迷いどころだけれども、ひとまずあともう1本いただいておこうか、という暫定的な結論が即座に出るのもまた、早い時刻の酒の楽しみなのかもしれません。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

酒屋の酒場

[住所] 東京都足立区千住中居町27-17

[TEL] 03-3882-2970

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1324/A132402/13012264/

[営業時間]

17:00~22:30

定休日:水曜日・日曜日

サッポロラガー大瓶560円、日本酒260円~、焼酎310円~、酎ハイ・サワー類380円~、ホッピーセット430円
松皮カレイさしみ1000円、特上マグロさしみ800円、シメサバ(大)650円(小)450円、サバ塩焼350円、アジフライ380円、牛モツ煮込380円、大根煮300円、マカロニサラダ250円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『最高の日本酒 関東厳選ちどりあし酒蔵めぐり』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.43

  
北千住で目の当たりにする大衆酒場のあるべき姿

100軒マラソン

File No.42

  
有楽町で「この店」を知らずにきた痛恨事

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

もっと見る

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

もっと見る

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

団長が行く

File No.23

  
新御徒町「てんぷら 下村」意識も遠のく美味が、ある。

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.22

  
神田小川町「ポンチ軒」の厚切りとんかつに赤星を

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.43

  
三軒茶屋のDEEP気絶な屋台呑みとは?

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

もっと見る

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

もっと見る

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

もっと見る

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

もっと見る

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

もっと見る

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

もっと見る

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

もっと見る

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア