大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
大衆酒場 やかん

公開日:2018/07/04 < 第38給水ポイント >

東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

東急沿線にほとんど縁のない半世紀を過ごしてきたことは、このシリーズでも何回か触れたかと思います。新玉川線も東横線も知らずに育ったようなものですから、池上線や大井町線となると、さっぱりわからない。

ところが、今回、訪ねることになったのは、その大井町線沿線の1軒なのです。

「大岡山に、やかん、という名前の、いい酒場があります。そこは、瓶ビールが赤星ですから、こんどぜひ行ってみてください」

私は、この方を信用しておりますから、迷うことはないと、心に決めて、当企画の編集Hさんにもお知らせし、情報をいただいてから3月も経たぬ6月某日、めでたくお邪魔することになりました。

■酒とつまみも男女の仲も…

改札を出て右手、なんとも平和な空気が漂う大岡山北口商店街をぶらぶら歩いて10分弱。目指すお店が見えてきます。

時刻は夕刻。暖簾を出すか出さないか、というタイミングでお邪魔をすると、開店ぎりぎりまで仕込みを続けている模様です。聞けば、しゅーまいとチャーシューの調理中とのこと。

「チャーシューも毎日お店で手作りしているんですよ。ブロックの豚肉を自家製のタレに漬け込み、表面に軽く焦げ目をつけてから、あとは遠火でじっくり焼き上げます」

店の若手がそう説明してくれる。すると、それまで黙ってしゅーまいの餡をこねていたご主人が、にっこり笑って、

「まだ1時間はかかりますよ。焼き立てを召し上がっていただくため、と言えば聞こえはいいですが、まあ、仕事が遅いだけです」

一見して強面だなあ、と思ったのですが、印象とは裏腹に、気さくな感じがする人です。

店は、カウンターと、奥のテーブル席があり、厨房が広い。そこそこに年季の入った店かと思って聞いたら、開店からまだ2年とのことです。

新しいのに、ちょっとした風格があるのは、ご主人のお人柄ということなのでしょうが、居心地のいい店であることは、すぐに理解できた。

さっそく赤星を、頼みます。つまみには、砂肝のスタミナ漬けをお願いする。

ひと口、食べてみて、ははあ、なるほど、と納得がいく。ニンニクが効いているというよりは、しょうゆ、酢、胡麻などといい感じのバランス(勘で言ってますから適当な感想と思ってください)で、全体、びりびりくるのではなく、むしろ穏やかで、それでいて、スタミナ漬けの名にふさわしいパンチがあるんですな。

豚肉を、ゴマ、ニンニク、ショウガを入れたしょう油ダレに漬け込んでおいてからカリッと焼くしょうが焼きは、私の若い頃からの好物でしたが、あの、どぎつい味から多摩の田舎っぽさを抜き去ると、こんな感じになるのかな、などと愚にもつかぬことを考えている。

それはともかくとして、この季節、爽快なニンニク風味は最初の1品としては最適で、もちろんのことだが、1本目の、さらには1杯目のビールにぴったりと寄り添う。

男女の仲なども究極は相性なんだよな、と、再び愚にもつかぬことが頭をよぎるのは、いよいよ酒毒が脳天に回った証拠か。

■試行錯誤の末に辿り着いた「あの味」

「蒸し手羽とか、煮込み、チャーシュー、ハムカツなんかが人気ですね」

店の兄さんのお勧めにしたがい、冷静蒸し手羽を追加する。

これが、抜群なんですよ。

一見して、変哲もない蒸した手羽なんですが、あっさり塩味で、身もしっとりとして柔らかく、なんとも、うまい。

ご主人いわく、

「武蔵小山商店街の味なんですよ。昔、珍宝という小さな中華屋さんがありまして、そこの名物だったんです。私らが子供のころは、これをお袋が買っておいてくれて、いつも冷蔵庫に入っている。学校から帰って腹が減ったと言うと、手羽でも食べてなさい!って。もう、貪り喰ってね。骨までしゃぶってましたよ」

武蔵小山の子供たちのおやつであり、晩のおかずでもあっただろう冷製蒸し手羽。どうにかアレを再現したい、とあれこれ試行錯誤した挙句にたどりついた味は、武蔵小山育ちの大人たちには共通の思い出で、この「やかん」ができた後、店に来たご主人の友人たちは、

「ああ、これだ、これだ!」

と喜びの声を発したという。

ふと気になって、このご主人、伊藤浩之さんに、生まれ年を聞いてみました。

「昭和39年です」
「おお、わたし、38年」
「何月ですか」
「4月」
「オレ、39年の早生まれ」
「なんだ同級生じゃないの、ビール、飲もう!」

お互い、50数年生きている。伊藤さんの前職は食品系の商社マンで、地球の裏側まで食材やら、香辛料やらの仕入れに出かけていったそうですよ。

「脱サラして、1年くらい、いろんな店を飲み歩いて、居酒屋や蕎麦屋で働きながら勉強させてもらって、ここを始めてから2年ちょっとです」

おもしろいですねえ。わたくしも勤め人時代はセールスマンで、伊藤さんのように世界を股にはかけず、せいぜい23区の半分くらいを走り回っていたものですが、やはり今は、そのときとは違う仕事をしている。

人生が2度も3度もあるわけじゃないけれど、仕事をかえると世の中の見え方もがらりと変わるもので、そのことだけは経験しているから、ちょっとばかり想像してみるわけです。

会社に所属して、その中でやりたいことを存分に、と考えていた時代と、一国一城、自分の店を切り盛りするようになった今と、世の中、どんなふうに違って見えるのか。それとも、あまり変わらないものなのか――。

こちとらは、ただ飲み歩くばかりで一向に酒場の嗜みを覚えないダメオヤジですが、同世代だ、一度ゆっくり酒を酌み交わしたいなあ、なんて思うわけです。

で、繰り返しますが、蒸し手羽ですよ。抜群なんだ。これなら何本でもいける、と少食の私が太鼓判を押したい。

赤星のグラスも勢いよく減っていきまして、こうなると、俄然、調子が出る。

■「魔法のやかん」には要注意

お店のほうは17時の開店と同時に客が入りだし、30分もすると、けっこうな賑わいを見せ始める。

暇な日は暇ですよ、なんてご謙遜もいいところ。私だって、近くに住んでいりゃ、開店を待ちきれずにやって来ることでしょう。

蒸かしたての自家製シュウマイが出てきた。

こういうものは早い者勝ちであるからして、早くから来たわたしは、常連さんへの遠慮もなく、ちゃちゃッといただいてしまう。

うまくないはずがない。ますます、調子が出る。

評判の煮込みは、塩味だった。けれど、これがまた、スープの味が穏やかなのです。

塩煮込みというと、あっさりに見せかけながらやたら塩気の強いものが多いような気がしておりますが、スープ自体は薄く、小鉢の縁に塗ってあるニンニク辛みそをお好みで溶かし込みながら、おのおの、自分の気に入る濃さに調整して食べることができる。

三元豚のモツは臭みもなく、歯ごたえも程よく、なんとも品のいい煮込みであって、スープをすすってから味噌だけ舐めるなんてことまで試したくなる。なぜって、そういう味覚も、酒に合うと思うからですよ。

あらかじめ頼んでおきました自家製チャーシューの登場に合わせて、焼酎ももらうことにした。

木桶にたっぷりの氷。そこにおいたやかんの中で甲類焼酎が冷やしてある。冷え冷えの中身をたっぷり注いだコップに、お好みで梅シロップをポタポタ垂らし、そいつをすすりつつ、チャーシューの、ほろほろと蕩けるような甘さを堪能し、後から、注文しなおした冷たい赤星も流し込む。

ハムカツに目のない写真のSさんは、我慢できず「貴族のハムカツ」を注文。

粗挽きのブラックペッパーをふった気品ある佇まいとチェダーチーズ入りの豪華な味わいを満喫している。

私と編集Hさんは、とり天たるたるや春菊のナムル、終いには、ぬか漬けにまで手を出しつつ、なかなか激しい勢いで飲む。

とり天はいわずもがな、ダイコンとキュウリの浅漬けがうまいし、春菊のナムルも、酒の相手には格別で、冷やした焼酎を自分のコップに、やかんから直に注ぎたいような、危ない誘惑にかられてくる。

すっかり酩酊してしまう前に店名の由来を聞いてみた。

「実は若い頃ずっとラグビーをやってまして…。昔は試合中に失神した選手の気付け用に、氷水が入った大きなやかんが常備されてましたよね。アレです」

ああ、ありました、ありました、「魔法のやかん」。でも、ここのやかんに入っているのは25度のキンミヤ。ちょっとなら気付けになるが、飲み過ぎると逆に意識を失いかねないわけで要注意です。

カウンター席の小さな丸椅子で十分にくつろげる。店内を見渡せる入り口近くの席を常連さんが好むという話を聞いたが、それもそのはずと納得できた。

大岡山のやかん。こちら、名店です。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

大衆酒場 やかん

[住所] 東京都大田区北千束1-62-2

[TEL] 03-6421-1588

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1317/A131711/13194461/

[営業時間]

[火~金] 17:00~22:30(L.O.) [土・日] 15:00~21:30(L.O.)

定休日:月曜

サッポロラガー中瓶500円、魔法のやかん400円、ホッピーセット500円(なか280円・そと250円)、サワー・酎ハイ400円~、日本酒480円~。
蒸し手羽330円、塩もつ煮込380円、しゅーまい280円、チャーシュー330円、とり天たるたる430円、昭和のハムカツ380円、貴族のハムカツ430円、アジフライ330円、やきとり(2本)280円、ぬか漬け330円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『新幹線各駅停車 こだま酒場紀行』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

もっと見る

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

もっと見る

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

もっと見る

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア