大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
ウミネコ

公開日:2017/08/07 < 第25給水ポイント >

佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

さて今回は、横浜・桜木町界隈の第2弾です。みなとみらいへ行ったのか?って、ンなわけはない。あたしが行くのは野毛だ。

と、まあ、いきなり力むこともないのですが、その昔、みなとみらいの開発が進んでいたころ、ライターとしてよくあの街へお邪魔しました。

そのとき、地元の人たちからご案内いただいた飲み屋街が、野毛だった。もちろん、取材をしていたみなとみらい中心で動くわけですけど、さてもう1軒というと、必ず野毛に足が向いた。

当時は東京都下(多摩地域)へ帰るのに、東急東横線で武蔵小杉を使うか、早い電車に乗れてしまえば渋谷まで一眠りしてから乗り換えるのが楽だった。野毛の最寄り駅は桜木町であり、当時桜木町は東横線の始発駅でしたから、さあ、帰ろうかというとき、便利だったこともある。

あのころの野毛というと、みなとみらいができあがる前でしたから、役所関係やビジネスマンも多かったのでしょうか。とにかく非常に賑わっていた。

今50代半ばの私にとっては、やきとり、それも豚ではなくて鶏のほうのイメージが強い。それから、いいバーがありましたね。そうした名店が今も人気の店であることは、確認しております。

だから野毛には、ちょっと懐かしい感じがある。ただ、あまり深くは知らない。野毛で酔えば泊まりになるという思いがあったからいつも用心してきたし、それは今も変わらない。同じ東京でも世田谷あたりに住んでいればさほど怖くはないが、三鷹、調布、となってくると、店を出てから家まで2時間では着かない。だから、野毛を、かえって遠巻きにしてきたようなところが、私にはあるのです。

■ここでは迷わず刺し盛りを

そんな、あまり知らない野毛にやってきた。訪ねた店は「ウミネコ」。幅一間ほどだろうか。3人横に並んで歩くのは窮屈なくらい細い、ウナギの寝床のような路地の両側に何軒かの飲み屋さんが並び、そのうちの一軒が「ウミネコ」だった。初めての店である。

ビールはもちろん赤星。さっそく、注文して、ひと息つく。

カウンターも、棚も天井も、木製で古く、鈍い光を放っていますよ。

ここは以前は今とは違う飲み屋さんだったそうで、界隈でたいへん長く愛されたのですが、店主が高齢のため店をたたむことになった。その後を託される形で、現在の主である齋藤佑一さんが切り盛りしているという。「ウミネコ」という齋藤さんが開いた店はもともと、都橋商店街で評判をとっていた。

だから、齋藤さんの代になってから、古い店ではない。しかしながら店内には、にわか作りができない、本物の風格が漂う。そして、この雰囲気が、齋藤さんが現在提供している魚介、野菜、それから酒のうまさに、とてもよく似合っているのです。

「魚は毎日、仕入れに行きますよ」

齋藤さんは、毎朝10時ごろ、三浦半島の佐島まで魚を仕入れに自らでかける。佐島は小さな漁港だが、港の前の魚屋さんの店頭にすばらしい輝きがあることは、実は私も知っている。いい魚屋があるし、いい魚介があがる。

そんな話を聞いただけで、頭が少しぼんやりしてきますね。この時期、佐島ではナニが揚がるのか。そう考えると、頭がボーっとするのです。

佐島といやあ、タコだろうねえ。アオリイカもいいよねえ。もちろんアジ、サバ、あとはナニが出てくるか……。

瓶ビールをコップに注ぎ、ぐいと、ひと飲みしてから天井を見上げる。昔ながらの電気の配線がむき出しになっていて、配線の先の電球から柔らかな光が放たれ、カウンターを照らしている。

ほどよく暗いが、けっして暗すぎない。カウンターの上には、趣味のいい陶製の器が置かれ、皿の1枚、小鉢のひとつに、どんな酒肴が盛られるか、楽しみになってまいります。

「ここは魚がうまいですぜ」

編集Hさんから事前に入っていた情報だ。迷わず、刺身を頼もうと思う。

あれこれ自分の趣味を言うより、「今日の魚」を訊いたほうが早いし、苦手はないから、何が出てきても異存はない。そこで、Hさん、写真のSさん、それから私が3人で食べることとして、刺し盛りを頼んだ。

こちらの店では、3人なら、1.5人前をお勧めする、とのことです。つまり、盛りがいいわけですな。期待はさらに深まろうというものです。

■ノドグロを刺身で食えるとは

そして、やってまいりました。刺身の皿です。見るからに盛大。ため息の出る見栄え。見ただけで、ネタの良さがわかるし、気前のいい盛り付けに、軽く敬意を表したくなる。

本ガツオ、〆サバ、アジ、イカ、タコ、それから、これはカンパチかな……。ネタを見ていくわけですが、齋藤さんに聞いてびっくりしたのが、本ガツオの横の魚。なんと、ノドグロなんですな。

驚きました。ご存じ、アカムツのことですが、喉が黒いことからノドグロと呼ばれる魚です。私のイメージとしては日本海で獲れる高級魚。昨今、山陽方面への旅の機会に恵まれた折、山陰の港に揚がるノドグロを東京では考えられないくらいの安値で味わうという幸運に恵まれたものでしたが、まさか、横浜の野毛でお目にかかるとは思わなかった。

実は、いるんですな。太平洋側にも。しかも、普段は深いところに生息しているノドグロが、この時期、産卵のために浅い海へと上がってくるというのです。それも、刺身で食える。ありがたいことですよ。

ノドグロの隣のみずみずしい色合いを見せているのは石ガレイとのこと。これも、イサキと並んで旬の魚といえるでしょう。

ビールは、もう、空になっている。もう1本、迷わず、いただいて、冷たいところをきゅっと飲んで、しょう油を小皿にたらす。

真アジ、アオリカあたりから、いただきます。このあたりは、私のもっとも好きな夏の魚で、これほど新鮮でおいしいネタにめぐり合えればほかに何もいらん、というくらいのものですが、絶品のタコにつづいて箸を伸ばしたタチウオの刺身にもしびれました。

朝に仕入れて午後に仕込みをするから、これほどの刺身を提供することが可能になるわけですね。

齋藤さんの腕はたしかで、サバの〆め具合も塩加減も抜群。

ついでといってはナンですが、いっしょに注文したヌタが格別でした。アオヤギ、水ナス、ワケギのヌタですが、ぴりっとカラシを効かせた爽快な味わい。甘みは控えめで、酒に合う。

■大漁の翌日にお邪魔したい

地ダコを噛みしだき、活け〆の石ガレイの淡く甘いうまさをじっくり味わい、さあて、そろそろ日本酒にしてみようかと思って酒の銘柄を確かめると、好きな1本を発見。

広島は西条の酒「亀齢」。この辛口純米 八拾というのを試した。

「亀齢」は好きな酒で、近所の寿司屋で飲むときに必ず2合ほどいただくのですが、辛口純米 八拾というのは初めて。

精米歩合80%というから、米をあまり削らずに酒にしているわけですが、するりとさわやかな飲み口を提供してくれる。しかもこの酒、米が酒造好適米ではなく飯米であるらしい。

珍しいのをいただきまして、お次は「相模灘」。これは、写真のSさんにもお勧めする。

酒肴の追加は、身のしっかりしたイワシの梅煮と、かき揚げだ。

この季節、やはり、イワシはいいですね。それから、アオヤギと新タマネギと春菊のかき揚げは、刺身や煮魚と並んでこちらのスペシャリテといってもいいのではないでしょうか。

どうも、この店のつまみはうますぎだな……。

そういうことを久しぶりに思うわけですが、聞けば齋藤さん、毎週末釣りに行くということです。釣り場は東京湾。三浦半島の松輪港から出る船に乗って、1年中、魚を追いかけているという。

お金かかりますね。

と訊くと、にやりと笑って、まあ、こればかりは趣味ですからね。と答える。

狙いは一年を通して真ダイとのこと。釣り味と、魚自体のうまさと、両方を楽しむのだろう。大漁の翌日にお邪魔をすると、獲物のご相伴にあずかることもできるのだろうか……。

そんなことを考えていると、このカウンターの居心地はさらによくなる。

人に教えたい。けれど、すでにして、あまり教えてくれるなオレたちが入れなくなるから、と言う常連さんもたくさんいそうな気がする。だから私はひとまず、こっそり再訪しようと心に決めて、かき揚げをまたひと齧りした。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

ウミネコ

[住所] 横浜市中区野毛町3-122

[TEL] 045-262-0418

[URL] https://tabelog.com/kanagawa/A1401/A140102/14065724/

[営業時間]

[月・火・木・金・土]18:00~23:00 [日・祝]17:00~22:00

定休日:水曜

サッポロラガー中瓶600円、白ほのか生700円、山崎ハイボール650円、日本酒各種650円~、焼酎各種500円~、白ワイン(ボトル)3500円。
刺盛(1人前)1200円、地魚塩焼き・煮付け650円~、あおやぎと水茄子とわけぎのぬた6500円、あおやぎと新玉と春菊のかき揚げ780円、いわしの梅煮650円、なす田楽650円、地魚あら汁500円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『多摩川飲み下り』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

もっと見る

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

もっと見る

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア