昭和なアニキが語る定番服と赤星の名店「アニ散歩」
千住の永見

<28本目>

北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

俺が愛してやまない溺愛スニーカーを履いて、昼下がりの北千住を散歩することにした。

ニューバランス1300は、ミスターこと、あのラルフ ローレンさんも愛用していたと言われる名品。最高の履き心地は、一度履くとやみつきになり3万オーバーのプライスにも納得してしまう。

そんなお気に入りの一足は、ピケの5ポケットパンツにシャツをインして履くべし。ベルト無しで腰回りをスッキリ見せ、ニットタイをキュッと締めるのが俺のスタイルだ。

赤羽と同様に飲兵衛の聖地とも言われる北千住は駅に降り立つだけで心が踊る。

再開発された駅前の広場から一本路地を入ると、強烈な昭和オーラを発する「飲み屋横丁」に吸い込まれていく。

DEEPな横丁は散歩するだけでも酔ってくる大人のワンダーストリートだ。

さらにカオスな路地は続く。昼下がりの散歩で喉が乾いてきたので、そろそろルービーって気分になってきた。

北千住にある名酒場の一つがここ「千住の永見」だ。暖簾を潜り一歩入ると、本物の昭和酒場にテンションが上がる。

午後3時半に開店するやいなや、カウンターで常連が一人呑みしている。これぞ北千住スタイルだ。

俺は常連ではないのでカウンターには座らない。老舗の大衆酒場には聖域と呼ばれるエリアがあるもの。むやみに踏み込まないのがアニ流儀。

俺の喉を潤す至福の赤い北極星をグイッと流し込む。さてと、初めての酒場なのでつまみは名物の三品にしてみることに。

一品目はマグロのブツ。近くの足立市場から毎日仕入れるため、新鮮な魚が味わえるってワケ。

美味すぎる!大衆酒場には欠かせない一品だ。

誰もが注文するマストな名物、千寿揚げ(ニンニク入り)ドーン。

しっかりと味がついているそうなので、塩だけで食べてみる。

マジでヤバすぎ、美味すぎる!揚げたて熱々で玉ねぎの甘みと絶妙な味付けが口の中に広がる。ニンニクが効いていて千住気絶・・・・・・千寿昇天!ニンニク無しもあるが、男は黙ってニンニク入りにしてくれ。

つまみが美味すぎて「赤星」が止まらない。すでに2本目の大瓶をグイグイっと。飲み続けても飽きがこないとこが好きなんだよなあ〜

三品目は、ハンバーグみたいなかわいいこいつ。温泉卵が乗った鳥軟骨つくね焼き。王道な焼き鳥のつくねとは異なる魅力的なルックスはどんな味なのか?

ジュージューな鉄皿の上で温泉卵を一気にかき混ぜて食うべし。あ〜コリコリ軟骨にトロトロ黄身でウマ気絶!飲みながらつまんでも冷めないのが嬉しい。

三大名物を完食したその時、なんと短冊に裏名物の文字が!堂々と裏って赤字で書いたら表でしょと突っ込みながらも気になって仕方がない。えっ?20時からなのか・・・・・・まだ夕方だしガッカリ無念。しかし男は諦めてはいけない。注文できないかダメ元で聞いてみることに。

〆の支那そばドーン!熱意が伝わり、今回は特別に作ってくれたのだ。永見の大将ありがとうございました。

シンプルの中のシンプルを極めた王道な美味さに裏気絶!

スープまで完食。ご馳走様でした!「千住の永見」は千住の顔として今日も飲兵衛で大賑わいだろう。

支那そばで〆たのに、この街ではついついハシゴ酒したくなる。店を出ると自然に足があの店に向かってしまうのだ。わかっちゃいるけど、やめられない。だってここは北千住だから。

このニューバランス1300は2015年復刻のモデルで、いい感じにエイジングされてきた。グレーのレザーがややオリーブ色に変化していく過程も楽しめる。ドレスシューズのオールデンのようなホールド感は、どこか品がありMADE IN USAでしか味わうことができない名作だ。

Text:Eiji Katano
Photo:Shinpei Suzuki

店舗情報

千住の永見

[住所] 東京都足立区千住2-62

[TEL] 03-3888-7372

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1324/

[営業時間]

月〜金 15:30〜22:30
土 15:00〜22:30
定休日 日曜・祝日・第3土曜

【プロフィール】

片野英児(かたのえいじ)
1968年生まれ。昭和とメンズ服飾を愛してやまない48歳。小誌編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島。

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア