大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
椿

公開日:2018/08/14 < 第39給水ポイント >

山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

回数を重ねて参りました赤星100軒マラソン。サッポロラガー、巷間「赤星」と呼ばれる瓶ビールを求めて酒場を巡るマラソン酒も、今回で39回を迎えます。

このたび出かけますのは、中央線の高円寺駅。北口へ出て、しばらく北上すると、早稲田通りに出るのですが、そこまで至る間にも、実にたくさんの魅力的な店に出くわす。それが高円寺の魅力です。

この街は、学生時代の友人が部屋を借りていた街であり、そのときから20代いっぱいまでの通学通勤の途中駅であったことから、私にとっても、長く馴染みのある街。けれど、実のところ、あまり知らない。

もともと酒場を訪ね歩くようなことがあまり得意ではなかった。特に、何某の本に出ているとか、かつて作家の誰それが通った店であるとかないとか、そういう情報に導かれて出かけるのが、ちょっとばかり恥ずかしく、生来の出不精も重なって、そんなことになってきた。

それでも、高円寺といえば、古い沖縄料理の店がある。バーのいくつかも知っている。他にも、懐かしいような雰囲気の喫茶店に大衆食堂、そうそう、銭湯にモツ焼き屋……。馴染みは深くはないものの、高円寺といえば、と思い返せば、記憶の古い引き出しまでひっくり返した挙句、かえって散らかしてしまいかねません。

そういう雑多な思い出と、昨今知った情報とが具材として混ざり合っているのが、私の高円寺鍋という按配なのですが、今回は、そこから、とっておきの1軒を訪ねます。

■山形にちなんだ酒肴と蕎麦で

早稲田通り沿いの店、椿。

どんな店かと問われると、いろいろと切り口がある。ひとつには手打ち蕎麦の食べられる飲み屋と紹介することができる。

蕎麦屋で飲むというのは、一般的ですが、そうではない。ここの主体はあくまでも酒を出す店であり、そこで本物の、手打ち蕎麦が食べられるということになります。

バーの中に、こうした手打ち蕎麦を売り物にする店がありましたけれども、今はどうなっているか、私は存じ上げませんし、椿のは、バーのケースとも違います。

カウンターの内側は厨房になっていて、天ぷらを揚げる鍋があり、刺身を切るスペースがあり、壁際には、酒や肴の品書きがぶら下がり、蕎麦の用意をするスペースもある。蕎麦屋ではなく、飲み屋であり、カウンターの右端は厨房の覗きながら飲み食いできる特等席であるともいえる。

椿のもうひとつの顔は、酒肴の中心が山形にちなむところにある。

たとえば、きゅうり、ネギ、ミョウガ、ナス、などの夏野菜を昆布などと一緒に細かく切って醤油で味を調えたものを「だし」という。昨今突然、全国的に有名になったが、これは山形の郷土料理のひとつで、夏場は飯や豆腐にかけるとうまい。とりわけ、豆腐にたっぷりのっけると、涼しげなつまみになるのだ。

だしだけでなく、もちろん、芋煮だってある。肉は、鶏も豚も牛も山形銘柄にこだわっているし、蕎麦は山形産「出羽かおり」の石臼引き粉を毎日手打ちしている。

そしてなにより、地酒。県内の蔵元のものが、季節ごとの限定酒まで、マニアックに揃う。

■酒場における、私のフォーム

能書きはさておき、さっそく赤星といこう。

お馴染みの瓶がカウンターの上に出された。では、いただきます。

お通しの小鉢は冬瓜のカニあんかけ。ああ、もう冬瓜のシーズン到来なのであるなとしばし眺め入り、上品な餡の味わいとともに、サクサクとした爽快な歯ざわりを楽しむ。

淡い。淡いのだが、薄っぺらなのではなく、しっかりと、最初のビールの相手を務めてくれる。このトウガン、いい仕事をしているなと、またしばし、眺める。野菜と会話をするようになったらいよいよ危ない気もするが、まあ、うまいのだからいいじゃないか。

続いてのつまみは、山形の、ごくごく地味なものを頼んでみる。

ひとつは、忘れたくない、あれです。そう、玉こんにゃく。声を大にして言いたい。私は、玉こんにゃくが好物である。

山形の酒蔵の直営居酒屋などでも、この玉こんにゃくを出しておりますが、いつでも、あれば喰うという姿勢を、私は、崩したことがない。つまり、私の、酒場における、ひとつのフォームとでも呼ぶべきもの。

バッティングもピッチングもフォームが乱れては、良い結果は得られない。逆に、フォームをしっかりチェックし、守っていれば、好不調の波こそあれ、結果は必ずついてくる。

わけのわからない話をしておりますが、この絶品玉こんにゃくには、辛子をつけて、丸ごとひとつ口へ放り込む。ビールにも酒にも、当然ながらよく合うのである。

さてさて、刺身もいただこうか。

現在、椿の厨房に立つ笹谷健悟さんに今日のネタをよろしくと、2人用の盛りあわせを頼みますと、

「イサキ、ホタテ、アオハタ、カンパチ、クロムツがあります」

イサキ、アオハタ、カンパチ、クロムツ。どれも旬の魚。こちらで提供する魚介の質のよさは、実は以前にお邪魔をしたときにも経験済みであったから、旬の魚の名前が出ただけで、供される一皿のクオリティにも察しが付いて、それだけで気分は高揚してくるのだ。

■酒がすいすいと入っていく

刺身を待つ。そのひとときも惜しい。そこで、ビールを追加し、さらには、店自慢の山形の地酒の品書きなどを眺めわたしながら、ああ、お新香もほしいと思い至る。

「胡瓜の三五八漬けというの、ください。三五八って、どんなのでしたっけ?」

しばらくで出てきた一皿は、まことに艶やかなキュウリが、はやく口に入れてくれと言わんばかりに新鮮そうで、これまた、嬉しい気分にしてくれる。

「これは、塩麹漬けです。少し甘いですから、お好みで辛子をつけて召し上がってください」

ああ、そうだった、そうだった。麹漬けのことだ。たしか、山形だけでなく秋田でも、これを食すのではなかったか。

秋田のざっくり切った大根の麹漬けをナタ漬けといったと記憶するが、こちらのキュウリもまた、塩揉みよりも、糠漬けよりも、丸い独特な味わいで、塩辛さも強すぎず、かなり、うまい。

そこへ刺盛りがきた。

きれいな刺身の一切れを口に運べば、鮮魚の、申し分ない食感と脂ののった旬の感覚の両方が楽しめる。特に、アオハタとイサキの食感はぷりぷり、こりこりとして、いかにも冷酒に合いそう。

ということで、まずは東北泉の、雄町辛口純米をいただく。

そして、カンパチの刺身をひと口。もっちりとしたカンパチのうまさは、この季節ならではといえる。酒がすいすいと入っていって、あっという間になくなってしまうから困ったものだ。

その間にも、実は、この日の最初に頼んでおいた、エビと野菜の天ぷら盛りあわせの品々が次々に揚がってくる。

酒を白露垂珠に切り替える。ミラクル77 無濾過純米、という酒。米を23%しか削らないのに、すっきりとした口当たりで魅了する。

天ぷらに合いますし、これまた一瞬で飲みきってしまいそうな勢いですが、このあたりでもう1回、赤星に戻るというのも妙手なのです。

エビ天でビール。ここに立ち返ってまた、出直す。1軒で2度も3度もおいしいという、ちょっといじましい飲み方ですが、わたくしは嫌いではない。

そして、鴨肉。バルサミコ酢を用いて、洋風に仕上げた鴨の焼き物でして、これまたビールにも日本酒にもぴったり。

山川光男という、不思議な名前の山形地酒をさらに追加して、鴨肉の歯ごたえと、噛みしめて口中にじわりと広がる旨みを存分に味わう。

■堪能した、と言う前に

さあ、さあ、締めは蕎麦ですよ。

ミョウガ蕎麦に、納豆そば。これを交互に試す。贅沢ですねえ。実に贅沢な締めである。

こちらの納豆そば、ちょっとその辺のものとはちがいます。

山形県酒田市で昔から親しまれているという黒森納豆を、泡立てた卵白に混ぜ込み、そばを覆うように上から掛けまして、最後に黄身を落とす。見た目こそ前衛的ですが、これがうまくないわけがないということは、お分かりいただけるでしょう。

贅沢な締めで、申し分ない。

これで最後が蕎麦湯でしょう? 堪能した、というひと言が出てもいいくらいだけれど、ここでもう一声。

「米鶴、ください」

蛍ラベルという銘柄で、氷を浮かべて飲んでもいいという。夏の酒ということだろうか。このすっきりと甘い味わいと、蕎麦湯のほっとするような後味が、また、いいのだ。言葉を失うとは、こういう瞬間のことを言うのでしょうな。

では、今回はこのあたりで失礼します。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

椿

[住所] 東京都中野区大和町1-65-2

[TEL] 050-5571-4712

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1319/A131904/13149089/

[営業時間]

18:00~27:00(L.O.26:00)、日曜16:00~26:00(L.O.25:00)※但し月曜が祝日の場合は18~27時、翌月曜が16~26時

定休日:毎週木曜

サッポロラガー中瓶600円、山形県庄内町ビール1000円、サワー・酎ハイ類450円~、山形100%果汁割酎ハイ600円、日本酒各種400円~。
だし豆富300円、胡瓜の三五八漬け300円、玉こんにゃく400円、お刺身盛り合わせ(一人前)950円、海老と野菜の天ぷら盛り合わせ1300円、鴨焼き850円、蕎麦屋の玉子焼き600円、黒森納豆そば900円、もりそば750円、ミニ天丼650円

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)
1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。最新刊『新幹線各駅停車 こだま酒場紀行』が好評発売中!

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

もっと見る

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

もっと見る

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

もっと見る

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

もっと見る

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

もっと見る

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

もっと見る

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア