大竹聡の「赤星★100軒マラソン」
第二宝来屋

公開日:2016/08/20 < 第3給水ポイント >

新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりではございますが、早くも新宿へと入り込みます。わが国屈指の繁華街であり、当然ながら古い店も多い新宿で、さて、どこを選ぶか。 思い出横丁――。そうです、いきなりど真ん中へ直球を投げ込むわけですが、中でも老舗中の老舗の扉を開けました。

■70年を経て到達した円熟

「第二宝来家」。思い出横丁のJR線路沿いの小路に並ぶやきとり屋だ。いや、やきとり、というより、いわゆるやきとん。モツ焼きの名店である。

「第一宝来家」が新宿西口で商売を始めたのは、戦後1年半ほど経った昭和22年の冬(2月か3月ということらしい)。

創業者は復員兵で、さまざまな物資を新宿へ運ぶ「かつぎ屋」やラーメンの屋台などで食いつないだが、どうにもこうにも道が開けなかったある日、米や小麦粉と違って統制品ではなかった豚の臓物に目をつけ、芝浦から新鮮なモツを仕入れることに成功する。戦前、精肉の仕事をしていた縁が幸運を呼び込んだ。

以来69年。「第一宝来家」も「第二宝来家」も同じ思い出横丁で、創業者のお孫さん兄弟がそれぞれ引き継いでいらっしゃる。

創業時のお話を聞かせてくれたのは、「第二宝来家」を切り回す金子栄二郎さん。創業者である祖父から数えて、三代目にあたる。

「私は以前IT系の会社でサラリーマンをしていたんですけどね。ある日、同居していた母親から言われたんですよ。店を継がないなら明日にも家を出ろと。いきなりですよ(笑)」

勤め先で果たすべき責任はもちろんある。だから即時退職というわけにはいかなかったけれども、金子さんは可能な限り早く退職し、店を継ぐ決意をした。

取材班が訪ねたこの日は、お盆の土曜日。私がガキのころなら家の戸口でオガラを焚いて先祖を向かえた旧盆の入りだ。

静かに先祖を迎え入れる日に、思い出横丁の客足はどうなんだろう。そう思いながらの入店であったが、私らが入るとほどなくして、1階の、入口から見て左側のテーブル席は満卓となり、カウンターにもお客さんがついた。さすが、名店だ。

ハツ、タン、カシラにコブクロを塩で。

ほかにコブクロ刺しを頼む。どれだけコブクロ好きなのか。

お通しの小皿のマカロニサラダをまずはひと睨み。うまそうである。

やおら、赤星をグラスに注ぐ。昼下がりの快楽である。

塩焼きの後にはタレ焼きと思っている。

タレは甘辛くてモツによく絡めばそれでいい――。ひょっとしたらそんな了見で調合を始めたかもしれぬ戦後のタレだとしても、およそ70年の歳月を経て、円熟の極みにある。

なにしろ70年と言えば古希である。古来稀なる長寿である(という意味でよかったか?)。人と同じく、揉まれて練られて熟して人を和ませる。理想の老境に達したタレである。

男の渋みにもレシピはありや?

カネの苦労:大匙2杯。
女の苦労:大匙1杯。
手柄の譲渡:小匙半分。
あとは残念無念で味を調える……。

そんな感じか。

翻ってこの私だ。

馬齢を重ねるってんですかね。いたずらに齢をとって今年で50と3年。あ~あ、ずいぶん歳食っちまったと嘆きもするが、酒を飲み始めてからの勘定ではせいぜい30年とちょっと。まだ若造だ。利いた風な口をきいてはいけない。カネと女のコクと甘みに欠け、手柄を人に譲る隠し味には無縁。ただ、残念無念が効きすぎて、血圧によろしくない。

何を書いているのだろう。私は、老成したタレでいただくシロモツに唐辛子をまぶすその光景を思い浮かべているに過ぎないのだ。

■見目麗しいコブクロ刺し

早い時間にお邪魔をするときはカウンターでちょっとだけ飲む。遅い時間に連れ合いと一緒のときは2階のテーブルで、そろそろいい感じになっている酔客たちの喧騒の中で2杯、3杯と飲む。

これまでの「第二宝来家」とのお付き合いを思い返しながら、赤星をゴクリとやる。

うまいねえ。なんだろな、このうまさは。

金子さんに思わず訊いていた。すると、

「昔のビールの味がするんですよ。ああ、ビールって、こうだったよなって」

おっしゃるとおり。私のほうが少し年かさですが、同じ昭和の子供だなと思う。昔のビール。まさしくそれだ。

マカロニサラダがうまい。そこへモツ焼きがやってきた。

金子さんに伺うと、

「コブクロ、鳥皮、テッポウ、シロなどは、それ自体の味があまりしませんよね。だからタレで食べるのがいいと思うんですよ。タン、ハツ、レバ、ナンコツなど、肉系の味わいのあるものは塩が合う。でも結局は好みです。モツ焼きをあまり知らない人の場合は、お任せでいいでしょう」

とのことである。

私らのテーブルに出てきたのは、ひとまず塩焼ばかり。タンを齧り、ハツの香りを楽しむ。カシラはタレでも味噌でもなんでもうまいけれど、あっさりと塩で焼くと、品があるような気がする。ビールが進むよ。

そして、見た目も美しい、コブクロ刺しが登場した。細かく切ったコブクロは見るからに新鮮だ。

「醤油を2回くらいまわしかけて、それから、よく混ぜてください。下に辛子が入っていますから」

言われたとおり、小鉢をもってそこに醤油をたらりと回し、それから箸を奥まで突っ込んでよく混ぜると、中から、薄いピンクのコブクロと黄色い辛子の色合いが表面に出てくる。それまでコブクロを覆っていたのは、細かく切った葱だ。

口へ運んで驚く。

「ああ、こりゃうめえ!」

取材班に小鉢を回せば、

「ホントだ、ゴマ油だ、葱とゴマ油、合うよねえ」

「辛子も効いてる。すげーうまい」

と声が続く。

「白飯にかけてもいいね」

トンチンカンかなと思いつつ私が口に出してみると、撮影のSさん、

「合いますよ。ぜったいメシに合う!」

とすぐさま賛同してくれた。

この小鉢に箸を進めた後で串からモツを噛んで引き抜き、ビールをぐびりとやってから、またまたコブクロ刺しの小鉢へ戻る。これも、三角食べの一種だろうか。ちょっと止まらない感じになってくる。

金子さんいわく、

「女性のお客さんにこれをお出ししたら、おいしい、おいしいって、ひとりでお代わりした方もいらっしゃいました」

なるほど、その気持ちは、よくわかる。

■受け継がれる酒好きの流儀

思い出横丁は今、日本に観光でやってくる外国の方々にも人気がある。それは、もう、ちょっと前からの現象である。

私には、ひとりで思い出横丁の客になると、昼下がりから決め込む日が、年に何日かは必ずある。理由はいろいろだ。この街を教えてくれたオヤジのこと を思い出したとき、なんてのは、きれいな話だが、貧乏事務所の決算が終わってひとまず今年も存続できたかと胸をなで下ろす夕刻、西新宿の会計事務所から、 一目散にやってきたりする。

そんな私が、何年か前から、あれれ? 外人さん、激増してねえか? と思うようになった。アジアの方々も多いが、Tシャツ短パン、首からカメラ1台ぶらさげた欧米人の姿も急に増えた。

大都会新宿に、こんなおもしろいところがあるよ。東京へ行ったら思い出横丁へ寄ってみな……。そんな伝言が広まっているのか。ただ物珍しそうに路地を歩くだけでなく、店へ入り、決して広くはないカウンターに身を寄せ合って、モツ焼きを齧ってみたりし始めたのだ。

私は、昔、ロンドン郊外のパブで一緒に飲んだイギリス人に、日本に来ることがあったらジャパニーズ・ヤキトリ・ケバブを食べさせてあげるよと誘った ことがある。そのとき彼は目を丸くして、トーキョーにもロンドンみたいなケバブがあるのかと本気で聞いた。今思えばケバブ屋台どころの騒ぎではない。

「新宿には70年も前からあるんだよ、宝来屋ってのが元祖だよ、冗談じゃねえや!」くらい言ってやりたかったが、残念ながら啖呵を切れるほどの英語力がなかった。

思い出横丁に残る店の中では、創業者から数えて3代目の店が多いらしい。中には4代目が継いだ店もあるという。金子さんたちはそうした仲間と連携して、この街を守り、いっそうの繁栄に導くための会合なども開いている。

新宿西口界隈だけでなく、ゴールデン街、渋谷ののんべい横丁、赤羽、阿佐ヶ谷、吉祥寺などの人たちとも意見交換する場を設けているという。

代々受け継ぐから守られるものが歴然とある。この横丁で酒を覚えて30余年の私にとって、新宿思い出横丁はありがたい。

では、このくたびれかけた酒好きにできることはあるのか。

ある。ほどよく、楽しく飲み、初めて入ってくる外国人や若手たちを歓迎し、けっしてしつこくせず、相席の精神に富み、ありがたい横丁に憩うことだ。それは、私の父たちが、してきたことでもある。

取材・文:大竹 聡
撮影:須貝智行

店舗情報

第二宝来屋

[住所] 東京都新宿区西新宿1-2-5

[TEL] 03-3344-3117

[URL] http://horaiya.com/

[営業時間]

平日 15:30~24:00(LO23:30)、土 14:30~23:00(LO22:30)、日・祝日 13:00~22:00(LO21:00)

定休日:不定休(HPでご確認ください)

もつ煮込み360円、子袋刺し・炙りはつ刺し各460円、もつ焼き各種120円~
サッポロラガー大瓶560円、生ビール460円、サワー各種320円~、焼酎360円~

【プロフィール】

大竹聡 (おおたけ・さとし)

1963年東京都生まれ。 早稲田大学第二文学部卒業後、出版社、広告会社、編集プロダクション勤務を経てフリー。伝説のミニコミ誌『酒とつまみ』創刊編集長。著書に『中央線で行く 東京横断ホッピーマラソン』『下町酒場ぶらりぶらり』『大竹聡の酔人伝』『愛と追憶のレモンサワー』など。

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

もっと見る

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

もっと見る

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

もっと見る

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

もっと見る

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

もっと見る

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア