赤江珠緒の「一人ですけどもいいですか?」
山利喜 本館

公開日:2016/09/16 【赤星★捜査ファイル#03】

森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのはどうして? 近ごろ「女一人でちょいと一杯」にハマりはじめた赤江珠緒さんが、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探るべく、名酒場の暖簾をくぐる――。

■圧巻、大鍋のもつ煮込み

隅田川の右岸に広がる江東区森下。街の大通りを歩くと、「焼き鳥」や「もつ焼き」「もつ煮込み」といった文字が沿道のそこここで目に入る。呑兵衛なら胸躍らずにはいられない、大衆居酒屋の隠れた過密地帯だ。

その筆頭に挙げられるのが「山利喜」。大きな看板と赤ちょうちんを掲げて建つペンシルビルは、森下のランドマークにもなっている。こちらは本館。そこから徒歩2分ほどのところには新館もある。

まだ明るい晩夏の17時過ぎ。赤江団長は本館のカウンターに腰を落ち着けた。容赦のない暑さの路上とは打って変わって、冷房がよくきいた店内。もつ煮込みの大鍋からは湯気が立ち、なんとも食欲をそそる甘辛い香りが漂っている。

赤江: おぉっ、大きな鍋。もつ煮込みですか。ほーー、なんともいい色になっていますねえ。では、煮込みと瓶ビールをお願いします。

サッポロラガービールをトクトクと手酌。そして、いただきます!

――ぷっはー!

喉を潤し、胃に落ちるビールを一人堪能する姿には、なんのてらいもない。四季では夏が一番好きだという団長。苛烈な暑さとキンキンに冷えたビールの幸せなギャップ。これも夏が好きな大きな理由に違いない。

ほどなく、煮込みが到着。深い飴色になるまでグツグツと煮込まれた熱々のもつにたっぷりの刻みネギがのっている。早速、ハフホフとほおばる団長……

赤江: ん! おいしい! いいですね、これ。ちょっと予想と違っていました。お味噌の味付けなんですね、よく味が染みていて、なんとも深い味わい。(もう一口ほおばって)それと……どこか洋風の感じもします。

「うちの煮込みには、父の代からフランス料理のテイストも入っているんです」と答えてくれたのは、本館の店長を務める山田研一さん。その解説により、こちらの煮込みが非常に個性的であることがわかる。

一般的なもつ煮込みには根菜や豆腐が入ることも多いが、「山利喜」の場合、具材は芝浦から仕入れる新鮮な「もつ」のみ。なんとも潔い。しかも、もつは牛のシロ(小腸)とギアラ(第四胃)に限定し、濃厚さを引き立てるために脂を取り除いていないものを使う。

大鍋は鋳鉄製。本館と新館で計5台を使用し、毎日つぎ足しながら50kgを仕込む。それでも売り切れることもあるというから、その人気は本物だ。いつのころからか“東京三大煮込み”のひとつにも数えられるようになり、筋金入りの煮込み好きの舌を唸らせてきた。

■「煮込み+ガーリックトースト」はテッパン

赤江: この濃厚な味わい、クセになります。味付けはお味噌ですか?

「ええ、豆味噌を使っています。二代目が関西のどて焼をイメージして豆味噌を使い始めたそうです。そして父がそれをアレンジし、ブーケガルニ(ハーブや香辛料を束にしたもの)や赤ワインを加えるようになりました。うちの煮込みはパンにもよく合うんですよ」(山田さん)

そう聞いたら試さずにはいられないと、団長はガーリックトーストを注文。パンを煮込みの濃厚なタレに浸して、ニンマリ。

赤江: なるほど、これは絶対にパンとセットで味わいたいですね。老舗の居酒屋さんで、まさかガーリックトーストをいただくことになるとは。

あらためてメニューをよく見ると、おもしろい構成になっています。お刺身や冷奴、青菜のおひたしとか、いかにも居酒屋さんといったお料理がある一方で、豚肉と鶏レバーのテリーヌとかパルマ産生ハムグリーンサラダとか、フランス産のセミハードチーズもあります。

あ、自家製お新香盛り合わせもあれば、自家製ピクルスもある(笑)。いい具合に和洋のお料理が混在しています。

創業は大正14年。昨年に創業90周年を迎えた「山利喜」は、大衆居酒屋としては老舗中の老舗だ。本館は店構えも店内の雰囲気もいかにも正統派居酒屋だが、その実、献立は和洋ハイブリッド型になっているのが興味深い。

■新風を吹き込みながら磨かれる「伝統」

初代、山田利喜造さんが店を構えたのは関東大震災の復興期。壊滅的な被害から力強く立ち上がる人々に支持され、繁盛したという。しかし、昭和20年 の東京大空襲で店は消失。利喜造さんも命を落としてしまった。そして、戦後、バラックから店を再興したのが利喜造さんの長男、要一さんだった。

食糧の確保もままならなかった時代、プロの料理人でもなかった要一さんが看板メニューに据えたのが「煮込み」と「やきとん」。肉体労働者が多い森下で、当時貴重だった肉類を安価で楽しめるとあって、「山利喜」はたちまち人気店に成長していった。

「うちの主人は店を継ぐつもりは全くなかったんですよ」と話すのは、本館の給仕や会計を担当する三代目の女将さん。要一さんの長男、廣久さんの奥様だ。

「子供のころ、自宅へ帰るのに店の中を通っていかなければならず、その時にお客さんにひやかされるのが嫌だったようで、自分は店を継がないと宣言していました。

料理の道には進んだのですが、居酒屋からなるべく遠いジャンルをという理由でフランス料理を選びました。そして、長くフランス料理のレストランに勤めていたのですが、先代が体調を崩したのを機にやっぱり店に入ることを決意したんです。

私もサラリーマンに嫁いだものと思っていましたし、主人も随分と悩んでいました。でも継ぐと決めてからは、次第にフランス料理人としての自分の経験も活かすようになって、生き生きと厨房に立つようになっていきましたね」(女将さん)

赤江:ああ、それで「山利喜」さんには本格的なフランス料理もメニューにあるわけですね。代々続く煮込みとやきとんの店に三代目がフランスの風を入れて進化、そして今、四代目の研一さんへと受け継がれようとしているんですね。

継ぎ足しながら赤ワインやブーケガルニを加えてさらにおいしく、そして個性をアップさせた煮込みは、またに「山利喜」さんを象徴的する一品です。

 

「この辺は古くから職人さんが多い街でしてね、一昔前は仕事が終わったら馴染みの店で一杯やってから帰るという方が本当に大勢いらしたんですよ。うちも随分ひいきにしてもらいましたね。世代が移り、生活スタイルも変わって、毎日外で一杯という方は減りましたが、それでも、なかには週6日いらっしゃる方もいます」(女将さん)

赤江:ははは。営業日は毎日じゃないですか。老舗の居酒屋さんでは毎日のように来る常連さんがいるという話をよく聞きますが、「本当に毎日」というのは初めてです(笑)。もはや生活の一部になっているということですね。

■いつでも誰でも受け止めてくれる

新鮮なもつはぜひ焼き物でも味わいたい。はらみやかしらなど10種ほどあるやきとんはプリッとした焼き加減が絶妙で、ビールに合わないわけがない。

なかでも注目は、軟骨と赤身の肉を一緒にたたいたつくね、軟骨のたたきだ。1日15人前程度の限定品で、早い者勝ちの品だ。

赤江:やきとんもジューシーでおいしいです。たれのお味もほどよくて。軟骨のたたきもいただこうかな。えーっ、もうない? まだ開店から1時間も経っていないのに。じゃ、テリーヌにしようかな。ならば赤ワインかな。

店内を見渡すと女性客もちらほら。電子書籍を読んでいるのだろうか、ひとりでタブレットに目を落としながらワインを傾ける様がなんとも素敵な妙齢の女性もいる。

赤江:やきとんにビールもよし、テリーヌにワインもよし、くさやに焼酎もアリ。その日どんな気分でもしっかり受け止めてもらえて、心から寛げるお店です。

――ごちそうさまでした!

構成:渡辺 高
撮影:峯 竜也
ヘアメイク:高本奈穂子

店舗情報

山利喜 本館

[住所] 東京都江東区森下2-18-8

[TEL] 03-3633-1638

[URL] http://www.yamariki.com/

[営業時間]

17:00~23:00(LO22:00)

定休日:日曜日、祝日

やきとん各種300円(1人前2本)、煮込み600円、豚肉と鶏レバーのテリーヌ800円、特製牛肉コロッケ650円、スペアリブ1200円
サッポロラガー大瓶600円、酎ハイ380円、グラスワイン620円~、日本酒360円~

【プロフィール】

赤江珠緒(あかえ・たまお)

フリーアナウンサー、司会者、ラジオパーソナリティ。1975年兵庫県生まれ。神戸女学院大学人間学部卒業後、朝日放送入社。07年3月よりフリー。現在は、TBSラジオの人気番組「たまむすび」でパーソナリティを務める。このたび「赤星★探偵団」初代団長に就任。

団長が行く

File No.22

  
神田小川町「ポンチ軒」の厚切りとんかつに赤星を

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.21

  
小竹向原「樽見」で日本料理の底力を味わい尽くす

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.20

  
高田馬場「チャイカ」でロシア文化の多様性を食す

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.19

  
東中野で「本格アフガニスタン料理」を初体験

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

もっと見る

団長が行く

File No.18

  
門前仲町「志づ香」ひとり静かに酔い心地

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.17

  
有楽町「新日の基」でガード下大衆酒場デビュー!?

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

もっと見る

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

100軒マラソン

File No.42

  
有楽町で「この店」を知らずにきた痛恨事

アニ散歩

File No.43

  
三軒茶屋のDEEP気絶な屋台呑みとは?

アニ散歩

File No.42

  
高円寺の安すぎ気絶な絶品立呑みとは?

100軒マラソン

File No.41

  
大井町で「炊きたての白飯」が欲しくなった夜

もっと見る

100軒マラソン

File No.40

  
横浜・伊勢佐木町に「渋いおでん屋」がある。

アニ散歩

File No.41

  
江戸川橋で家族愛に気絶する大衆割烹とは?

アニ散歩

File No.40

  
ギョービー気絶がとまらない鉄なべ餃子とは?

100軒マラソン

File No.39

  
山形料理と手打ち蕎麦で飲める、とっておきの1軒

もっと見る

アニ散歩

File No.39

  
世田谷なのにヨコハマを感じるシャレオツな市民酒場とは?

100軒マラソン

File No.38

  
東急大井町線の大岡山に素晴らしいご縁ができた

アニ散歩

File No.38

  
ニュー新橋ビルでの、ニュー気絶とは?

アニ散歩

File No.37

  
あの“トマト巻”が発祥した高円寺の酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.37

  
代々木上原に「ずっと入ってみたかった」店がある

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

もっと見る

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

もっと見る

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

もっと見る

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

もっと見る

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

もっと見る

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

もっと見る

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

もっと見る

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

もっと見る

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

もっと見る

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

もっと見る

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

もっと見る

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア