昭和なアニキが語る定番服と赤星の名店「アニ散歩」
かおりノ夢ハ夜ヒラク

<26本目>

赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

大人になって似合うようになった気がするのが黒いポロシャツ。ラコステの黒をややタイトに着るのが、今夏の気分だ。足もとは、細身のウールパンツに黒のドレスシューズを素足で。そう、普通でいいのだ、普通で。

そんないつものスタイルで新宿のゴールデン街へ向かうことにした。

今でもそこには奇跡的に昭和が残っている。

戦後の闇市として発展し、青線の時代を経て、200軒以上の飲食店が長屋に密集している。

迷路に迷い込んだかのような異空間で「赤星」を探す。

確かこの通りだったような気がするぞ。以前に偶然見つけた赤い扉をフラッと入った記憶が蘇る。

これだ!この赤い扉!ネットであらゆる情報が入る時代に、ここは店の情報が少ないのだ。

ちなみに「かおりノ夢ハ夜ヒラク」は食べログにも掲載されていない。店は長屋の2階だ。

前回行った時は、かなり酔っていたが、よくこの怪しい階段を登っていたと改めてシラフで思う。

オブジェ化して階段にはみ出しているキープボトルがカオスだ。

いったいどこまで続くのだろう。「カンパイとサンキューは世界を救う」って、確かに納得してしまうのはゴールデン街の磁場なのか?

俺が会いたかった赤い女は、オーナーの柳かおりさん。かおりんと呼んでいる。なんと歌手としても活動していて赤をテーマにオリジナル曲でライブもしているのだ。ちなみにこちらから視聴購入できるので、ぜひ。

いつもは手酌だが、かおりんに注いでもらう「赤星」はゴールデン街でしか味わえない最高の贅沢。

店名で、察する通り、藤圭子へのリスペクト愛が溢れている店内。

かおりんは、昭和歌謡に興味を持ち、最終的には藤圭子の世界にどっぷりハマったのだ。赤が大好きということでビールは「赤星」しか置いていない。

「アニキの夢はいつ開く?」なんて思いながらキンキンに冷えた「赤星」をグイっと。

お通しは、かおりん手作りのおひたし。愛情がこもっていてグッとくる。BGMの昭和歌謡を聞きながら、食べるとこれまた格別の逸品だ。後から常連の方に聞いた話だが、このお通しはその日の気分で、ある時と無い時があるらしい。ゴールデン街はそれでいいのだ。

打倒喫茶店のナポリタンを注文。

かおりんがナポリタンを作る後ろ姿を眺めながら、昭和な時は流れていく。

まだかなあ~赤い女のナポリタン。もうゴールデン街というよりは家にいるような気分になってきた。

できた~カウンター越しに、もうすぐナポリタン!気分は完全に家飲みだ。

素晴らしい!素晴らしすぎる!これぞナポリタンの中のナポリタンではないか。シンプルな具で昭和喫茶に負けていない王道なルックス。

強烈に美味い!かおりん気絶……ゴールデン昇天!「赤星」だけでなく、かおりんの愛情にも酔ってしまう。

この店には、あるルールがる。新しいお客が来たら、全員で「カキーン」の掛け声で乾杯するのだ。気が付くと、はじめて会ったお客とも自然と会話がはじまる。

かおりんは、声が大きくいつも大声で明るく笑っている。女性1人で店をきりもりするにはいろんな苦労があるに違いない。

営業開始時間は公式には19時からとなっているが、明確に決まっていない。なんとなく21時くらいというだけで休みの時もある。

それでも多くの常連が通い続けている。店が閉まっていれば他の店で飲んで待つのがゴールデン街。

メディアに多く取り上げられている店が名店とは限らない。酒と料理はもちろんだが、やはり人なのだ。

今宵も、かおりんの「カキーン」はゴールデン街で男達を癒しているだろう。

ラコステのポロシャツ。1933年に誕生し全てのポロシャツの元となったオリジナル。このモデルL1212は、ラコステの中でも正に原点とも言える逸品。洗いこみ、着続けることで馴染む鹿の子の生地感と絶妙な色落ちは、他のブランドでは味わうことができない。

Text:Eiji Katano
Photo:Kou Maizawa

店舗情報

かおりノ夢ハ夜ヒラク

[住所] 東京都新宿区歌舞伎町1-1-7 2F

[TEL] 080-3540-1168

[URL] http://www.goldengai.jp/pg41.html

[営業時間]

19:00~5:00
(営業開始時間は変更する場合有、平均的に21:00前後となります。)
定休日 不定休

【プロフィール】

片野英児(かたのえいじ)
1968年生まれ。昭和とメンズ服飾を愛してやまない48歳。小誌編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島。

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア