昭和なアニキが語る定番服と赤星の名店「アニ散歩」
鳥竹 総本店

<25本目>

おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

小学生の頃、雑誌でアイビーに衝撃を受けたことがファッションに興味を持つきっかけだった。たまらなくカッコ良く見え、すぐに真似をしてショーツを履いた。でも、ただの短パン小僧にしか見えなかった。

渋谷の道玄坂裏の「ミウラ&サンズ」に憧れるも本物は買えず……。10代後半にはDCブランドにかぶれ、大人になりベーシックな服に逆戻りした。パッチワークのショーツには、特別な思い入れがあるのだ。

洗いざらしのシンプルなボタンダウンシャツには、素足にローファーがしっくりくる。普通でいいのだ、普通で。ナウでヤングな渋谷の昭和スポットで大人の短パン昼飲みしてみることに。

再開発が進む渋谷のマークシティ裏で、モクモクと焼き鳥の煙を巻き上げる名店の「鳥竹」。この辺りは昼飲みできる昭和酒場が奇跡的に残っていて今となっては希少なスポットだ。

グランデかすぎる!ここの焼き鳥は強烈にビッグだ。1本300円なので一般的な焼き鳥の2倍はあるボリュームだ。

渋谷のど真ん中でエンドレスに焼き続けられる大串。

焼き鳥屋だが、お弁当もあり多くの人がテイクアウトしていく。ランチの定食もボリュームがあり大人気だ。

1階のカウンターもなかなか趣があるが、2階に上がってみよう。

焼き鳥は大串なので1人飲みだと4本くらいにして、お腹を空かせ、〆はチキンライスと決めている。今日は鳥以外食べない。

昼下がりの渋谷で注ぐ「赤星」が、俺を俺に取り戻す時。冷房の効きまくった2階から、井の頭線の改札を眺めつつ至福の冷えた一杯をクィーーーーッと……美味すぎる!

ボンボチと首肉は塩で、ワサビをちょいつけ、串から外さずにダイレクトに食らうべし。

手に持つと、やはりでかい。焼き鳥というよりはダイナミックなチキンバーベキューだ。このサイズだからこそ美味い肉感にシビれる。

皮とレバーは、いつもタレと決めている。えっこれが本当に皮なのか?と疑ってしまう衝撃の分厚いジューシー皮。レバーも食べ応えがあり、さすが鳥を知り尽くした老舗のグランデ焼き鳥だ。

〆のチキンライスの前に「鳥竹」でかかせない唐揚げを注文。焼き鳥屋なのに、かわいらしいバスケットがなんとも愛おしい。

カーネル・サンダースにも食べていただきたいカリカリに揚げられた絶品だ。

チキンジューシー炸裂で、これまた強烈に美味い!気分もアゲアゲだ!

極上の鳥メニューで「赤星」を流し込み、そろそろ〆のチキンライスをラストオーダーする。

喫茶店でも洋食屋でもない焼き鳥屋のこいつがグッとくる。さっきまで焼き鳥と唐揚げに夢中だったが、最後はやっぱりお前しかいない。

ヤバい。ヤバすぎる。マジで強烈に美味い。アニ気絶……チキン君臨!シンプルな具だからこそ難しいこの意外なメニューにも老舗焼き鳥屋の実力を感じる。

ここには渋谷とは思えない昭和な時が流れている。ガキの頃に通った東急文化会館のプラネタリウムも渋谷東急東横店屋上の遊園地も今はもう無い。

俺は店を出て歩きながらふと思い出した。このチキンライスは、あの頃におかんが食べさせてくれたお子様ランチの味だと……(涙)。再開発の工事の騒音が渋谷にせつなく鳴り響いていた。

J.CREWのパッチワークショーツは夏にかかせないワードローブ。この季節になると履くだけで気分を上げてくれる。履きこむほどに色落ちして馴染んでいく経年変化も楽しめる逸品。

Text:Eiji Katano
Photo:Kou Maizawa

店舗情報

鳥竹 総本店

[住所] 東京都渋谷区道玄坂1-6-1 1F

[TEL] 03-3461-1627

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1303/A130301/13001702/

[営業時間]

平日 12:00~0:30
土日祝 14:00~0:30
ランチタイム(平日のみ) 12:00~14:00

定休日 無休

【プロフィール】

片野英児(かたのえいじ)

1968年生まれ。昭和とメンズ服飾を愛してやまない48歳。小誌編集長の干場(ほしば)がアニキと呼んだことから、いつしかアダ名がアニキに。趣味は、スナックで昭和カラオケ。呑みすぎると、歌いながら、なぜか干場と泣き合う熱き男。好きな場所は軍艦島。

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

もっと見る

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

もっと見る

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

もっと見る

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア