片瀬那奈の「一人ですけど、いいですか?」
鳥茂

公開日:2018/04/11 赤星★捜査ファイル#16

新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深いい関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てくるのはどうして? 赤星探偵団の3代目団長・片瀬那奈が、名酒場の暖簾をくぐり、左党たちを惹きつけてやまない「秘密」を探ります――。

■熱々の串焼きには極冷えの赤星を

薄暮の新宿駅南口。片瀬団長がやってきたのは、甲州街道から1本入った路地にあるもつ焼きの老舗「鳥茂」。1階と2階のそれぞれに焼き場のあるカウンターを備え、個室を含め全80席以上もある大きなハコで、シックな内装の店内も一般的なもつ焼き屋のイメージとは一線を画す。

団長は迷わず焼き台の前のカウンター席に落ち着いた。店主の酒巻祐史さんの仕事を間近に観察できるアリーナ席だ。

片瀬: こんばんは。今日はよろしくお願いします! 実はわたし、もつ焼きはあまり食べたことがなくて、部位の名前を見てもチンプンカンプンなんです。お料理はお任せしてしまってもいいですか?

「こちらこそよろしくお願いします。ええ、もちろんお任せで結構です。お腹の減り具合はいかがでしょう。どれくらい召し上がりますか?」(酒巻さん)

片瀬: 死ぬほど食べるんです、ワタシ。モデルの仕事を始めてからも20歳ぐらいまでは、最高で1日9食も食べてたくらい(笑)。

「ははは。それは、たのもしい。では、今日おすすめのものを順番にお出ししていきますね」(酒巻さん)

片瀬: はい! よろしくお願いします! あー、テンション上がってきた。まずは、喉を湿らせて落ち着きましょうね。瓶ビールをお願いします!

やってきたのは、サッポロラガービール、通称「赤星」。キンキン、というかガンガンに冷えている。

――ではでは、いただきます。

片瀬: うまいっ! なにこれ、冷たさが最高! この冷えっ冷えで飲む赤星もいいなあ。

「うちはあえて温度をかなり下げています。だいたい1度。ちょっと冷たすぎるかなというくらいが、熱々の串焼きに合うんですよ。ではまず、コチラからどうぞ」(酒巻さん)

口火を切ったのは、この日の朝まで生きていたという豚からとったレバーの串焼きだ。

片瀬: すごい、角がピンと立ってる! カメラさん、ごめんなさい。もう我慢できないから一口いっちゃいます……。

(目を閉じてしみじみと)おいしい! むちゃくちゃ、うまい!! やさしくて、とても深い味わい。表面はカリッと焼かれているのに、中のほうは、なんて言ったらいいんだろ、ウニみたいに溶けてなくなっちゃうの。

初めましてだな、キミは。そして冷えっ冷えのビールをひと口……はい、うますぎ!

■もつ焼きのイメージが一変する感動体験

衝撃的なレバーとの遭遇にやや放心状態の団長のもとへ、次なる刺客が現れた。レバーと並ぶ「鳥茂」の定番、つくねだ。一見、ごく普通の出で立ちだが……。

「牛、豚、鳥の肉と内臓、そして玉ねぎを練り上げて、つなぎなしで作っています。洋食店で修業した先代がハンバーグにヒントを得て考案したものです」(酒巻さん)

片瀬: え~、そんなにいろんなお肉が入ったハンバーグは食べたことない。どれどれ……あ、ニンニクが効いていて、おいしい。初めての味なんだけど、どこか懐かしさが込み上げてくるの。はあ~おいしいなあ。

そして、続けざまに上シロがやってきた。驚くなかれ、これで豚1頭分の直腸を使用とのこと。「鳥茂」の突き抜けた旨さを象徴する一品として、これを楽しみにする常連客も多い。

片瀬: あ、これ、ホルモンというより、食感はもう、湯葉です。めちゃくちゃおいしく調理された湯葉……でも、湯葉よりもむしろ上品で深い味わい。

臭みなんて、ホントにまったくないですね。えっ、4時間も洗って下処理をしているんですか……そうなると、もう愛情しか入っていないですね。もう、ほとんどやさしさでできてるって感じ。おいしいわけだ。

■飲み屋ではない、料理屋としての自負

「鳥茂」は昭和24年創業。まだ戦後の混乱が続くなか、新宿駅東口の現在はビックカメラがあるあたりに、酒巻さんの祖父が出した屋台が原点だ。

物資が乏しいなかで比較的手に入りやすかった豚の臓物を焼き鳥に見立てて出す店が一気に増えた頃で、焼き鳥の“鳥”と、当時の首相、吉田茂から“茂”をとって屋号にしたという。

戦後の復興期は、ビールはまだまだ高級品で、店で出す酒は専ら安い日本酒だった。その日本酒でさえも品薄で入手しづらく、かつ統制も厳しかったため、どの飲食店も酒の確保に苦労したそうだ。

「祖父の話によると、当時は役人がちょくちょく見回っていたそうです。店をのぞいては『お前のところはどんなお茶を使っているんだ』と聞くのですが、それは要するに酒の催促です。

そこで酒を急須に入れて、湯飲みになみなみ注いで出す。すると役人は『なかなかいいお茶だな』といって一杯やって去っていくという、人間的な付き合いを大切にした時代だったようです。その名残で、うちでは日本酒を南部鉄瓶で出しているんですよ」(酒巻さん)

片瀬: えー、そうなんですか、あははは。確か落語にも、そんな話がありましたよね。あとで二番煎じも飲みに来るからよろしく、みたいな(笑)。

先代が早くに亡くなったために、酒巻さんは23歳という若さで3代目の店主となった。祖父と父が築き上げた伝統を守りながらも、試行錯誤を続け、現在の他に類を見ない独自のスタイルを確立していった。赤星を採用したのも、ビール党を自認する酒巻さんだ。

「私たちはあくまでも料理屋なんです。酔うための料理ではないことにプライドを持っています。だから、料理をおいしく召し上がっていただくためのお酒を用意するのが務めだと思っていまして、赤星はうちの料理を引き立ててくれる、頼れる存在です。

焼き物は一度に焼ける量が限られますから、どうしてもお客様をお待たせしてしまうことがあります。お時間いただきそうな場合には、『少しお待たせしてしまうかもしれませんので、こちらをどうぞ』と、並んでいるお客様に赤星を一杯サービスでお出ししています。

せっかく早めに仕事を切り上げていらしてくださったわけですから、お客様にはとにかく、うちでの時間を楽しんで帰っていただきたいんです」(酒巻さん)

片瀬: そういう気遣いって、ものすごくうれしいものですよ。「おいおい、まだかよ」って、ちょっとイライラしそうなところに出てくる一杯のビール。それだけで本当に気分は変わります。

わたし、気がついたんですが、このカウンター席、焼き台の上に鏡がついているんですね。ビックリしました。お一人様でも、焼いている手元が見えて飽きないし、そのピーマンの肉詰め、私のかなとワクワクできます。こういうさり気ない配慮もいいなあ。

■ピーマンの肉詰めはこうして生まれた

「あ、やっぱり私のだったんだー」とお目見えしたのはピーマンの肉詰め。

片瀬: (がぶりとやり)はい、間違いない! なんだろ、これ、ピーマンが薄皮の品種なんですか? お肉とのバランスが絶妙で……。ああ、肉汁もすごい……。

あの、噂に聞いたんですけど、ピーマンの肉詰めはこちらが発祥だとか。

「ええ、そうなんです。使っているのはごく普通のものですけど、たぶん炭火で焼いているせいだと思います。ピーマンって、独特の青味と苦味があるじゃないですか、戦後間もなくは、露地栽培で作られていたものの、あまり人気がなかったそうなんですね。

そんなとき、祖父がこの肉詰めを考えて店で出してみたところ、たちまち人気メニューに。新宿にやたらとピーマンを売る店があるらしいと話題になって、高知からピーマン農家の視察団まで来て、なるほどこりゃ売れるわ、と納得して帰ったとか。それから、ハウス栽培が一気に加速したと聞いています」(酒巻さん)

上タマもぜひ味わいたい同店ならではの一皿。常連さんの予約ですぐに完売してしまう幻の逸品だ。

豚のタンは牛よりも味が濃く、なかでもあまり運動しない根元近くは脂がのっていてやわらかい。上タマはその厳選部分をぜいたくに2頭分使っている。

片瀬: ああ、いい香り。落ちた脂が燃えた煙で燻されているんですね。では、いただきます……ん、なんなの、これは。うまっ! 肉の味、濃いなー。なのに後味はすっきり。臭み、ゼロ。

(ビールをキュッと一口やって独り言ちる)まいったな、いちいちおいしすぎて、私の中で情報が渋滞してる。処理しきれない……。

上タマとは対照的に、よく運動する「コメカミ」は小気味よい食感と噛むほどにじんわり染み出すうま味が特長。お皿に添えられたトリュフ塩をちょいとつけてほおばった団長は、情報過多が行き過ぎて、もう無言。

というわけで、ここらで〆をと、雑炊をリクエスト。

「雑炊の前にこちらを少しだけどうぞ」と差し出されたのは、もつ焼きと並ぶ人気の特選黒毛和牛ステーキをぜいたくにのせた牛肉炙り飯の、アタマのみ。大きめのブロック状態で炙っては休ませ、また炙っては休ませ、都合1時間かけてジューシーなレアに仕上げた極上のサーロインステーキだ。

片瀬: ご主人、なんてことを……でも、食べれちゃうんだよな、これが。んっ!(無言であっという間に完食して)ふ~、幸せ。

ほどなくやってきた雑炊は、鳥の出汁を米にたっぷり吸わせたシンプルイズベストの一品。

片瀬: ああ、沁みるわあ~。わたし、これ、永遠に食べ続けられる気がする……。

17時の開店と同時に待ちわびたお客さんが続々来店し、席はみるみるうちにうまっていく。先ほどまで仕込みに余念がなかった若い職人さんたちも、ここからは戦闘モードに。そのキビキビと無駄のない動きに、人気店の「秘密」を垣間見た。

そして、帰り際、団長はあることを見逃さなかった。そう、階段で席の準備が整うのを待つお客さんたちが手に手に持つ、一杯のビールだ。

片瀬: もちろん疑ってなんかいませんでしたけど、先ほどのお話は本当だったんですね。3代目の心意気、しかと見届けましたよ。そして、お料理はぜんぶ、感動的な味でした。また必ず寄らせていただきます。

――ごちそうさまでした。

撮影:峯 竜也
構成:渡辺 高
ヘアメイク:面下伸一
スタイリスト:大沼こずえ
衣装協力/MSGM

店舗情報

鳥茂

[住所] 東京都渋谷区代々木2-6-5

[TEL] 03-3379-5188

[URL] https://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13001067/

[営業時間]

17:00~翌1:00(LO:0:00)

定休日:日曜日

サッポロラガービール中瓶700円、日本酒南部鉄瓶一合1000円、冷酒700円~、焼酎800円~、ウイスキー1000円~、梅酒500円~、ワイン800円~
トリュフコース9800円、本日のおすすめ8500円、希少部位内臓特選コース7000円、特選コース6500円、おまかせ串コース5000円、上5品コース2600円、上4品コース2200円、串焼き300円~1200円

【プロフィール】

片瀬那奈(かたせ・なな)
1981年、東京生まれ。高校1年生の頃にスカウトされ、ファッションモデルとしての活動を開始。99年、「旭化成水着キャンペーンモデル」に起用され注目を集めると、女性誌『JJ』の専属モデルとなる。同年、『美少女H2』(フジテレビ系)で女優デビューを果たす。2001年には、当時19歳ながら、松下電工のCMキャンペーン「きれいなおねえさん」の3代目に抜擢され話題に。その後はモデル・女優・歌手・司会と活動の幅を広げ、ドラマ・映画の出演多数。現在、NTV系「シューイチ」(毎週日曜 7:30~9:55)、TOKYO MX「音ボケPOPS」(毎週土曜 21:30~22:00)でMCを務めている。今年4月5日スタートの連ドラ『ラブリラン』では青山瑞希役を熱演中!

団長が行く

File No.16

  
新宿「鳥茂」極上もつ焼きとビールの深イイ関係

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんがみんな笑顔で出てく・・・

団長が行く

File No.15

  
根岸「鍵屋」ザ・昭和居酒屋で雪見酒と洒落込んで

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.14

  
外苑前「楽記」で本場仕込みの焼味を赤星と

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.13

  
湯島「シンスケ」で老舗酒場の進化を堪能する

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.12

  
千駄木「三忠」で1年分のタコを喰らう?の巻

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.11

  
難波「酒肴 哲」路地裏で出合った至高のおでん

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.10

  
梅田「銀座屋」カオスな地下街に潜む赤星の“聖地”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.9

  
赤羽「立ち飲み いこい」せんべろの洗礼

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.8

  
浅草「飯田屋」で36歳の“どぜうデビュー”

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.7

  
中野「らんまん」旬の肴で春を愛でた夜

あのお店はなぜ時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.6

  
神田まつや、江戸前の老舗で愉しむ“蕎麦前”の味

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

団長が行く

File No.5

  
自由が丘「金田」で今宵、“酒学校”の生徒になる

なぜアノお店は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるのは・・・

もっと見る

団長が行く

File No.4

  
浅草「大多福」出汁の香りに包まれる”口福”な時間

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.3

  
森下「山利喜」は和洋ハイブリットの煮込みで決まり

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.2

  
赤羽「まるます家」は朝から“晩酌”ほろ酔い天国

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

団長が行く

File No.1

  
吉祥寺「いせや」では煙までもが“アテ”になる

なぜアノ居酒屋は時代を超えて愛されるの? お客さんが笑顔で出てくるの・・・

アニ散歩

File No.36

  
武蔵小山呑みで最後にたどり着く名酒場とは?

100軒マラソン

File No.36

  
阿佐ヶ谷にふらりと飲みに行く「居場所」ができた

100軒マラソン

File No.35

  
調布・百店街にみつけた「我が心のふるさと」

アニ散歩

File No.35

  
赤羽に蘇った、あの名酒場とは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.34

  
駒込で47年、「町のお寿司屋さん」は気前がいい

100軒マラソン

File No.33

  
府中駅前の再開発を生き抜いた名酒場で一献

アニ散歩

File No.34

  
沖縄タウンで気絶する日本一のしゃけ定食とは?

アニ散歩

File No.33

  
立石の関所で気絶した、もつ焼きとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.32

  
高円寺の夜は、貝の甘みに酔いしれて…

アニ散歩

File No.32

  
飲める製麺所で気絶するうどんとは?

100軒マラソン

File No.31

  
浅草・観音裏に、裏を返したい名店がまた一軒

100軒マラソン

File No.30

  
「立川一お気楽な店」というコピーは嘘ではない

もっと見る

アニ散歩

File No.31

  
一口で気絶する味噌ダレのやきとんとは?

100軒マラソン

File No.29

  
湯島の老舗酒場で思いを巡らせた「岩手の4年半」

アニ散歩

File No.30

  
気絶するぐらいウマイ超絶品もつ焼きとは?

アニ散歩

File No.29

  
気絶するほどウマイ!幻の煮込みとは?

もっと見る

100軒マラソン

File No.28

  
新宿「思い出横丁」には、素通りできない名店がある

100軒マラソン

File No.27

  
お大師様の裏手で唸る、絶品水炊きチャンコ鍋

アニ散歩

File No.28

  
北千住の老舗酒場に似合う名品スニーカーとは?

100軒マラソン

File No.26

  
上板橋の下町的な雰囲気に、杯と箸が止まらない

もっと見る

アニ散歩

File No.27

  
渋カジで行きたい、DEEPな渋谷の雑居ビルで心安らぐ場所

アニ散歩

File No.26

  
赤い女が作るナポリタンで気絶するなら黒いポロシャツでゴールデン街

100軒マラソン

File No.25

  
佐島に揚がる旬の魚介に、野毛再訪を決意した夜

アニ散歩

File No.25

  
おかんが食べさせてくれたお子様ランチの味で気絶するなら「鳥竹 総本店」のチキンライス

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.9

  
最後は自分で……混ぜて完成させるポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.24

  
猛暑の昼下がり、「魅惑の地下街」でひと休み

100軒マラソン

File No.23

  
変わりゆく歌舞伎町の、変わらない赤提灯

アニ散歩

File No.24

  
ジョン スメドレーのポロシャツと「コッコ堂」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.22

  
にぎやかで穏やかな下町に見つけた「鮎の里」

アニ散歩

File No.23

  
カモフラの軍パンと「焼肉ケニヤ」のミックス特製スパイスホルモン

100軒マラソン

File No.21

  
「大井町」は呑兵衛の期待を裏切らない。

アニ散歩

File No.22

  
バラクータG9と「市民酒蔵 諸星」の煮込み

もっと見る

100軒マラソン

File No.20

  
蕎麦前から締めまで、流れる時間に、文句なし。

アニ散歩

File No.21

  
アディダスのスタンスミスと「やきとり戎 西荻窪南口店」のやきとり

100軒マラソン

File No.19

  
東京の東の果てに、もつ焼きの名店がある。

アニ散歩

File No.20

  
ブラックスーツと「工藤軒」の牛2.5.3

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.8

  
白と赤のコントラストが美しい異色のポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.19

  
U.S.ARMYのM65フィールドジャケットライナーと「斎藤酒場」の串かつ

100軒マラソン

File No.18

  
競輪で惨敗しても、大宮にはこの店がある。

アニ散歩

File No.18

  
クラークスのデザートブーツと「大将2号店」の焼き鳥

もっと見る

100軒マラソン

File No.17

  
私が新宿の名酒場を遠巻きにしてきたワケ

ポテサラ酒場

File No.7

  
ジャガイモとサツマイモを使った“二刀流”ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.16

  
幡ヶ谷のクジラに時のうつろいを思う夜

アニ散歩

File No.17

  
シェトランドセーターと「若月」の焼きそば

もっと見る

100軒マラソン

File No.15

  
京浜東北線には、素通りできない駅がある。

アニ散歩

File No.16

  
U.S.NAVYのステンカラーコートと「大衆酒場 増やま」の紅しょうがのかき揚げ

100軒マラソン

File No.14

  
老舗の「風情」に浸りながら肉を炙った夜

アニ散歩

File No.15

  
ガンジーセーターと「まるや 恵比寿横丁店」の 味噌ダレのやきとん

もっと見る

100軒マラソン

File No.13

  
下町エリアのやきとんは、ココを抜きには語れない

ポテサラ酒場

File No.6

  
「育ちのいいラッパー」がいる一家団欒ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.14

  
グレイフランネルのスリーピースと「藤田酒店」の さんま蒲焼の缶詰

アニ散歩

File No.13

  
ハッピージャケットと「かとりや」のシロタレ

もっと見る

アニ散歩

File No.12

  
白いカシミアのタートルと「白いバラ」のカツサンド

100軒マラソン

File No.12

  
東京の東側、錦糸町には“ヤバい”店が潜んでいる

100軒マラソン

File No.11

  
新橋は烏森口、こんな店を知らずに来たなんて…

ポテサラ酒場

File No.5

  
いもに秘密あり!インスタジェニックなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.10

  
田端駅北口、驚異の「魚河岸料理」に痺れた夜

アニ散歩

File No.11

  
黒いカシミアのタートルと「磯野家」のカキフライ&かきめし

100軒マラソン

File No.9

  
浅草六区、往時の賑わいを物語る“IRIBUTA”の味

アニ散歩

File No.10

  
グローバーオールのダッフルコートと「グリルエフ」のハヤシライス

もっと見る

100軒マラソン

File No.8

  
浅草・観音裏のカウンターで感動的な「雪辱戦」

アニ散歩

File No.9

  
バーバリーのステンカラーコートと「酒処 よしの」の赤いウィンナー

ポテサラ酒場

File No.4

  
パクチーとナンプラー香るオリエンタルなポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.8

  
ラコステのロングスリーブポロシャツと「平澤かまぼこ 王子駅前店」のおでん

もっと見る

100軒マラソン

File No.7

  
「大人の街」赤坂で思い出す、あの頃の匂い

赤坂は、懐の深い街ですな。テレビ局、大手広告会社、商社に建設、メー・・・

ポテサラ酒場

File No.3

  
食感と味に仕掛けあり!食べ飽きないポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.6

  
料亭街の「大衆酒場」で店主の心意気に降参寸前

はなはだ唐突ではございますが、向島というのは、縁遠い街でございます・・・

アニ散歩

File No.7

  
ブルックス ブラザーズのBDシャツと「とよかつ」のまくら

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.2

  
親父の「旨い!」がヒントになった名物ポテサラ

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

アニ散歩

File No.6

  
シャンブレーシャツと「福ちゃん」の焼きそば

アニ散歩

File No.5

  
軍パンと「大衆割烹 味とめ」のうなぎ串焼き

100軒マラソン

File No.5

  
神田の老舗、これぞ由緒正しき「東京酒場」

昔から、酒場へ行くときは、下から目線です。そう、上から目線の反対。・・・

もっと見る

アニ散歩

File No.4

  
リーバイス501と「昇龍」のギョウザ

100軒マラソン

File No.4

  
京王線中河原「ご近所酒場」はまだ宵の口

自宅の近くに行きつけの酒場をもつのは、飲兵衛にとってはとても大事な・・・

100軒マラソン

File No.3

  
新宿「思い出横丁」で噛みしめるコブクロの味

野方、荻窪を巡ってきました赤星100軒マラソン。スタートしたばかりでは・・・

アニ散歩

File No.3

  
リネンのスーツと「ばん」のレバカツ

連日の猛暑に負けず、ビシッとスーツを着て颯爽と今回も赤星散歩にでか・・・

もっと見る

ポテサラ酒場

File No.1

  
コクが際立つ絶妙の味付け 渋谷「松濤はろう」

酒のつまみは数あれど、とりわけポテトサラダをこよなく愛すマッキー牧・・・

100軒マラソン

File No.2

  
路地に吹く夕風は「煮込み」の薫りを纏っていた

瓶ビールをよく飲むし、私の行く店には昔ながらのラガービールが置いて・・・

アニ散歩

File No.2

  
コットンスーツと「ニューカヤバ」の立飲みセルフ焼き鳥

暑くてもコットンスーツをさらっと着こなす男でいたい。それがダンディ・・・

アニ散歩

File No.1

  
ストライプのグレースーツと「藤八」の自家製腸詰め

ビシッと横分けのヘアで着こなしたいのはグレースーツ。クラシックなス・・・

もっと見る

100軒マラソン

File No.1

  
やきとん界「西の横綱」は今日も進化が止まらない

この店のビールはなぜ「赤星」なのか・・・。ある日、なじみの飲み屋で・・・

FacebookでシェアFacebookでシェア
TwitterでシェアTwitterでシェア